スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金丸八幡神社(3)ずらぁり並ぶ石の行列

こんにちは。


金丸八幡神社。


いいんだよ。八幡さんといえば、はとぽっぽーなんだよ。

八幡さんの祭神「応神天皇」の神霊が金色の鳩に変じたとか、「宇佐八幡 から石清水八幡に分霊する際に金鳩が出現した」 とか。

いや、それより、君は誰。


よーしよしよしして、狛ちゃんの後ろから一旦神社を出ますと。


石がずらぁり in 玉垣。


磐境(いわさか)とは、

堅固な神域または祭壇。

「天つ神籬(ひもろき)及び天つ磐境を起し樹(た)てて」(『日本書紀/神代下訓』)(三省堂『大辞林』/「コトバンク」より)


えーっと、とっても神聖なとこの境界?

まあ、今日は難しいことはおいといて、見とくんなはれ。


これは神社の南西角。石の行列は、神社の北西から北側。


意図的に並べられたのは、確実です。


自然の戯れ。


北側。国道に沿ってずらぁり。


延々と続きます。


石の大きさには統一感はあまりなく。


道路拡張のため、歩道が迫りますが、


ものの見事に並んでいます。


徳島県名産の、きれいな結晶片岩です。


少し小さくなりつつも


小さいなりにきちっと並んでいます。


・・・ちょいと黙ってくれんかね。

不思議ですねー、神秘的ですねー、って言いたいのにっ。


そうそう。

で、これは何かというと。


壁に耳あり、


障子に目あり。

あらやだ。言えないわっ。

・・・ごまかして、つづく。


いつも応援いただきありがとうございます。まずはずらぁりと並ぶ石の不思議な感じがお伝えできれば。石の反対側は、車がびゅんびゅん通る国道ですが、この石の行列により境内は何とも静かで「じんじゃー!!」な雰囲気になっている気がしました。人の手により意図的に並べられていることは、一目瞭然。石が勝手に並んだらそれはホラー。ただいま大いに悩み中。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


いつもありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

石が並ぶ国道って初めて見ました。
徳島は不思議が一杯ですね^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

こんばんは!

わ~~これはまた不思議な光景!

なんだこれミステリーに出そう!(^^ゞ

これを丁寧に撮影したつねまるさんもまた凄いわ!

徳島には謎が多そうですね。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ち、違。

石が並ぶ国道じゃなくて、石が並ぶ神社・・・(T▽T)

でも、車がばんばん通る国道に、石がずらぁりなんですよね。
ナビの指示より前に、あ、ここ!ってわかりました。

徳島県の、特に鳴門市から吉野川を遡ったこの付近は不思議がいっぱい。

とても興味深いです。

狛犬さんも、いい狛揃ってます。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そー。とっても不思議な光景で、ぶいーんっと国道を走っててもすぐにわかりました。

国道がない時代は、さぞかしミステリアスだったことかと。

国道の向かい側から撮ればよかったなーとか、狛犬アングルが足りないわ!っとか、ここだけでたくさん撮影してるのに反省点多すぎです。

てくてくしながら、ぱしゃぱしゃするので、しずか様のように、これを見るべし!というキメキメ画像がなーいっです。

狛犬さんのおちりとか、爪先なら、わんさかあります。ううう。

忌部氏の存在が大きいのでしょうか。
あるいは、隠された歴史があるのでしょうか。

古墳、遺跡、神社、お寺、どれもミステリアスなのですわ。

せっせと徳島県(特に西側)へ通いたくなる要因なのです。
しずか様も、ぜひ。

こんばんは。

やっぱり、この磐境たち、ピンチじゃないのかな?
だって、横は国道でしょ?
拡幅して歩道でも作るために、引っこ抜かれて内側に移されそうな気がしてしまった。
神社さんの境内は、しっかり守って欲しいけどねぇ。
つねまるさんが見て、そんな危険は感じなかったのね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんです。ものすごくピンチなんです。

ちっちゃい子の端っこが、舗装工事のため撤去されていて。
行方はわかっているそうですが、神社の隣は歴史資料館で、自治体は何をしてるやら。

それに気づいた郷土史家の方の指摘で、わかったことです。
案内板も、その方の指摘後に設置されたそうで、まぁー、ひどいもんですね。

これからの危険どころか、既に危険だったんです。

でも、歩道確保と言われたら、よそ者にはあまり言えないというか、言ったらいけないような、そんなもどかしさを感じております。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。