宇志比古神社(1)むちむち狛犬と危険な狛犬

こんにちは。

今日は狛犬日和。


ごきげん狛ちゃん。


くねくねする狛ちゃん。

徳島県へ来てはじめて会った狛犬さんがこの子達。


ええ、私も笑ったのなんの。

笑いすぎて笑いすぎて、


おまいりするのをすっかり忘れ、そのまま立ち去ってしまったのでした。


てことで、リベンジ・宇志比古神社。


ご親切に、どーも。

長い長い参道を進んで


おおおっ。ここにも狛犬ズ♪


あらやだ、ほんと、危険。

・・・狛ちゃんの、アレが、きけん。


むふふふ。こっちは安全。


隠さんとな。狛ちゃんのお父さんが大きくてリアルでですな。


阿吽どちらもくねっとひねって、参道を来る参拝者をお迎えしてくれます。


本心はこちら。


おおおおお。


何とも艶かしい狛犬さんの後ろ姿。


小顔なんですな。


ぼん、きゅっ、ぼーんの吽ちゃんが語る理由は


こんな危険なところにいるからですの。安全運転よろしくですね。


何となく阿ちゃんの方がたくましく感じますが、

いろんな意味で危険な狛犬さんです。ふふ。


宇志比古神社
《住所》徳島県鳴門市大麻町大谷字山田66



いつも応援いただきありがとうございます。
社頭の狛犬ズは、こちらの狛犬さんを模したのかな。それにしても、まー、ほんとに愉快で笑顔まんたんの狛犬さん達です。見ているこちらも、うひゃーっと笑いだしてしまいます。あー、かわいい。むちむちっとしてるとこも全部かわいい♪

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

ほほう!?

初めの写真に「足跡」があるので、(?)でした。
リアルって、ワンコが居たけど別にでしたが…
つねまるさんが、隠すから   すっごい! のかな?
昔の人は、大らかだったんでしょうね。

いろいろな狛ちゃんが居るので、楽しみですね。
今度は、顔ばかりでなくて、全体を観察します!



こけこっこ♪

本当に楽しそうに笑っている狛ちゃん。
「危険」なのは、狛ちゃんの後ろの池なのよね。
狛ちゃんに触ると、すぐに崩れるとかじゃないよね。
こうして拝見していると、色んな狛ちゃんがいるのねぇ。
狛ちゃん(なんて)、全国津々浦々同じだと思っていた自分を、叱っています。

いいなあ!

笑いが止まらない狛犬さん、いいなあ!
壁に貼っていつでも見たい笑い顔です。

落ち込んだ時、ユーチューブの大型オウム君が「エーへヘヘーッ」と笑う映像を見ますが、この狛犬さん、それに匹敵します。

one0522様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そー、すっごい、というか、娘っこには恥ずかしいというか。

あー、これは困ったわねぇ、っと、足跡付けました。おほほ。

昔の人はおおらかで、古いものには女の子もおりまして。
男の子より、女の子の方が死ぬほど恥ずかしかったです。

徳島県はほんとにいろんな子がいて、楽しいです♪

私が好きなのは、やはり後ろ姿かしら。
ぷりんっとした子が大好物です。えへへ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

コケコッコ♪

もう、ほんとにこの子ったら何がそんなに楽しいのか、満面の笑みですね。

そー。危険なのは後ろの池ですが、この狛犬さん、男の子。
キケンなので、足跡で隠しました。

戦後の狛犬さんには大量生産型の子が多いですが、空襲にあわなかった地域では、ほんとにいろんな姿の子達が残ってますね。

うふふ。

ご自分を叱らず、かわいい狛犬さんをぜひ探してあげてくださいまし。

「せんちよおねーちゃん、まだ来ないねぇ」と待ってるかもしれませんよー。

雨宮清子(ちから姫)様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

狛犬さんが笑いが止まらないなら、私もこの子を見ると笑いが止まりません。

ほんとに幸せにしてくれる笑顔ですね。

ほほう。大型オウム君が「エーヘヘヘーッ」!?

それは楽しそうですな。

動物でも鳥でも狛犬でも、やはり笑うってのは大事なことですね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼