天椅立神社(7)やっと最終回。境内おさんぽ

こんにちは。


天椅立神社。


【祭神】伊邪那岐命・伊邪那美命 

式内社「阿波國美馬郡/天椅立神社」論社。

明治3年。

当社神主であった近藤忠直により「式内社」と提唱され正式に現社名に改称。

今まで皆が「羽津明神」って呼んでたけど、ほんとはここは「式内社『阿波國美馬郡/天椅立神社』」っていうとこなのよーっと、ある日突然、宣言。


羽津明神の名残かや?


この奥の本殿が


高い高い基礎の上にありました。


もう洪水にならないといいね。


歌、間違えました。

今回は三好氏の追っかけはしなかったのですが、ここは三好郡東みよし町。



阿波守護・阿波小笠原氏の末裔の三好氏は、阿波三好郡を本拠地として次第に東へ東へと勢力を伸ばします。


玉垣には三好さんがいっぱい。


三好長慶の良くできた弟、安宅冬康関係かわかりませんが、個人的にうはうは。

ちなみにここの近くの阿波池田の


安宅屋羊羮はさっぱりした甘さでとても美味しいです。

※安宅屋さんは北陸の安宅関辺りから来られたので、この名前に。


氏子の方々が作ったこのお庭。


まともにお父さんなので、ちょっと照れた。


この子の後ろにある石灯籠。


めっけもんでした。


天保2年(1831)。


寛政4年(1792)。寛政期の石灯籠、私には珍しかったです。

むふふふ。

寛政4年の頃ってね。

長谷川 宣以(はせがわのぶため)が活躍していた時代ですわよっ。


んまっ。

火付盗賊改役・長谷川平蔵、『鬼平犯科帳』の鬼平じゃないかっ。

うっはうっは♪

あああ、鬼平。あああ、中村吉右衛門様♪


境内には、徳島らしいこの石が点在。


なんでこの写真を撮ったんだろう。


境内には、排水路とおぼしき溝。

わずかな溝ですが、これがあるのとないのとでは大違いなんだろうな。


さーて、帰ろう。


そうね、またね。


由緒や地域の古い古い遺跡群も狛犬さんも素敵な天椅立神社でした。


今度は田んぼが緑のときに来たいなぁ。




すまなかったねぇ。


天椅立神社
《住所》徳島県三好郡東みよし町昼間3266




いつも応援いただきありがとうございます。
天椅立神社はこれでおしまい。長々とお付きあいいただきすみません。昨年、鬼平ドラマがついに終わってしまったんで、アニメの「鬼平」見ました。小房の粂八(ドラマでは蟹江敬三)がえらい美形の若者でしたわ。そうかぁ、粂八っておじさんじゃなかったっけ。・・・寛政の石灯籠見ただけで、小躍りするお馬鹿でした。おほほほ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


いつもありがとうございます。励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

ああ!
トイレの写真!

実は、話が飛びますが、市ヶ谷の「防衛省」見学時に、
男性用トイレの絵が面白いのでと、
カメラを向けていたことがあります。

この時、丁度「釣洋一氏」がなんだ?って顔を。
釣氏は、四谷・戒行寺に「長谷川平蔵供養碑」を建立した人です。
この日も、この先生の企画の見学会でした。
三島由紀夫の自決した部屋も見学しました。


話が、飛んで失礼しました。
丁度今は、釣先生は渡米中だそうですが、
帰ったら面白い話が聞けると期待しています。


一連の物語

一連の物語、面白かったですよ。
お出迎えからお見送りまで、狛チャンたちもさぞ気を使っていたことでしょう。ご苦労様でした。

one0522様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

えっ。そこのトイレ、面白いんですかっ!?

ほおおおお。

何だろう。便器に弓矢の的みたいな絵が書いてあるとか。

あ、すみません。

釣洋一氏、検索してきました。
新撰組、鬼平など、いろいろ研究されている方なんですね。
著書、すごく面白そう。ちょっと見てみます!

お話もきっとお上手なんでしょうね。いいなー。

今、関西では中村吉右衛門の鬼平と、萬屋錦之介の鬼平をテレビで放映していて、今日なんか二本立てです♪

彦十が植木等です。びっくりです。

お江戸の町も、行ってみないといけないなぁ。

ヨリック様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

きゃっ♪

あたたかいお言葉、ありがとうございます。

貴ブログで初めてお会いしたヨリック様の優しい笑顔を思い浮かべながら小躍りしております。

途中から、たぶん皆様、飽きてきただろうなぁと思いつつ、でも、見て、知って、面白かったことなのでよいしょよいしょと書き連ねてしまいました。

狛ちゃんがいてくれて助かりました。

きっと今ごろは、ぐでんぐでんに疲れているでしょうね。

もしくは、気分転換に田んぼを全力疾走してるかもしれません。

うふふ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼