熱田神宮と尾張国と尾張氏。やがて藤原氏が絡みとり

こんにちは。

今日はものすごくたくさん、尾張尾張といいます。ふふ。


尾張に熱田神宮は不可欠です。

それは、草薙剣があるからというよりは、これ。


尾張氏の存在。

尾張宿禰(おわりのすくね)、尾張連(おわりのむらじ)、尾治連(おわりのむらじ)などと称し、主に近畿から濃尾地方にかけて勢力を持っていた豪族・尾張さんちです。


日本武尊が草薙剣を預けたのは、尾張で娶った宮簀媛(ミヤズヒメ)


父は、尾張氏始祖「天火明命(あめのほあかりのみこと)」より11代目、初代「尾張国造」「乎止与命(おとよのみこと)」

母は、眞敷刀婢命(マシキトベ/「尾張大印岐」の女)


兄は、建稲種命(たけいなだねのみこと)

日本武尊の東征に自ら副将軍として従軍。

妃は玉姫(一宮の全域と中島郡北部を支配する丹羽氏の祖・大荒田命(オオアラタノミコト)の女)。


建稲種命と玉姫との間には、

子①《尻綱根命(シリツナネノミコト)》は、応神天皇の大臣。


娘①《志理都紀斗売(シリツキトメ)》

五百城入彦命(イオキイリヒコノミコト)の皇紀となり、品陀真若王(ホンダマワカノミコト)を生む


娘②《金田屋野姫命(カネタヤネノヒメノミコト)》

甥の品陀真若王の妃となり、応神天皇の后妃となる3人の娘を生む。

この娘の一人が産んだのが、後の仁徳天皇



そーです。

建稲種命は、応神天皇の3人の后妃の「外祖父」で(『旧事本紀』『古事記』)

尾張氏は大和朝廷と結びつきがあったと。

そゆこと。


草薙剣を熱田で祀ったのは、こんな時期。

さらに。

継体天皇の正妃は尾張連草香の娘、目子媛(大和国入りするまで)。

安閑天皇、宣化天皇の母となります。


また、大海人皇子の乳母は尾張郡海部郷の首長である海部氏の娘。

海部氏は通説では尾張氏から分かれており、壬申の乱での尾張氏は、大海人皇子へ私邸や資金を提供するなど全面的に支援。

つまり、天武天皇の誕生に功績あり。


かほどさように朝廷と密接な結びつきがあった尾張氏。

さぞかしこの後も繁栄していくことでし・・・


あれ?

尾張氏は、熱田大宮司職を世襲。


時は流れ平安時代後期、熱田大宮司・尾張員職のとき。


やって来たのは、藤原南家の藤原季範(すえのり)。

父・季兼は尾張国目代(もくだい/国司の現地代理人)、母は尾張員職女。

熱田大宮司・尾張員職は永久2年(1114)外孫の季範に、霊夢によって、大宮司職を譲ります。


・・・どんな夢だ。


以降、熱田大宮司職は藤原氏世襲。


尾張氏はその部下・権宮司職を世襲。

世俗は大宮司が行い、神様に仕えることに専念。


藤原季範自身は、主に都暮らし。

ありをりはべりいまそかり~な日々を送っていたら、


娘の由良御前が、こやつと結婚。


そう、君の娘は源義朝の嫁となったのだ。

由良御前と義朝との間に生まれた子達が、頼朝・希義・坊門姫(一条能保室)。

季範の養女(孫娘/実父は長男・範忠)は足利義康との間に義兼を生み、後の足利将軍家へと繋がります。


次回は、こちらへ参ります。


参考文献

『尾張氏の系譜と天照御魂神』(『松前健著作集第9巻』第11章/松前健・著/株式会社おうふう/1998)

「社家の姓氏・尾張氏」
http://www.harimaya.com/o_kamon1/syake/middle/s_owari.html


いつも応援いただきありがとうございます。
で、尾張氏はどうなったんや?な疑問がわきますが、答えは「はて?」。天皇家と密接な繋がりを持った尾張氏ながら史料が乏しく、これは秘されたのかと勘ぐるほどだそうです。何はともあれ、やっと源義朝までたどり着きましたよー。やーれやれ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

いやあ、面白いですねぇ

こんばんは。

尾張氏、そうか、そんな家系があったんだ。

≪熱田大宮司職は藤原氏世襲≫
藤原氏の方が、位が上で何かと都合が良かったんだろうか。
それとも、一戦交えたりしたのかな。
明らかに、力関係が藤原氏の方が上だったんでしょうかね。
遠い大昔の尾張の国。
これからどうなるんでしょう??

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんです。そんなおうちがあったんですって。

藤は何にでも絡み付いてのっとって生きておりますが、そんな印象をここでも感じますねぇ。

いわゆる「三種の神器の草薙剣を祀るので伊勢神宮に次ぐ位」の熱田神宮というのは、どうも後世に付け加えられた格のようで。

熱田神社は、この地方の豪族の尾張氏の「氏神」のようなものに近かったのではないかと。但しこれは諸説あります。

地方豪族に過ぎない尾張氏が藤原の名前にのったのかもしれませんし、都ではなく尾張の藤原氏ですから、こっちも尾張氏にのっかりたい。

この後、藤原氏は千秋氏へ名前をかえて源氏と繋がり、武士化していきます。

熱田大宮司として特殊な立場であっても、世俗的には尾張国の国人にすぎず、後々は、織田氏のもとでごくありふれた武将の一人としての足跡を残すのみです。

古代の華麗な繋がりは遠い遠い昔の話。

過去の栄光になってしまったようです。

でも、話は続きまーす。

No title

熱田神宮には何度かお参りしましたよ!
このように広い境内を歩いていると、すがすがしい気分になれますね。

私は明日長野に日帰り、日曜は一日休んで、また月曜に京都に日帰りというスケジュールです(^^ゞ

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

んまー。あくてぃぶ!すごぉーい。

節約して次の旅行に備えている身には羨ましいが過ぎまする。

い、いいんだー。頑張るんだー。
ケチケチ生活も楽しいんだー。いじーいじー。

熱田神宮は、すがすがしくて気持ちのいい所ですね。

ちびっこの頃は駆け回っておりましたが、それは後ろからチャボが追いかけてきたから~。るるるー。

おはようございます

何時も勉強になるお話、ありがとうございます。

一般的な書物より、ず~っと楽しく素晴らしいです。
御免ね、お世辞じゃありませんからね。

それにしても、貴族とか言って横暴な「藤」一族。
歴史上でいろいろ画策していますね。

でも「尾張」という地名が残ってよかった。

one0522様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お世辞じゃないお言葉が嬉しいです。
ありがとうございます♪わーい♪

尾張氏については論考文書は多いものの一次資料となる文献もさほどなく、「尾張」の地名の割には知られていないおうちです。

楽しくないと、書いてるこっちも飽きてきますもので。ほほ。

不比等自身は頭のキレる人であったでしょうが、次第に「藤」の如き一族になりましたねー。

なんか、好きになれません。

しかし結局はお座敷芸に過ぎないとも思います。

尾張という地名が残ったのはほんとによかったです。

漢字が難しいとか、くだらない理由で失われる地名が多いですから、もし「尾張県」であれば「おわりとは縁起悪い」と変えられたことでしょう。

地方の名称としてゆるゆると続くのが、かえっていいような気がしてます。

いじめられないですもの。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼