恋人の聖地・野間灯台。子猫ちゃん達、美浜幕府で待ってるぜ

こんにちは。


いえーい♪


やっぱりね、旅に出たら海を見なくちゃね。


伊勢湾ですよ。


せっかく岩が濡れてるとこまで来たのに。

波の根性なしめっ。


大丈夫。お着替え一式持ってるから。ふふふ。


今、ここ。

知多半島西岸にある、野間灯台です。

名古屋市内から小一時間ほど。

ちょっと海が見たいぜ、ってときによく来てました。

・・・親子でね。ほっほっほ。


あら。こんな地味な灯台だったかしら?


あ、お顔があったあった。

灯台にも、正面と後ろがあるんだなー。


【野間灯台】

正式名称は「野間崎灯台」。

大正10年(1921)に設置された高さ18メートルの愛知県最古の灯台。

2008年の改修工事でレンズをLEDに交換。

光度が1万5千cdから590cdに、光達距離が約25キロメートルから約15キロメートルになりましたが、省電力化され災害にも強くなりました。

(野間灯台/「愛知・名古屋の公式観光ガイド」より引用)


えっ。



ものすごく暗くて明かりが遠くまで届かない灯台になったのに、いいんだ?

今はレーダーとかが高性能らしいから、大丈夫なのかなー。


うるさいわっ。

野間灯台の足元には、二人で愛の錠前をつける棒がありました。


父が教えてくれた仁王立ちさ。


こりゃいかん。


岩だからとれないのに、昔、馬鹿子供の私は一生懸命ほじくってました。


私が持参した絵じゃないですよ。ここに突然立ってましたのよ。


美浜幕府って何なの?そんなの、ないわよね?

・・・何でも、

「この美浜町で亡くなった源義朝がこの平成の世によみがえり、美浜町から幕府を樹立し、再び源氏の世をつくってやるぜ!」

な、取り組みだそうな。

「美浜幕府」公式サイト
http://bakufu.endgoal.net/index.html


そう、野間灯台のある美浜町は、


入浴中の源義朝が襲われて落命した土地。


義朝の墓所がある「大御堂寺(野間大坊)」があります。


左から、義経(cv水島大宙)、義朝(cv日野聡)、頼朝(cv寺島拓篤)。

「我こそは源氏!」という「子猫ちゃんたち」を待っているんだと。


おばはんにはこっちがしっくり。


いつも応援いただきありがとうございます。
いわゆる「イケメンキャラにイケメン声」をあてて町おこしの美浜幕府。あ、子猫ちゃん云々のとこは、わからない方はスルーしてくだされ。それにしても、まー、いいお天気だったこと。宿で早起きしたら、晴天。素早く支度してちゃっちゃと出発。知多半島の観光は早出に限りますのよ。おほほ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

入浴中は気をつけましょう!

昔少年時代(こんな頃があったんだ!)だけど、
入浴中に地震があって慌てました。
まあ、大したこと無かったけど、場所がね(^^

あ、番隨院長兵衛も同じ形で殺られましたね。


No title

こんにちは~♪
野間まで行ったのなら知多半島先端の師崎まで行ったのですか?
伊勢湾は波が静かですからね(笑)
田原市方面なら太平洋だから波しぶきがすごいですよ。

one0522様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ほんと、入浴中は気をつけなくちゃ!

あらぁ、少年時代♪うふふふ。

少女時代じゃないのですね♪

じゃなくて、入浴中に地震ってのは、怖いですね。
大きくなくてよかったです。

私は台風の寸前に入るお風呂が、ちょっと不気味で怖くて・・・好きでした。
途中で停電になり、ろうそくの明かりでのんびりしたのも味わい深かったです。

番隨院長兵衛・・・池波正太郎の「侠客」で読みましたが、最期はすごく悲しかったです。哀れというか、そんなもんなのかというか。

入浴中というと、源頼家の修善寺での悲劇ですが、こちらは男性にしかわからないえらく痛いことをされたそうで。

こちらもお気の毒でございます。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そー。もちろん師崎まで行きましたとも!

だって大あさりでしょー、でかい海老フライでしょー、とらふぐでしょー♪

今回はテーマがあったので、知多半島をつまみ食いしただけで渥美半島は行ってないです。

恋路が浜は、何故か延々と歩かされた中学のお泊まり遠足の苦い思い出があります。

あの砂浜を横断するのは、死ぬほど大変でしたよー。

美浜幕府

こんばんは。いつも樂しく拜見させて戴いてをります。

美浜幕府、面白いですね。

>「我こそは源氏!」という「子猫ちゃんたち」を待っているんだと。

あゝ、うちのが「美浜に行くです二ャ」と騒ぎだしてしまひました。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよ。うまいことターゲットを絞って、ツボをぎゅーぎゅーしてると思います。

どちらかというと、この土地は義朝を殺した長田の側ですが、それをあっちへ置いておけば、義朝を押せば自然と頼朝・義経にも繋がりますしね。

知多半島は、海の幸が豊かですし、史跡も豊富。

ぜひ「美浜へ行くですニャ」な方々を連れてドライブなんていかがでしょう?

あ、夏はおやめになって。

いつもの「内海へゴー」渋滞が。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼