熊野カルデラ?火山と熊野層群と、紀伊半島南部観光名所

こんにちは。


魔物がかじったぼたん岩や


魔物がわんこに追い払われた一枚岩は、流紋岩質火砕岩。

マグマが冷えて固まった岩で形成される「古座川弧状岩脈」の光景です。

紀伊半島南部にはかつて巨大な火山があり、その活動によって巨大な「熊野カルデラ」が形成された、と推定されているとか。


その大きさは南北径40km、東西径20km。

串本町、古座川町、那智勝浦町、新宮市、三重県南部まですっぽり。

・・・ほんとぉ?


「熊野カルデラ」形成に伴いマグマが地表へ噴出する際の通路として、延長20km以上も連なる「古座川弧状岩脈」が形成された、と。


そういえば、あっちこっちでいろんな岩を見たなぁ。



あっちこっちへ。


【鬼ヶ城(三重県熊野市)】


獅子岩くんのそばに、


鬼ヶ城。


マグマが急に冷えて固まって出来た流紋岩の地盤が、


数度隆起しては、波や風に食われて出来ました。


ぼこぼこ。


ぞー。


色合いは、くりまんじゅう。


【橋杭岩(和歌山県串本町)】


夜明けの名所、橋杭岩。


満潮では海底になるここ、砂浜ではなくて、岩ですの。

その名は、熊野層群泥岩層(熊野層群敷屋累層)。


紀伊半島南部の基盤は、第三紀四万十帯。

その上に堆積して出来たのが、泥岩と砂岩の互層「熊野層群泥岩層」。

約1千4百万年前の火山活動で、熊野層群泥岩層の割れ目にマグマが上昇し、冷え固まったマグマは岩に。

この火成岩が、熊野酸性岩。
流紋岩、流紋岩質凝灰岩、花崗斑岩などがあります。



割れ目に入ったマグマ(橋杭岩は石英斑岩)と泥岩層の境目。


もりっと貫入したマグマと10度傾斜している泥岩層。


海水で柔らかい泥岩層が侵食され、硬い石英斑岩の岩脈が残りました。


そんな岩脈も、宝永地震時の津波によりバラッと転がり。


【熊野層群泥岩層(和歌山県太地町)】


太地町。この大きな哺乳類を捕る船の向こうには、


うみ。


ここも、熊野層群。


波に削られ、硬い岩が現れました。


ちょっと無理かなー。


橋杭岩から少し東の海岸では、平らです。


いろんな岩があるのねぇ。


【滝の拝(和歌山県古座川町)】

熊野層群は、海だけに限らず。


古座川を遡ると、


熊野層群が河床を形成している場所にたどり着きます。

ぼこぼこです。

つづく。


いつも応援いただきありがとうございます。
まあ、日本全国に火山活動により作られた地形はわんさかありますが、ぼやーんっと眺めていた岩がこんな風に出来たんだー!っと知って、面白いです。岩の専門家ではないので、細かい事は突っ込まず生ぬるい目でご覧いただければ、これ幸い。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


いつもありがとうございます。励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

色んな岩があるんですねぇ。
タモリさんが、すごく喜びそう。
「景気が右肩上がり」の岩、足摺岬の近くにこういう海岸があって、キャッキャ言いながら遊んだ思い出が。
こんな所で、のーんびりしたいわ。

オォイワ!

ワタクシもこのあたりを歩いていながらこんなに多くの種類のRocksを見落としていたのでした。
素晴らしい。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そーなんです。紀伊半島南部を走り回っていると、「おおおっ」「すごーい」「うぅわ、気持ちわるっ」な感じで、様々な岩がありまして。

タモリさん、ほんと、喜びそうですね。

足摺岬の近くなら、竜串海岸ではないかと思います。

グラスボートに乗ったり、やどかりを捕まえたり、フナムシに恐怖したり、私も楽しい思い出が。

うふふ。

磯遊びしてると、いろんな岩があるんだなーっと、思います。

熊野では、ぼやーんっとしている時間がとても長くなるので、帰宅してから「あれ?あそこもここも行くの忘れた…」って繰り返しです。

えへへ。

ヨリック様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

わーい。おほめの言葉、ありがとうございます。
とても励みになります♪

紀伊半島南部を右往左往する楽しみは、やはりこの雄大な自然に触れることにある気がします。

また、本来の熊野は自然信仰でもあり、社殿のないお社のご神体が大きな岩であったり、森であったり。

神社って、社殿いらなーいっと感じるときもあります。

あ。

そうそう。七里御浜。

この七里御浜のある三重県熊野市で産出される「那智黒石」も、熊野層群に含まれる岩の一種なんですよー。

ほんとは三重県産なのに、和歌山県産とずーっと誤解されてかわいそうです

No title

これは凄い!!
いろんな岩がゴロゴロ。
そして、取材力にも感嘆!
こういうところも興味はあるのですが、今火山活動起きたら、吹っ飛ぶじゃない(゚Д゚)と思うと、駆け足で回ってしまいます(^^ゞ

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

しゅ、取材力とおほめいただくと非常にこっ恥ずかしいのですわ。

磯遊びしたり(踊り忘れぬ雀の子です)、ぼーっとおやつを食べてる時に、私の目の前にあったものを写真におさめただけで。

こうして日の目を見せてやることができてよかったです。

しずか様、だいじょーぶ。

ここらで本気で怖いのは、津波。

数分で来るそうなので、熊野探索の時は足腰を鍛えておかないと、山をかけ上がることが出来ませぬ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼