スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おんな城主直虎・第5回。苦しみと悲しみの般若と笛の音

こんにちは。

今年の大河。今川ファミリーの芸能が楽しみです。


【高砂やぁ~】


瀬名の謎ダンス。

これは無論「仕舞」ではなく創作ダンスですが、

この背後に聞こえてきたものは、謡「高砂」。

高砂や。この浦舟に帆をかけて
この浦舟に帆をかけて
月もろともに出汐(いでしお)の
波の淡路の島影や
遠く鳴尾の沖過ぎて
はや住ノ江に着きにけり
はや住ノ江に着きにけり



祝言の席で仲人さんが謡う曲です。

友人が謡う時は、同じ「高砂」の「四海波(しかいなみ)しずかにて」の部分を謡います。


【能の面(おもて)・般若】

間違い探しです。


どこが違うでしょーか?

ヒント。


これは正解。

ち、ち、ち・・・


野村萬斎先生。


どうでしょう?

はい、そうです。瀬名の持っているものがもし能面なら、


べちょんっと持つのは、とんでもないこと。

で、この面(おもて)「般若」。

顔の上部分は苦しみと悲しみを、下は怒りを表しているとされます。


この面(おもて)を用いる代表曲は「葵上」。

シテは六条御息所。

思い知らずや 思い知れ

と、嫉妬に狂い鬼となりながらも、あさましい我が姿を恥じる複雑なおとめごころ。


ひとつの面(おもて)で相反するふたつの感情を表す点が、この般若の面以前に存在した「鬼女」と「般若」の大きな違い。

これは動くと一層鮮明に。

僧や山伏に立ち向かう時は顔を上げて「怒り」、祈り伏せられる時には顔を伏せ「悲しみ苦しむ」のです。

さらに。

能には男女の鬼が出てきますが


角が生えるのは、女の鬼のみ。


こうさせたのは、誰だ。


【笛の音は「唱歌」】


お囃子。向かって左から、大鼓(おおかわ)、小鼓、笛(能管)。

地謡があるときは言葉を聞いて動けばいいですが、時にはお囃子だけで、舞うことがあります。

ぴーひょろぴーひょろ、と聞こえる笛の音。

これは、楽譜になっています。

おひゃあらー、おひゃいひょーいひゃーりうひー

と、文字化された笛の音。「唱歌」です。


覚えないと舞えないよ。

この唱歌。

オーケストラの「楽章」に相当するのが、「段(だん)」。

第一楽章=一段目、第二楽章=二段目、な感じ。

中之舞は三段、神楽や楽(がく)は五段、というように基本的には長さが決まっています。

時には、三段+五段+五段=十三段、にする特殊演出(小書/こがき)なんてのもあり。



んでは、再放送前に。

「私はいき遅れましたが(むかー)」の台詞の直後。

はっ!

のあと。

笛の音、文字にしてみました。

おひゃらーり、ひういやらぁーり、
ひうーるーいひゃーりうひ、
おひゃーらーいほうほうひー、
おひゃいひょいひゃりうひ、
おひゃらりひういやらーり、ひうるーい・・・
ひー!

と、聞こえてくるのですわ。

すんごい早口で。


そう言わずに、れっつとらい。



いつも応援いただきありがとうございます。
ドラマ音痴なもので、瀬名を演じてるのが誰かも知らず。不思議な創作ダンスと地団駄でしたが、彼女の感情を表したんでしょね。唱歌は能に限りませんし、どの曲かもわかりませんが、一度聞いてみていただけたらと思います。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


いつもありがとうございます。励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは〜。

私も観てますよ〜。おんな城主直虎(^^)
リアルタイムで観られないことも多いので録画してます。
こちらのblogを参考に細かく楽しみたいと思います♪

女の角

ヨリックです。丁寧に細部まで書いているので知識のないワタクシにも少しはわかります。ありがとうございます。
ほかの生き物とちがって、人間は女に角が生えるのですねぇ~。
永年の疑問が氷解しました。

No title

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

瀬名の謎ダンス・・・今後もちょくちょく出てきそうですね(^^ゞ

今日は特定健診のついでに、風邪薬も処方してもらいました。
受験シーズンは、一度は体調を崩してしまうのです。(:_;)
今晩も早く寝よう😄

m(__)m

\(^o^)/ 今晩は。

わーい 高砂だぁい!おんなじだぁい ☚ 拝見してきました。同じ日のUPだけれど、中身の濃さは全然違うorz・・・。

何とか狛犬GOスタートし始めることができました。

つねまる様には、あっちこっちとワープできるデロリアンがあって羨ましいです。

トボトボ歩いて、地元の狛ちゃん網羅が第一にします。

とかちスイーツクラブスタッフ1号様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

今年は大阪でも雪が少し積もりました!そりゃもう大騒ぎでした。

お。ご覧になってますのね♪

私も録画して、しっかり見直しました。おほほほ。
これ誰、ってのが多くてよくわからず。

今川ファミリーが出るときは、彼らがいかに他のおうちの人々と違う生活してたのかが描かれてるので、面白いです。

ストーリーそっちのけですが、おほほほほほ。

ヨリック様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いつもあたたかい励ましのお言葉ありがとうございます!

言葉ではなく、目で見て耳で聞くことが出来るので、ドラマではちょろっとしか出なくてもとても楽しいです。

そーなんです。

人間は女に、だけ、角が生えるのですわよ。

誰が生やさせたのよっ、ぷんすかぷんっ。です。えへ。

男の鬼は、むーんっと口を結んで強がっていますの。

ほーっほっほ。

永年の疑問が氷解あそばしてよろしゅうございました。うふふふ。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

心情を表すのに、なかなか面白かったです。謎ダンス。

宝塚出身の方々は基礎があるので見映えがするわよねぇ、瀬名さん、残念ねぇ、っと意地悪になってしまいました。

でもこれからも老若男女問わず、心情表現に何かしてくれないかなーっと楽しみです。

おおお。そう言えば受験シーズン。
しずか先生、ふぁいとー!

minekazeya無責任男様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

記事、拝見しましたー!

すみません、今は読み逃げてます。

高砂や、は、ワキの待謡ですし、住ノ江に着いたって言ってるだけなのに何で祝言の席で謡われるんでしょうね。

狛犬GOスタート、おめでとうございます!

私の基本は気分転換のドライブなので、海、山、川、をびゅーんっと走り抜けないと気がすまないです。おほほ。

地元愛が一番大切だと思いますわ。

大阪へ引っ越してかなり経ちますが、私の地元はやはり生まれ育った土地。仮住まいの気持ちが抜けませんの。

帰りたいなー。

なるほど。

「直虎」で「高砂」シーンが出て来たので、
お!これはつねまるサン解説してくれないかなと思っていました(^^)
へぇぇぇ~面の持ち方ですか・・・・本物の面ではなく“小道具”ということが判るというところですね(^^;)
今回の大河は「真田丸」ほどオタクなスタッフは忍んでいないのかな~。今後に期待です。
つねまるサンの解説(?)も楽しみにしています♪
 

きと様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ぎょー。

いやいや、解説といえるほどのものではないので、笑って見ていただけましたら幸いです。

そ、その方が気楽ですっ。

面は、一番大切なものなので、取り扱い要注意です。

「真田丸」の時はプロの能楽師の先生が能楽指導で名前が出ておりましたが、今回はそれがなかったので、小道具だと思います。

仮に本物だったら、提供した先生が号泣してるか、最近打たれたものかと。

笑える小ネタ、集めておきますねー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。