スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箸蔵寺(5)本尊は金毘羅大権現。本殿の彫刻群とおしゃれ狛犬

こんにちは。


奥さん、これ、45度はありますことよ!?な石段は、箸蔵寺。

ぶーたれていても仕方がないので、登ります。


・・・登ってますっ。


ちーっとも前に進めません。


実は、あと数段、が、登れてない。

撮影するふりして休憩。


極楽浄土は、まだ、ご遠慮します。やりたいことあります。

やっとたどり着きました、箸蔵寺本殿。


お正月だねぇー。


狛犬、面笑腹吠。


お正月でおめかし。


逆光です。


しゅっとした美形さんです。


ふぅーん。


しっぽにおめかしする狛犬さんは、はじめましてです。これ、かわいいなー。


本殿は、江戸後期の建築。三つの建物が並びます。


(クリックででかくなります)

鳥居があって、狛犬がいて、神社の拝殿、幣殿、本殿みたいですが、

お寺です。


奥殿、屋根の下が素敵。

さて。おまいりです。


彫刻がものすごいことになっております。


右側。


左側。


正面、どーんっ。


箸蔵寺の本尊は、金毘羅大権現。

はた。

ここへ来て急にパニくるわたくし。

権現、とは、仏様や菩薩様が「仮に」神様の姿で現れた(本地垂迹説)神号でしょ。


二礼二拍手?いやでもここはお寺やし。


・・・ぱふぱふ(無音)


※後でお寺の方に尋ねたら、どっちでもいいですよ、と言われました。



次回はご祈祷のお願いをしたいです。


この額のお向かい(「正面、どーんっ」の彫刻の裏側)には、


・・・違うのはわかってるんですが、読めない。


こまこまお狛。


一人ずつお顔や髪型が違います。


賑やかな頭上。


肉球天国。

さて。のんびりと見てきた箸蔵寺(まだ途中)。

神社とお寺がごちゃ混ぜの境内は、明治に神仏分離が強行される前にはごく普通にあちこちで見られた神仏習合の姿です。

神仏分離に続く廃仏毀釈により衰退したお寺が多い中で、なぜ箸蔵寺は現在も神仏習合の姿を留めていることが出来たのか。

つづく。


いつも応援いただきありがとうございます。記事がしつこいほどのったりのったりしてるのは、あまりの寒さにお布団が恋しいのと、忘年会より多く新年会があるから。私の中でフォアグラ作成中です。おほほほほ。謡を覚えないといけないのに、本をひろげたまま夢の中。舞台で途方にくれる夢を見ても、これは夢だしぃーっと、夢の中でもう一回寝ます。だめだこりゃ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


いつもありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

こちらは、見所満載ですね!

まずはハードな階段・・・

お洒落な狛犬さん

見事な彫刻!

これはお腹いっぱいになりそうですね😄

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

しずか様の好きなもの、私も好きぃー♪

一緒に旅をさせていただけたら、きっと楽しいだろうなぁといつも思います。

でもしずか様のばいたりてーには、追い付きません。
どすこい体型なわたくしですもの。

見所が満載過ぎて、ねちねち見てしまいました。
ロープウェイが到着するたびにお参りの方がおいでになるのですが、いったい何度追い越されたことか。

普段はせっかちですが、旅先ではのんびりです。

丹波や丹後の中井権次一統とはまた趣の異なる感じの彫刻群、とても面白かったです。

わんこわんこわんこ、ばくばくばく(象?)、龍龍龍。
動物園の「猫シリーズ」「蹄シリーズ」みたいでした。

私はお腹いっぱいになったんですが、コンデジが腹ペコになってしまい、焦りました。

予備バッテリー、必需品ですね。

No title

つねまるさん、こんにちわー(^^♪

目が眩むような階段ですねー。
こんなところは、下からお参りしちゃうだろうな。

でも、大好きな彫刻がいっぱいです!

神社が廃業して、お寺になったのでしょう。
最近よくある射抜きの先駆者だったりして・・・。

こんなこと言っていると、笑われますね。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

えっへん。今夜は起きてます。えっへん。

往復で1500円超のロープウェイに乗ってきたんですものー。
行きますわよ、がんばって。もったいないですものー。

彫刻、面白いですよね。
いろんな子達がいっぱい、ずらーりと揃っていました。
とても素晴らしかったです。

乗っ取りにくる神社がなかったのか、お寺がそのまま残ったようです。

神も仏もないー(T_T)、とはよく言いますが、神も仏もあるのが、面白いです。

居抜きは、最終的には却って金がかかるのでおすすめいたしかねますわ。
最初の投資はケチらないのがよろしゅうございます。

No title

おはようございます。

しっぽにおめかしとは珍しいですねぇ。
ご機嫌な顔が目に浮かびます。

本殿の彫刻は圧巻の一言!
これだけのものが残っているのもすごいです。

No title

狛犬さんが生えている!!(゚∀゚ノ)ノ

しかも、ブレーメンの音楽隊みたいに、背中に積んだ積んだ状態じゃないですか!

ウキウキしますーッ

おりょっ!?

す、すみません、さっき名前間違ってコメントいれちゃったかもしれませんが、海月です(;^ω^)

たっつん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんです。しっぽにおめかし、初めて見ました。

確かにこの子達のしっぽ、何かをかけたくなる形をしてますよね。

ごっきげーん♪なお顔、大きな木々の影になりきれいに見えなくて残念です。ううううう。

本殿の彫刻群、狛犬さんがわんわんわんわんわんで、同じお顔がひとつもなくて、とても素晴らしかったです。

徳島県というと徳島市や南の方へ行きがちですが、吉野川を遡った地域は遺跡がとんでもなく古くて異色で、とても不思議な所です。

狛犬さんもいろんな子達がいますので、遠いですが是非一度。

海月様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あたふたあたふた。

さとこ様&海月様、かわいいーっ( 〃▽〃)

社殿の角っこは、ブレーメンの音楽隊。
音楽を愛し、楽しんでいる海月様の発想、大好きですっ。

ブレーメンの音楽隊、一番下のロバさんが好き。
コントラバスみたいな、一歩引いてみんなを見てるけど、実は影ボス、的な存在って乙女心(死ぬまでおとめだもんねー♪)がきゅんきゅんします。

壁から狛犬さんが生えているとこも珍しいので、下から肉球をつんつんしたい欲求と戦い、静かな静かなお寺の中で、ウキウキして小躍り。

コンデジのバッテリーは激減り。

かわいい子達がいけないんだわっ。

大雪のニュースを見るたびに、実はこそこそっとそちらへ行きたくなっております。かにー。もさえびー!
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。