賤ヶ岳の戦いと羽衣伝説の余呉湖でのんびり


琵琶湖にいたクサガメくんです。こんばんは。

さて。琵琶湖の北東角っこにある余呉湖。

琵琶湖との間にあるのが、賤ヶ岳。


ええとこです。

ここらといえば、「賤ヶ岳の戦い」ですね。

余呉湖案内板が賤ヶ岳の戦いの配置図になってます。(拡大)

この辺りを中心とした広範囲の丘陵に各武将が陣をすえました。
秀吉が本陣を移した場所は「猿ヶ馬場」…うわー。

岩崎山に高山右近、大岩山に中川清秀。
特に中川清秀は、この戦いで討死。お墓が大岩山にあります。


賤ヶ岳の戦い、といってもお山で「ふぁいっ!」っとしたわけはなく。

余呉湖を背にした風景。

さて。もともとの柴田勝家さんちは東名高速名古屋インター近く、名東郵便局辺りだよ、っというぷちぷちネタを最後に賤ヶ岳の戦い話は終わり。

余呉湖。

あー、こっちのが右近陣地かしら?と、思いながら。


風が左右から吹いている不思議な像。これは…


全国各地に伝わる羽衣伝説。有名なのは三保の松原。(画像は淡路島に加工…)

この天人の羽衣伝説の最古のものが1200年以上前に『近江国風土記』に記されたお話なのです。

次回からこの羽衣伝説についてご紹介します。


いつも応援いただきありがとうございます。余呉湖は鏡湖とも呼ばれた静かなところ。冬はワカサギ釣りで賑わいます。寒いってことですね…。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぼっち、ありがとうございます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

賤ヶ岳って琵琶湖と近いんですね(@@)シランカッタ

地元すら方向音痴なくせに、
専門の佐賀県なら地名でピンと来る郷土史オタです(爆

ブログ村、上位になってきましたね♪ぽちぽち

時乃★栞様

こんばんは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
眼精疲労、大丈夫ですか?

賤ヶ岳の頂上にはリフトで上がれて、眼下に琵琶湖と余呉湖が見えるんですよー。余呉湖湖畔では、ここは屈斜路湖だぜい…っと、北海道に行ったつもりごっこしてました。

夏は日本海側へ海水浴に向かう車で昼夜を問わず大渋滞。関西人の大移動。

ブログ村、時乃★栞様の応援のおかげです。ありがとうございます。
昨日のいもむっしーネタが古典芸能部門で2位になってました。い、いいんかなあ…(・・;)

No title

こんにちは~♪
いつもありがとうございます^^
冬の余呉湖もいいですよ(*^^)

賤ヶ岳の合戦といえば秀吉ばかりが目立ちますが、弟秀長さんの方が作戦上手だったたことをご存じですか(*^^)
豊臣秀長は百戦将軍とも言われていて、戰で一度も敗北をしたことがないそうですよ(笑)

まり姫様

こんばんは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いやん。秀長くん。忘れてましたー。そうか、賤ヶ岳の時はまだ元気だし、まだこれから頑張るところですもんねっ。

おっきなヒントをいただいたので、私のドライブはエンドレスです。
大和郡山にでも行こうかなー。

いつも応援とご指導ありがとうございます。今後ともよろしゅう。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼