平維盛と那智勝浦。紀伊半島各地に残る生存伝説

こんにちは。

【平維盛おさらい】


平維盛は、清盛嫡男・重盛の子。清盛の直系の孫ですが、


平家軍の総大将としては、富士川の合戦や


北陸方面、倶利伽羅峠の戦いで、連敗。


父・重盛亡き後、維盛の居場所はなく、


平家都落ちの折りには家族を都へ残し、西国へ。


都の家族を想い、心ここにあらず、な維盛は、

屋島からこっそり抜け出して


滝口入道を訪ね、高野山へ。


高野山まで来てもなお、家族に一目会いたいと未練たらたらでしたが、


結局、出家。


この浜辺から


維盛は、補陀落へと旅立ったのでした。(『平家物語』)

が、その途中で維盛は、


太刀落としました。


これが太地町で拾われ、飛鳥神社の社宝、「太刀落島(通称)」(たちおとしました)となります。

大事な太刀を落としたものの、維盛は実は生存し、


無事、熊野の山奥へ身を隠しましたとさ。(太地町飛鳥神社伝承)


【那智勝浦の色川一族】

那智勝浦の色川には、維盛が隠れ住んだと伝わります。


正面にあるのが、清水氏館跡。

色川に隠れ住んだ平維盛は、氏を清水と改め子を成します。(『紀伊續風土記』)


「清水氏館跡」(那智勝浦町指定文化財)

近くには平維盛の子孫と言われている清水家の菩提寺の宝泰寺や墓地跡もあります。

維盛の子とされる「盛広」も清水姓を名乗り、
その一族がしだいに勢力をもち、その子孫は土豪として南北朝や戦国時代を通じ「色川一党」として活躍します。




【奈良県野迫川村の平(たいら)地区】


奈良県野迫川村の平(たいら)地区。

維盛は、熊野・吉野の山中を流浪の末、ここ野迫川村でその生涯を終えたと伝えられています。


維盛塚のあるこんもりした丘。


てっぺんには、維盛塚。

「平維盛歴史の丘」として整備され、資料館もありました。

このように、維盛伝説は紀伊半島各地に残ります。


【維盛の子孫と高川原】


橋食う岩 橋杭岩のある串本からちょっと北


先端は、潮岬。


東牟婁郡古座川町高池宮ノ下付近の古座川。

古座川町高池宮ノ下は、三前郡高川原村にあたり、高河原(高川原、高瓦)氏が住んだ地区です。

「三位中将平惟盛の遺孫にして代々塩崎荘に居住す」(『紀伊続風土記』)

系図でも、維盛の子孫と伝えています。


高川原氏は、熊野水軍として中世に頭角を現し、戦国時代を生き延び、紀州の領主となった浅野氏に仕えます。

その後、高川原氏の嫡流は古座に戻り、地士に命ぜられ、子孫は熊野七人士の一人として続いたものの、江戸時代の安永24年頃、高河原氏本家は断絶。

浅野氏に残った高川原氏(嫡流舎弟)は、浅野氏の安芸・備後移封にも従い、「高瓦」に改め塩田奉行を務めました。

(以上「武家家伝/高川原氏」より)
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/ki_takaga.html



そんな東牟婁郡古座川町高池宮ノ下に鎮座する、神戸神社。

コウベ、コウド、カンベなどの呼び名があるこちらのお社が、お目当ての場所。

つづく。


実は弊ブログでは昨年の夏は平家物語フィーバー。
おっちょこちょいな維盛を追っかけた旅、お笑いいただければ幸いです。

補陀落渡海
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-486.html

都落ち
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-497.html

高野山で出家
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-506.html

ちょっとまとめ
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-510.html

野迫川の維盛
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-514.html

那智勝浦の色川に残る維盛伝説
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-598.html

色川の清水氏館跡と維盛
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-600.html

維盛、神になりました。色川神社
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-602.html

維盛、太刀落としました。太地町飛鳥神社
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-601.html

それから、右枠のカテゴリーの一番下「平家物語の人々と能楽」は、平家物語がどわっと出てきます。我ながらよう描いたと思いました。へへへへ。


いつも応援いただきありがとうございます。昨年の夏は見返してみたら、平家物語フィーバー。なんちゅーお熱っぷりなのかと自分でもびっくりしました。今年は秋からたたらフィーバー。どうも何かに萌えまくったら止まらないようですねぇ、わたくしってば。その中でも特に憎めない子、維盛。名残惜しくて、彼の墓所はまだ出せないでおります。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~♪
一瞬クマモンのお化けが出たかと思ったけど違いましたね(笑)
出るわけないですよね(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

維盛どの~

こんばんは~、お久しぶりです。
維盛さん、随分おっちょこちょいなんですね・・・。
小松殿があれだけ持ち上げられているのに
息子よ・・・・。

平氏の落人伝説も昔に比べると
大分薄れてきた気がします。
伝承を伝える人が年を取ってきたこともあるのだろうなと
なので、こうして伝承も残っていたり
お墓もきちんと手入れされているのを見ると
嬉しくなります。

いうも真面目なコメントしか返せず恐縮ですが
来年も宜しくお願いいたします。
それでは、良いお年を~!

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お、おほほほほ。源氏は凄く強かったのだー!っと表そうとしたら、なぜかこんなことに。

くまもんではありませぬ。

似ても似つかない謎の物体Xでございます。

トロロヅキ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

真面目に書いてたつもりなんですけどねぇ、なぜかこんなおっちょこちょいな人になってしまいました。

結局、母方の後ろ楯がなく、重盛亡き後は、平家の主流から外れていってしまったのが維盛の悲しいところでしょうね。

西海ではなく、熊野の海で渡海したことから、あわよくばと願う平家贔屓な人々の心の中で生き続けたのでしょうか。

源氏も平家も、古文の授業でしか触れないからなのかなぁ。
平家の落人伝説に心踊ることもないのでしょうね。

源氏だ平家だと騒いだのは、系図を作る必要があった頃のことで、今やそれもなく。

また、ご指摘の通り、伝説を守り伝えていく人達が次第にいなくなってきているのだとも思います。
訪れた先はどこも静かな静かな山村で、移住者を募っているところ。

いずれ、伝承も墓所も、埋もれてしまうのかなぁ。

あ、野迫川村は村おこしに維盛が活躍してます。
でもまぁ、維盛ってだれ、なのだろうなぁと思います。

トロロヅキ様、走り終えました?
お疲れさまです!

こちらこそ、また来年もよろしくお願い申し上げます。

良いお年を♪

No title

こんばんは、kotodayoriです。

維盛伝説をたどってみると、なにか、熊野・吉野の山中に隠れ住んでいたことが事実のような気になってきました。どう思われますか?

今年も歴史をたくさん学べました、また来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

No title

こんばんは。

平維盛卿
色んなお話があるんですね。
補陀落渡海の最中に、陸に上がった方に1票。
そんなタイプの男性(というより男子)っぽいもの。
田舎娘は、平氏の公達っていうだけで、ポーッとなるものね。
いや、それを騙る人間だった可能性が大きいかな。
塚までがあるって、土地の人たちの気持ちが伝わって、嬉しいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですね。

平家物語はあくまでも物語。

平家贔屓な西日本であることを差し引いても、どこかに維盛が隠れ住んだのではないかと、そんな気がします。

武家として生き延びるなら、源氏の方が楽ですしねぇ。

今後は少しゆっくりしようかと思っております。
皆様とゆったりとお話したいですし、能の方にももう少し真面目に取り組もうと思いまして。

謡を覚えるのに時間がかかる事が大きいです。
知らない曲がまだまだありますの。

それに、kotodayori様のように季節を楽しむおでかけもしたいです。

こちらこそ、本年もたいへんお世話になりました。
心より御礼申し上げます。

kotodayori様も良い年をお迎えくださいませ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよね。維盛、いろんなお話があります。

基本は補陀落渡海にありますが、やはりどこかで上陸して、ぽわんっと生きていたのかなぁと思いたいですね。

本人はほわほわしてても、周りがしっかり。

平家の公達にポーッとなるのは、娘っこだけじゃないはず。

野迫川村の塚は、手入れされるまでは草ぼーぼーの小山でしたが、てっぺんの塚と桜の木はあったようです。

高野山の山の南東にあり、高野山じゃ目立つから、ちょっとずれたとこに住んでみました、えへへ、な感じの場所です。

温泉もあって、いいとこです。

鍵コメ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そー、関東へ行ってしまった源氏じゃなくて、こちらはやはり平家贔屓なのですわ。

来年は少しゆっくりしようかと思っておりますが、きっとどこかでまた、夢中になるものに出会うのだろうと思います。

こちらこそ、たいへんお世話になりました。
心より御礼申し上げます。

鍵コメ様も、良いお年をお迎えくださいませ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼