菜めし田楽定食。特製豆味噌だけで酒がのめる名古屋ごはん

こんにちは。


菜っぱの入ったご飯です。


ソウルフードです。

家族で夜桜見物に出掛けたちびっこの頃。

屋台の味噌田楽を買ってもらい、1本食べてお腹がぽんぽん。

でも私は、田楽味噌をぺろぺろなめて、白くなったお豆腐の串刺しを

「はい、パパにあげる♪」

後に、父いわく。

「いくらひとり娘の食べ残しでも、あれだけは食べれんかった」

・・・すまないことをした。


右下から時計回りに、野沢菜漬、もろみ味噌、甘辛いお豆、甘酒、冷奴、菜っぱの青じそ味噌あえ、大豆煮。

菜めし+田楽+小皿で、


会いたかったよー!!

昔は栄(名古屋の繁華街)の地下街を歩けばこの店にあたるってほどいっぱいあった「鈴の屋」さんの、菜めし田楽定食♪

うおおおー!!


お豆腐は田楽用の硬め、田楽味噌は特製豆味噌。

おいすぃぃぃ。さといも、うめぇぇぇ。

で、この豆腐田楽の食べ方ですが。

下の方を食べるのにそのまま口に入れたら、当然、串が喉にぶっすり。

かといって、お箸でずるっと動かすのは、無粋。

なので、


串をとんとん、ってすると、お豆腐がずれるので、またパクっといただけますのよ。

んでまた、この田楽味噌が、うまいのなんのっ。

味噌をちびちびなめながら、お酒をきゅきゅっといけます。

あー、でも車なので…。

余った味噌をご飯に混ぜて食べたいぐらいです。


いつも応援いただきありがとうございます。
うふふふふふふ。この鈴の屋さんの菜めし田楽定食は、少し年長の方々が中心ですが、相変わらずとても人気で。いろんな名古屋めしが登場しておりますが、昔ながらの味は最強。あまり知られていないかもしれませんが、各地から出張で来た人達を案内しても、好評でした。あ、好みで山椒を振りかけても美味しいです。涙がちょちょ切れるほど、懐かしくて美味しかったです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

菜飯田楽

ワタクシは菜飯田楽を豊橋へ食べに行きました。
車で行くと道はわかるのだが電車だとよくわからずに食べそびれたこともあったりして・・・
最近、クルマに乗るのをやめたので菜飯、田楽、おさらばになったようです。
写真をみて、オイシソウダナァ~

「鈴の屋」さんだ!

こんばんは。
私は今、キーボードの横をバシバシと叩いています。
まあ、聞いて下さいな。
札幌で仕事をしていた時、近くのビルに、札幌でも初めての名古屋料理のお店が出来ました。
メニューは菜飯田楽。
もちろん私は食べにいきましたよ♪
名前を忘れていたけど、確かに「鈴の屋」さんでした。
その後、そのお店に何回行ったのかは忘れたけど、最近の名古屋名物料理に、菜飯田楽がほとんど出てこないのが不思議だったんです。
今でも隠然たる人気があるんですね。
懐かしい思い出を蘇らせていただいて、有難うございました。

ヨリック様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あ、そうですそうです。

豊橋の菜めし田楽なら、きく宗さんが老舗だったかと。
発祥は豊橋ですから、こちらも美味しいですね。

ちんちん電車に乗りに行って、菜めし田楽を食べさせてもらうのも小さい頃は楽しみでした。

豊橋というと、ヤマサのちくわ。
スーパーで買って、お宿でお酒のつまみにしました♪

市販の田楽味噌を用いて、オーブンでお豆腐を焼いて作ることも出来ますが、やはりお店のお味噌が美味しすぎて、お腹もおくちも満足しません。

ほんと、美味しかったです~!!

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

だんだんだんだんっ。

えー!?ほんと!?なんと、札幌にも!?

すごーい。鈴の屋さん、すごーい。

昔はほんとに街を歩けば鈴の屋にあたるってほどいっぱいあったんです。
念のため事前に確認して、店舗数の少なさにびっくりして。

悲しかったです。
へるすぃーで、こんなに美味しいのに。

ランチタイムは行列が出来てるので、人気はあるんですよね。
不採算店舗を整理しただけなのかなー?

菜めし田楽定食、もっとマスコミで取り上げてほしいわー。
ぷん。

手羽先はつまみにちょろりで、かしわ料理店ではもっと美味しいとこが出てきますもの。

あ、鳥も味噌鍋がおいしいです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼