スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能楽の面(おもて)の取扱い方法

こんにちは。


能の面(おもて)は、4~5百年前のものが使われています。

博物館のガラスケースの中に飾られるよりも、
面(おもて)は、舞台で使われてこそ生きるもの。


【能楽の歴史】


(福知山市一宮神社の能舞台)

まず勢力を伸ばしたのが、興福寺等に属し、祭礼に奉仕した大和猿楽四座。

外山座 →宝生座
坂戸座 →金剛座
円満井座→金春座
結崎座 →観世座

これに元和年間に金剛座から分かれた喜多流を加えた「四座一流」が現在の能楽シテ方五流です。


【能楽の受難】


(福知山市一宮神社の能舞台)

猿楽を元にする能楽は、足利義満、豊臣秀吉、徳川家康など、時の権力者の庇護の下で発展し、江戸幕府において「武家の式楽」となり最盛期を迎えます。

サラリーは雇い主である大名家等から得ていた能楽師達。

大名家が所有する面(おもて)、装束等の使用を認められていました。


ここで、明治となり、全てがひっくり返ります。


お金が必要となった元大名家が所有財産を質に入れ、あるいは売却。
雇用主を失った能楽師の中にも、商売道具を売らざるを得ない家もあり。

能楽師や旦那衆等が慌てて質流れ品を買い集めるなどしましたが、時既に遅し。

面(おもて)や装束等、数多くの貴重な品がこの時、散逸します。

よって、現在も舞台で使うことができる面(おもて)は、非常に貴重で大切なものです。


【面(おもて)の取扱方】

昔はお正月には、能や舞楽などの番組で楽しみましたが、昨今はすっかり減ってしまって残念至極。

と思ってたら、さんまのまんまの新春特別番組で、野村万斎先生が。


狂言師の野村万斎先生。

手にしているのは、面(おもて)を入れる面箱。

容易に触れてはならないものです。
私は面箱を見たら走り去ります。


面箱の中で滑らないように、木綿の布で包み


面(おもて)ひとつずつを、綿入れの布で作った袋に入れてます。


さらに、面(おもて)の装飾がされた表側は別の布(面あて)をあてており、


厳重に保護しています。

面袋と面あてには、古布を用いるので、時々すんばらすぃー生地に出会うことがあります。

昔の刺繍は手縫いで丁寧で、ほつれないんですよ。


ここから、面(おもて)の持ち方。


面袋と面あてを後ろへまわして、


こう持って、面(おもて)を眺めます。

装飾が人の手の脂で痛むので、紐を通す穴の部分だけを持ちます。
決してわしづかみにしてはならず。


真田丸第27回「不信」。


使用された面は、金春家に伝わる300年前の「天下一河内作の小面」。

http://ameblo.jp/yamaitsunao/entry-12178834390.html


べちょっと持つのは厳禁。これでよし、です。


本年もよろしくお願い申し上げます。お正月に、ぼやーんっとテレビを見ていたら、野村万斎先生がご登場。うふふ。本物の面を扱うところは撮影できないので、いいもの見ました。うふふふ。さて、週末は大阪でも雪の予報です。先週は徳島の旅でうきゃうきゃしたので、今週はおうちでのんびり。というより、金がないっ。給料日はまだかーっ!?
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


いつもありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

「めん」じゃない「おもて」を扱うのは、それほど大変なことなんですか。
まったく、つねまるさんのブログを拝読してると、驚くことばかり。
その割に、萬斎先生、ホイホイと軽く扱っているように見えるのは、私の目の錯覚だろうか(笑)
確かに、昔々から伝わっているものだろうから、しかもそれを実際に使うんだから、細心の注意が必要なんでしょうね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

一番大切にしているものが面なのですわ。

なので、ドラマとかバラエティーとかで軽くあしらわれると非常に不愉快にはなりますね。

博物館で展示されていれば、誰もが丁重に扱って、「すごいすごい」と言ってあがめるものが、舞台でも使われているんですねぇ。


萬斎先生が、ほほいっと扱っているように見えるのは、手慣れているだけで、非常に丁寧に触れておいでです。

ただ、この面が昭和のものなので、ちょいとおおざっぱなとこがあるかもしれません。

このあと、さんまにつけさせていましたし。ほほ。

No title

「明治となり、全てひっくりかえった」

能もそうだったんですか。
そういわれれば、大名がひっくり返ったんですものね。
今また独立採算制とかいって病院も大学も伝統芸能も大変になっていますが、なんだかなあと思っています。古民家も相続税のために壊されていきます。

今月当地でのお能は遠い席が空いていましたが、能観賞とグルメと観光地見物のツアーとして催されるみたいで、なんとなく気が抜けちゃったので止めました。

今度はよくよく目を凝らして探して出かけます。
つねまる様の解説のおかげでどんどんその気になってきました。

雨宮清子(ちから姫)様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

「武家の式楽」というか、武家と共に生き続けてきたわけですから、ひっくり返るのも一緒になりますね。

古典芸能については、本気で生き残るつもりがあるなら、ある程度の淘汰は仕方がない面もあると思います。

全国には数多くの能楽師のおうちがありますが、え?その程度でプロなん?なレベルの人の舞台を誰が大枚はたいて見に行くかってことが、あります。それで赤字やと言われても、よく考えてくださいと思います。

船場の旦那衆や謡構などで「支える人々」、同時に、先立つもの、が潤沢にある時代は遠い昔。

ちょっと甘え過ぎていた面は、あるのではないかと感じています。
舞台を上演したければ、チケットの売れるプロになれ、ってことです。

あー、古民家が個人財産である以上、物納することは所有者の自由ですから、それは仕方がない面もあろうかと。。
お気の毒ですが、資料館等として移築できない古民家は今後もどんどん壊されてしまうのでしょうね。

徳平義人様

こんにちは。ご無沙汰しております。

赤い彗星していただくとのこと、いったい何のことかと…(;・∀・)

のぼう様だ!

つねまるさん、こんにちは。

野村萬斎といったら「のぼうの城」の長親様ですよね。
歌舞伎役者だと思っていましたが、能楽師だったのですか。
2度ほど見ましたが、いい演技をされていました。

能楽師としても一流なのでしょうね。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

のぉぉぉぉぉ!!

一番言っちゃいけないことですわっ。
歌舞伎役者ではございませんことよっ。

その昔は、Eテレの「にほんごであそぼ」で「ややこしやぁ~」の歌と躍りで世間を仰天させ、さらに映画「陰陽師」でお上品な安倍晴明を演じた、プリンスおぶ狂言でございます。

萬斎先生の狂言は、とても端正で、それでいて面白いところはちゃんと面白いです。

やはり基礎が叩き込まれている方は違うなぁと感動します。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。