高牟神社(2)尾張名所図会と透垣。おや、力石くん?

こんにちは。


まー、見事に社殿を隠しておりますこの 「透垣」「蕃塀(ばんぺい)」

同一物ではないですが、幕末から明治にも境内にあったようで。


『尾張名所図会』に、ほら。

◆『尾張名所図会』◆
天保9年(1838)~天保12年(1841)執筆
天保15年(1844)2月前編7巻、明治13年(1880)後編6巻刊行


お祭りの時に、おうちまでがまん出来ず、わたあめを食べたとこ。

飽きたので父にあげたら、困ってました。

そんな父とは、夕方、先に一度たんけん。


内緒ないしょで、味噌串カツ(どて煮に串カツをつっこんだもの)をば。

なぜ内緒かというと、このとき父の手には、ビール。


まぁ、もちろん「お味噌おいしかった?」「うん!」と、バレるわけですが。


社殿の前には、お線香ではなく賽銭箱。


7月1日の 赤丸神事 では、この神楽殿でしるしを付けてもらいます。


神楽殿奥には祠が並び


右から、秋葉社、祖霊社、徳義稲荷社。


秋葉社には、若いのか大人なのか不明な狛犬さん。


小さい頃はなぜか真っ直ぐ歩けなかった赤い鳥居のトンネル。


徳義稲荷社です。

お稲荷さんへは、赤い鳥居をくぐらないといけない気がしまして。


おやぁー?


すみっこに、まぁるい石とかカドカドの石とか。


いじけてる。


手前の面に何か刻んであるような。


横書きの「寄附□」、下には名前かしら?


なんだろう?力石くんかしら?


えーっと?


現在の千種町は、ここから北へ行ったとこですが、

旧地名の「千種町」は、千種村が明治35年(1902)に千種町となり、大正10年(1921)東区に編入、昭和12年千種町は国鉄中央本線で東西に分断され、東は千種区、西は東区。


だいたいこの辺(大正11年名古屋新地図)


明治40年の『名古屋市及付近図』だと、こう。

うわー、何にもなーい。


高牟神社
《住所》名古屋市千種区今池1丁目4ー18

よくぞここまで発展。


『尾張名所図会』
岡田啓 (文園)、 野口道直 (梅居)著/片野東四郎/1880
前編巻之五「愛智郡」

『名古屋市及付近図』
名古屋市教育会編/名古屋市教育会/1907

上記、国立国会図書館デジタルコレクションより引用
http://dl.ndl.go.jp/


いつも応援いただきありがとうございます。
祖父から今池は昔は池だったと聞き「何で昔池じゃないの?」と「蓬左文庫」へ。優しいおじさんが、馬を洗った「馬池(うまいけ)」が「今池(いまいけ)」となったらしいよ、っと古い地図を見せてくれました。今思うと、なんちゅー怖いもの知らず。子供って、お得ですね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさん、すごーい!

力石だったら新発見です。
私の手持ちの本にはありません。
その後、採録しているかもしれませんが…。
師匠、みてくれたかな?

見てると思うけど、一応知らせてみます。
今年、退官してヒマでしょうから、なんていったら怒られますけど。

No title

こんにちは。

ちゃんとわかるように説明して下さるおじいさま素敵です。
私は大半は笑ってごまかされたことが多かったので^_^;

こんにちは

すごい鳥居のトンネルですね。
こういうのを潜ったことが無いので、近くにあれば良いなぁ。
お父様との楽しい思い出、つねまるさん、よーく憶えているのね。

力石君たち、どうしてこんな隅っこにいるんだろ。

雨宮清子(ちから姫)様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

元気の出るお言葉、ありがとうございます♪

徳義稲荷社の横のすき間に、ころんころんころんっとしてました。

この辺り、古地図を見ると、高牟神社以南へ飯田街道を挟んで南北に細長く集落が続いています。

今池の地名については、文末で一般に言われている「馬池」の話を述べておりますが、これは馬池新田が拓かれた江戸時代の話です。

この辺りはもともと湧水が豊かな所で、次記事に書くつもりですが、高牟神社の由緒にもそれが伝えられており、馬池新田どころかもっともっと古いです。

「い(井)」「け(処)」、つまり「湧水が出るところ」かなー?
いやこれじゃ、夜露死苦、みたいかなー?

何にせよ、千種町の頃はまだまだみんなで田んぼを耕し「がんばるんば(死語)♪」な時代だったのかな、もしかして田んぼからこの石が出てきて「神様へプレゼントでーす♪」って納めたのかな、いやいや、ここは熊野じゃないし、と、いろいろ思いを馳せる事ができて、とてもわくわくしました。

面白いですね、まぁるい石くん。

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あっちを放置しておりまして、ご無沙汰になってしまってすみません。

多分、毎週末におにぎりを持って同じ敷地内の図書館へ通っており、もぞもぞしながら蓬左文庫(尾張徳川家の文書蔵みたいなとこ)を覗いていたので、顔なじみ的な存在だったからかもしれないです。

子供をごまかしてはいけませんよねー。

父がよく「麦茶のソーダだよ」って、ビール飲んでました。

そうだけど、違いますよねぇ。

あ、これは、だましてるのか。ほほ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですね、なかなかの数の鳥居ですね。

この辺り、広小路通から南の今池は繁華街なので、奉納者は個人商店や飲食店等が多かったです。

お友だちのおうちも何軒かあったんですよー。

両親が頻繁に昔話をしてたので、よーく覚えてますの。

母は教育担当、父はお遊び担当。そんな感じです。

気が弱くて優しすぎて、へたれなんてもんじゃないぐらいヘナチョコでしたが、ほんとによく遊んでくれて、今思うと、とてもとてもいい父でした。

遊びに出かけたときは、父にべったり。

母が「振り返ったら、いつもいない」と言うほど、二人で洞窟探検とか磯遊びとか、ここでは言えないイタズラとか。

ただ、思春期の反抗期真っ盛りな時に急逝してしまい、ありがとうも言えずじまいです。

そんな後悔があるので、余計に忘れがたくなってるのかも。
こう、ねちねちと悔やむというか、なんというか。

力石くんみたいな石、これでもスペースを与えられているのかなー?
でもほんと、冷え冷えとした場所でお気の毒ですね。

ぼんそわ

赤い鳥居、どのくらいの長さがあるんですか?

怖いけど通ってみたいなぁ。
京都に赤い鳥居の有名な神社がありますよね。
無知でごめんなさい…
そこも行った事ないです。

京都は昔、何度も行ってるけどなぜか行ってないんですよね。

愛知県にいた頃は、寺社仏閣に興味をもってなかったから、住んでた近くの甚目寺観音しか行ってないですわ。

花菜様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ぼんじゅー。

高牟神社の赤い鳥居はそれほど長くはなくて、10メートルぐらいかな?

ただ、びっちりくっついてて、数はありますの。

京都の赤い鳥居が立ち並ぶとこは、伏見稲荷大社ですね。
ちょっと離れてますが、いいとこです。

ただーし、

異国からの観光客が大勢おいでなので、早朝のお詣りを強く推奨。
まー、自撮り棒をあんなに見たとこは他にないです。

お狐様がいっぱいいっぱいいて、好みの子を探すのも楽しいですよ。

うおおおおおー!!

甚目寺となー!?

わかるわかる、駅の辺りとか、すごくわかりますわっ。
昔、お友達が住んでいたので行きましたとも。

のーんびりしたいいとこですね。
甚目寺観音も好きですわ。

見てきました。

高牟神社に行ってきました。形は力石のようですが、宮司の奥様にお話を聞いたところ、何のための石か不明とのことでした。刻字にある名前の子孫の方に一度聞いてみますとのことでした。力石だったと連絡があればいいのですが、ただ調査から帰ってきてから石をひっくり返して貫目などの刻字がないかを確かめなかったので機会をみて再調査したいと思っています。

三重之助様

こんにちは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

わーい。

高牟神社までお運びいただき、とても嬉しいです。

生の今池の風情はいかがでしたでしょうか?

なるほど、形は力石のようでも、何のための石かわからないものなのですね。

・・・つけもの石だったらどうしましょ。

ほぉぉ。刻字の名前の方のご子孫まで、宮司さんはご存じなんですね。

ずっとつながっているなんて、すごいなぁー。

その石の横の徳義稲荷は、尾張「徳」川と鬼頭「義」則さんからきておりますが、鬼頭さんは近くの名士さんです。

鳥居の奉納者も近所の企業や商店ばかり。
とても地域に根差したお社なのだなーっと思います。

きっと奉納者のご子孫も、近くにおいでなのでしょうね。
わくわくします。


あらやだ。石をひっくり返す?

私にはとっても重かったです。びくともしてもらえなかったです。

ぎっくり石、いや、ぎっくり腰になりませぬように。

ご報告いただきありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

力石でありますよーに!!
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼