熱田神宮(4)尾張名所図会に見る熱田神宮寺と、神仏分離

こんにちは。


熱田神宮再び。


日本武尊が置いてった「草薙剣」がある熱田神宮。(『尾張名所図会』)

主祭神は、熱田大神。

・・・だれ?

「草薙剣の神霊のこととされるが、明治以降の熱田神宮や明治政府の見解では、熱田大神は草薙剣を御霊代・御神体としてよらせられる天照大神のことである」(wikipediaより引用)らしい。

わたしゃー、草薙剣がここの主だと思ってたよー。


これじゃダメか。

で。

日本武尊が草薙剣を預けてるのが、「尾張国造乎止与命(おとよのみこと)」の娘・「宮簀媛命(みやすひめのみこと)」。


『尾張名所図会』ではあったさんは見開き数頁に渡り描かれています。


東門のあたり。


「あ、そーれ♪」の右横に、透垣。

本宮は、現在の伊勢神宮風と違う社殿、尾張造です。


4百メートルにも及んだという塀が見えます。それが、


のぶながべー 信長塀。


永禄3年(1560)織田信長は桶狭間の戦い出陣の際、熱田神宮に願文を奏して大勝。

御礼として土と石灰を油で練り固め、瓦を厚く積み重ねて作った塀を奉納。


そこには、国宝の海上門。昭和20年、空襲により焼失。


【熱田神宮寺】


『尾張名所図会』より「熱田社享禄年中之古圖」

ごっちゃーっと描かれているのは、熱田の神宮寺

熱田神宮寺は、慶長2年(1597)に一帯が焼失しており、享禄年中(1528~1531)の古図は、その前の景観を描いています。


拡大すると、多宝塔や五重塔が。

慶長年中に如法院・東堂・鐘楼・三重塔・五社不動堂・五重塔・西堂などの堂塔が廃絶。(『熱田神宮寺記』)

慶長11年(1606)、徳川家康の言上で、豊臣秀頼が神宮寺を造営、仏殿・大福田社・三重塔などが再興。

その後衰退。延宝(1673)・貞享(1684)の頃は僅かに本堂(薬師堂)のみが残存する状態に。

衰退、再興を繰り返し、


江戸時代には、しょぼしょぼ。
(天保12年/1841『尾張名所図会』木津山神宮寺大薬師」)

『尾張名所図会』には、神宮寺は、仁明天皇の勅願創建とし、伝教・弘法両師の開基と記述あり。(同じ記述は「熱田宮旧記」「神宮寺縁起」「尾張志」にもあり)

社僧は熱田神宮権宮司・尾張氏の庶流から補任。


【熱田神宮寺の神仏分離】

慶応4年(明治元年)3月、神仏判然令。


「先般薬師一山(熱田神宮寺)初、如法院及地福院之儀、夫々御取払に相成、住僧転住等之儀奉願候処、薬師一山儀者、公卿勅使御参向前日迄に堂舎等不残取払に相成、住僧等外寺へ転住仕候、実に以御主旨貫徹(略)」(明治元年8月4日『熱田大宮司千秋季福願書控』)


7月7日の公卿・勅使参向までに、熱田神宮寺(薬師堂)は、取り壊し。

住僧たちは、おんもへポイ。



薬師本尊初め諸仏は名古屋長久寺へ遷座。

神庫に蔵する経巻・仏具・仏書等は焼かれ。

木造十一面観音菩薩立像(熱田神宮寺の如法院旧蔵、藤原中期と推定)は野田密蔵院(如法院本山)に現存。

不動院は寺名を残し、明治36年北方の高蔵の地に再興(高蔵不動院)。「熱田神宮修正会」を「大薬師の鬼祭」として執行。


【明治の熱田神宮】

熱田神宮は、式内社(名神大)。

明治元年までの「熱田神宮」は「熱田神社」の名前。

慶応4年(1868)6月。

「神宮号」宣下により「熱田神社」から「熱田神宮」へ。

明治4年(1871)「官幣大社」となります。

ここで起きたのが、


「あっち」とは、伊勢神宮。

三種の神器「草薙剣」があるんだから伊勢神宮と同格にしろ運動。

明治元年(大宮司・千秋季福)は却下、明治22年(大宮司・角田忠行)に「伊勢神宮に準じる」ことになり、神璽勅封・権宮司設置が認められます。


尾張独特の「尾張造」の社殿を壊してまで、


伊勢神宮と同じ「神明造」に建て替え


「伊勢神宮と一緒よ!!」


・・・必死だったんだなぁー。

さてまた熱田神宮へ戻った理由は。


宮簀媛命(みやすひめのみこと)の父「乎止与命(おとよのみこと)」のときに尾張国造となった尾張氏。

熱田神宮の大宮司、後には権宮司を代々つとめた尾張氏へと話は続きます。


参考サイト

がらくた置場「日本の塔婆」
http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/index.htm

『尾張名所図会』
岡田啓 (文園)、 野口道直 (梅居)著/片野東四郎/1880
前編巻之三「愛智郡」

国立国会図書館デジタルコレクションより引用
http://dl.ndl.go.jp/


いつも応援いただきありがとうございます。
三種の神器「草薙剣」があるのに、熱田神宮側が運動しなければ上がらなかった「格」。なんだかとっても不憫なのですが、尾張には尾張の歴史があります。そこまで卑屈にならんでも、と感じます。さて尾張氏からまた次の場所へと話がひろがり・・・広がるのだろうか?

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

熱田神宮

いつも見せて戴いて思うのですが、熱田神宮って大きいのですねぇ。
思い切ってゆっくり拝観に行こうかしら。

ヨリック様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよぉー、大きいのですよぉー。

お詣りされるのでしたら、まず本宮へ向かい、その後、おみくじなどを戴く社務所で境内地図を入手されるのがよろしいかと思います。

社殿は戦後のものですが、宝物館は素晴らしいですし、これからの季節、とても気持ちよく歩けると存じます。

疲れても境内には「宮きしめん」「清め茶屋」がありますし。
名鉄神宮前駅の駅ビルには菜めし田楽の「鈴の屋」。

あ、食べるとこばっかし。えへへ。

ぜひ。

ありがとうございます

折を見て行きたいと蘇もいます。
ありがとうございました。

ヨリック様

こんばんは。

ぜひぜひ、お天気のいい日にお詣りくださいまし。

名古屋の夏は耐えがたいので、暑くなる前にぜひー♪
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼