箸蔵寺(7)観音堂。桃山様式と力持ち

こんにちは。

箸蔵寺は文政9年(1826)の火災により焼失。


方丈。安政3年(1856)頃の再建。

護摩殿・薬師堂・鐘楼堂は文久元年(1861)頃の再建。

全て重文です。


護摩殿。


細かい彫刻に、


賑やかな動物達。


鐘楼。


薬師堂。


本殿は少し遅れて、江戸末期の再建。ここも重文。


どこを見たらいいやらわからないほどの彫刻群と


山の斜面を利用した巨大な三つの建物が特徴。


こちらはわんわん天国。


ふと右側を見ると木立の中に何やらが。


観音堂(徳島県指定有形文化財/建造物)です。

建築年代は、江戸初期。

徳島県下で江戸初期まで遡る仏堂は少なく、貴重。

箸蔵寺の中で最も古いお堂ですが、元々ここにあったのではなく、大正年間に徳島市の清水寺から移築されたと伝わるとか。

徳島市の清水寺は、寛永9年(1632)徳島藩主・蜂須賀至鎮が大願主となり山門・経堂・方丈・庫裡や毘沙門天像などを寄進したと伝わり、本堂は明治初年に徳川家ゆかりの慈本院の本堂を移したそうです。(wikipediaより)

ふむ。

何でかなぁ?ここから徳島市は遠いぞぉー。


(クリックででかくなります)


彩色が残り、とても美しいです。


お?


真っ赤なたてがみのぉ、狛犬さんはー♪


とっても痩せていてぇ、ぼーけーているぅ♪

・・・すみませんすみません。


本殿や護摩殿は、ぷっくりした子達。違いが面白いです。


きれいな扉ねー。


組物は桃山様式を踏襲した和様。いち、に、さん、の三手先。


ん?


おおお、支えてる人がいるよー。

んーーー。押し潰されてる。


ばんざーいしてたり、


肩で担いでいたり。うふふふ。


お屋根を支えて数百年。ううう。


観音堂、とてもお気に入りになりました。


いつも応援いただきありがとうございます。寒いですねぇ。お手々が冷えるので指先が出る手袋して書いてます。さてこちらの観音堂。箸蔵寺の中ではここだけ、何となく違う雰囲気。木立の中にたたずむ姿は、こじんまりとしてお上品な感じがしました。色々な彫刻を見るのはとても楽しいですね。宝探しみたい。うふ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


いつもありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさん、ひさしぶりに「おばんですば~い」

見事な重文たちですね☆

火事で焼けないと、もっと桃山が香うのでしょうけどね。
でも四国は戦災が少ないから、重文のオンパレードなのですよね。

真っ赤なたてがみの狛さんは美容室にいくと、もってモテるでしょうにねー^^

こんなお寺を探し出す、つねまるさんは仕事する時間ないのだろうなぁ
憧れてしまいます(^^♪

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おおっ。お久し振りに、おばんですばぁい♪

見事な重文達でした。見事過ぎて、重文の価値ってなんぞ?な心地にもなりましたが、私はあほーなので動物達がいれば満足です。

火事で焼失しなければ、ここにどんな時代のものがどんな姿で存在していたのか、とてもわくわくしますね。

間違いなく、とんでもなくすんばらすぃぃ光景であったのだろうと思います。

真っ赤なたてがみの狛犬さん、渋い今の姿でもモテモテかもしれません。いぶし銀の魅力。

とにかく吉野川を遡りたくて、でも冬だし凍結怖いし、どうしよーかなーっと地図を見ていて、「ロープウェイ」発見!

こりゃ行くしかないよねー、そうよねー、行っちゃおー♪♪♪っと軽い気持ちで。

愛読書はツーリングマップル。

本領発揮でした。

各県の歴史散歩等のガイド本より、ツーリングマップルの方がいろんな事を知ることができますね。

仕事する時間をさくことは出来ないですが、寝る間を惜しんで地図を眺める日々でございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼