FC2ブログ

錨を上げろ、商売商売。船と琵琶湖と菅浦と。

じめー。じめー。梅雨ですねえ。

さて。比叡山と日吉神社を巻き込んで150年間も土地の境界争いをしていた湖北・菅浦。


耕地が少なくても、かつてはお寺が20近くもあった豊かなところ。


なぜかしら?

はい。これです。

丸子船。





琵琶湖は古来より、京阪神への水源であると同時に重要な交通の要衝でした。最盛期には琵琶湖全域で主要48、小さい港を含めると100以上の港が存在。船数は1400隻。

中でも集中していたのが、湖北。塩津(現・西浅井町)。

日本海で取れた海産物を始め、北海道を含む北国諸藩からの大量の物資を敦賀で陸揚げし、深坂峠を越えて塩津港へ、再び船積みして湖上を大津・堅田まで運び、陸揚げして京都、大坂へと運びました。

■「下り荷」北陸→京都・大阪
ニシン、生魚・海藻(昆布等)、馬の鞍木など

■「上り荷」大阪・京都→北陸
綿・飴・醤油・酒樽・着物・反物・煙草など


琵琶湖水運の中心はこの南北の物資輸送でした。

湖北の西浅井町(合併してえらく広くなった)は、滋賀県下最大の保有数を誇りました。



琵琶湖の水運は中世までは主に「堅田衆」が掌握。(阪本の近くの堅田)

西浅井の菅浦にも「菅浦水軍」という組織があり、水利権等を巡り、堅田衆との間でしばしば争いが起こっています。



耕地が少なくても菅浦は琵琶湖水運の経済力により、豊かな土地でもあったのです。


琵琶湖の水運は昭和30年代まで非常に盛んでした。



いつも応援いただきありがとうございます。今日はずーっと、ぼけーっとしてました。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぼっち、ありがとうございます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ぷちご無沙汰

メガネを買い替えるので入荷待ちなんです~
いまはメガネなしなんで、眼精疲労で頭痛い(´;ω;`)ウッ

>塩津(現・西浅井町)

地名ヒラメキ(・∀・)ピコーン★
このあたりの塩交易ルートの要衝地も兼ねてたと思うよ^^

船運豪商とかいそうだわ~
大津は知ってたけど、塩津はシランカッタ^^
こういうルートだったのか^^

村と拍手ぽちぽち

時乃★栞様

こんにちは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

こちらこそプチご無沙汰でした。
難しい古文書に何と言っていいのやらー、で。すみません。

眼精疲労は辛いですね。私も眼鏡かえなくちゃ。目がしょぼしょぼします。

塩津。あ、そうですね、場所が皆様にわかるようにしなくちゃ。地図、貼りますねー。

塩津街道。ご指摘の通り北陸からお塩を運んでましたね。忘れてた。関西人は昆布命!

ここらは鴨肉がうまくてですね。道の駅のキャラが、あじかもくん。
余呉湖近くなので、柴田勝家っつぁんの家臣の石仏群とか、あります。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼