和歌山県南部で、岩を見る

こんにちは。


岩。


いわ。


イワ。


一枚岩。


ももっちりな形の岩。

いろんな岩を見て、でもやっぱり、


海がいいですねー。


お宿のお部屋の景色。

こんなに素敵なので、那智勝浦ではお宿でゆっくりします。えへ。


いつも応援いただきありがとうございます。いくら行き慣れているとはいえ、和歌山県の先っぽは遠いです。でも、大きな海を満喫して、気分転換になりました。といいつつ、画像は岩ばかり。運転疲れです。えへへへ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

きもかわいい岩

面白いですね。つねまるさまにかかると狛犬だけじゃなく自然の岩も表情が出ますねえ。
 いつも入って射るセリフが楽しいです。
ところで、無断で真田丸の扇の記事をリンクしました。すみません。あまりに面白かったので・・・。
 秀吉さん尾「負け修羅扇」・・これあまりにも皮肉で面白すぎますが、どうして家康さんは勝修羅扇持たなかったのか・・・って、まだまだ修行が足りんわいってことでしょうか?

こんばんは

那智勝浦ですか。
行ってみたいけど、まず一生行ける気がしない場所でもあるのよね~
つねまるさんの楽しく勉強になる記事で、行った気になるしかないか。

今日の佐久は、ものすごい強風。
家が壊れるんじゃなかろうか。
和歌山県の海を眺めながら、PCポチポチ打ってると、温かい気持ちになれます。

乱読F様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

リンク先、お訪ねしてきましたー。
は、は、は、恥ずかしいですが、とても嬉しいです。
少しでも楽しんでいただければ、これ幸い、といつも思ってますが、真田丸の記事は、いつにも増して力が入りました。

乱読F様のとても詳しい記事も素晴らしいです。
またお邪魔しますね♪

秀吉の負修羅扇には、豊臣の行く末を暗示するような裏方さんの意思を感じましたが、家康は。

質素に、地味に。

この頃は天下をとろうと考えるよりも、自分ちの足固めをするぞ、地とにかく生き残るぞ、という感じだったのではないかなぁと思いました。

家康は死の直前までも西国に不安を残したままだったとか言われておりますし、彼の中では生涯、勝修羅扇を持つには至っていなかったんじゃないかなぁ?

ドラマの最後に、真田信之(信幸)の藩から云々とナレーションが入りましたので、制作側は徳川を勝ち組とはとらえていないのかもしれません。

秀吉と同じく、数百年後ではあるけど、敗北するよ、と。

そんな感じで。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

那智勝浦、いいです。

ただ、那智勝浦での私は、でくのぼー。

ホテルのチェックイン時間と同時にお宿へ入り、温泉、おちゃけ、温泉、生まぐろ、温泉、温泉。

ほんのり硫黄のかおりの、さらっとした理想の温泉なんです。

お宿は、お部屋の洗面も、トイレのじゃっと流す水も温泉水なので、帰宅したら体やタオルが、とっても玉子ちゃんのかほりです。

何度も訪れているので、一度行って心の琴線に触れなかったとこは例え話題性があろうと観光名所だろうと行かない、ブログネタのための旅はしない、と決めておりまして。

のんびりするために行ったんだから、あくせくしなくて。
時間はたーくさんできました。

えへー。海を見て、ぼーーーーーっとするのが、一番の楽しみです。
そうですねぇ、海と崖の画像のとこでは、一時間以上、ぼけーっとしてました。

大阪にいる私でも遠いなぁと思うので、つたない記事ではございますが、仙千代様に少しでも楽しんでいただければ幸いです。

こちらも今夜は、お空を大きなお箸でぐるんぐるんとかき回しているような強風です。

車がひっくり返ってるんじゃないかしら。

和歌山県南端の海は、ほんとに素晴らしいですね。
温かい気持ちになっていただけるよう、がんばります。むんっ。

No title

つねまるさんの撮影は狛犬だけでなく、扇の写真と解説、海岸の岩の撮影も見事です!感嘆!

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おほめのお言葉、ありがとうございます♪
とても嬉しいです。

見落としていても写真に残っていたらいいなーっと、とにかくあっちこっちでカメラを構えております。

・・・ぼけぼけが多いです。

お天気が良かったので、海も岩もとてもきれいでした。
やはり、冬でも海はいいですね。

そちらはさぞかし冷え込んでいることと存じます。
あたたかくして、風邪などお召しになりませぬようお祈り申し上げます。

No title

古座川か・・・
滝之拝太郎だっけ?
竜宮伝説に似た話が有って面白かったです。

ちなみに、あそこの道の駅が空いてるの見た事無いわ。
いっつも閉まってんの。(笑)

山田様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうです、瀧之拝太郎さんです。
さすがですね。よくご存じで。

くぅー、悔しいっ。いつか山田様の知らないとこへ行くんだー。

一度行ってみたかったので、ほくほくです。
ポットホールがいっぱいあって、とても面白かったです。

竜宮伝説も、面白いですね。
えー、この下に竜宮城が?と思うものの、良くできた話で。

あ、道の駅は、週末と祭日の昼間数時間だけの営業です。
三連休に訪れたので、物産館に人がいて、お客さんもいましたよー。

私はおばあちゃんの手編みっぽい靴下を買いました。
かぎ針編みの、ほんとに懐かしい感じのもので、早速使ってます。
温かいです。

あそこ、廃校になった中学の跡地なんですね。
門柱が残っていました。
私ははじめ横のお地蔵様を見て、てっきり廃寺かと勘違い。

来てくれてありがとうと言われて、びっくりしました。
近所のおじいちゃまとしばらくお話して、楽しかったです。

古座川は、狭い範囲に道の駅が三つもあるし、トイレが多いし、ちょっとびっくりです。助かりましたけど。おほほ。

季節がいいときはさぞかし川遊びの人達で混むのでしょうね。

滝之拝

あの道の駅に入ったなんて羨ましい。。
私も何時か入りたいな。(笑)

昔、道の駅攻略してて、道の駅の有ったとこは大体回ったのです。

点と線でしか走って無いので、知らない場所の方が多いですが、目的地周辺の事なら。。。
道の駅周辺には、必ず何か面白いモンが有るわけで、興味を持って色々調べてしまうのです。

あの空き地には、「若い力」という碑があったので、最初『きっとここは子供用のキャンプ地かボーイスカウト関係の施設に違いない』と思いました。

中学校の門扉が残って無かったら、そう思い込んだままだったでしょうね。。。
(/∀`*)

他にも一枚岩やら牡丹岩やら、写真見てて楽しかった事を思い出しました。
大変魅力ある場所なので、機会があればまた行きたいです。

山田様

こんにちは。
本年はご多忙の中のご訪問とコメントをありがとうございました。

和歌山県南部界隈は道の駅がなかなかよいですね。
下手するとどこも似たり寄ったりになりがちですが、味わい深いお店もあったりして。

古座川は、一度立ち寄ってみたかったので、とても良かったです。

道も狭くなかったし。

気を付けないと、紀井山地のあの酷道のような道が当たり前にあるので、毎回ドキドキします。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼