今年最後の連休は、まぐろ

こんにちは。


すごく早めのランチ。道の駅すさみ。


まぐろのフライって好き♪


(心霊写真ではありませぬ。ガラス越しなので店内が写っただけよ)


カレーにお味噌汁。いつお味噌汁を食べたらいいのか悩みますな。

一気飲みしちゃった。

で、今年最後の連休にどこへ向かうかというと


南国。

・・・和歌山県の先っぽへ来ました。


こっち向いて下さい。


砂浜、療養中。


橋杭(はしくい)岩です。


肝心なときに・・・(T_T)


この海は、


たくさんの人達が補陀落を目指して渡海した、出発の地。


平維盛の名前もあるのよ。


補陀落寺には


補陀落渡海に用いたお舟(復元)があります。


波打ち際には、必ず棒を立てるの。うふふ。


日本海側でも、(丹後半島の先っぽ、間人)


熊野灘でも。(三重県熊野市)


もうすぐ今年が終わります。


冬ですもの。


弁天島です。


去年はここに泊まらなかったから、おひさ。


残念。


干潮なら渡ることができます。

さーて。那智勝浦へ来たらいつものお宿で、ほんのり硫黄のかおりの温泉に入って、いつもの


生まぐろ丼どーん!

うまい。


いつも応援いただきありがとうございます。ナビがいらない程度に知っていて、海があるとこへ行きたくなって、急遽お宿を予約してやって来ました。大きな池みたいな瀬戸内海じゃなくて、外海がすごく見たくなりましたの。途中で車を停めて、車の中から、ぼっけーーーーっと海を見て、もしゃもしゃとおやつを食べて。せかせかとしない旅はいいですね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まぐろドーンが美味しそうですね。
お値段はおいくらでしょうか(笑)

No title

こんばんわ~

紀伊半島の下の方には、まだ行ったことないです。九州からは遠いですから(^-^;

お船は好きですが、フダラク船には乗りたくないですねえ。

No title

ま~連休を和歌山で過ごしていらっしゃるのですね!うらやましい~です
(#^.^#)

カレーにお味噌汁???
不思議な組み合わせだこと(^_^;)

維盛さまのお名前よく見つけられましたね!
さすがつねまるさん!

生まぐろ丼美味しそう!!
の横にあるのはビールかな?

引き続き楽しい旅を♪

No title

こんばんは。

まぐろヒレカツカレー、美味しそう!!
まぐろヒレカツ、食べたことないわ。
普通のヒレカツじゃ重すぎるけど、まぐろならヘルシーそうじゃない?
海を目の前にして、この美味しそうなカレーを食べる。
本当に至福の時だわね。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

まぐろ丼どーん!は、生まぐろなので、もちもちしていて、美味しいですよー。

お値段は、お値段以上です♪

輸送ルートが確立されて遠隔地でも産地直送の味が楽しめるようになりましたが、やはり、現地でいただくのは格別だと思います。

オトーサン様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですねぇ、ちょいと九州からは遠いかなぁ。
大阪からでも遠いのですわ。こほ。

でも、面白い地域ですよー。

私もお船は大好きですが、渡海はしたくないですねぇ。
目的他では、このわたくしのあんよで、降り立ちたいです。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ツレがインフル&ノロにやられまして、連休がいきなりフリーになってしまい。

近いところでもないけれど、何だか大きな海が見たくなりました。

オフィス街のランチでもありがちなんですが、スパゲッちいにお味噌汁とか、シチューにお味噌汁とか。

でもカレーにお味噌汁は、不思議ですよね。
白いご飯はカレーでいただいてしまうので、一気飲みに。

でも、飲食店のお味噌汁って、具は少なくても美味しいですね。
自分と違うお味噌なのも、楽しいです。

維盛は、これでもかってほど連載したので、思い入れが強い人です。
当時の人々によほど愛されたのか、紀伊半島のあちこちに維盛伝説が残ります。

生物まぐろは、もちもちで、すごく美味しいです。

その横にあるのは、ビールじゃなくて、麦のジュースですわよ♪

あちこちを見て回る旅ではなく、こちら方面へ来るときは、ぼーーーーーっと海を眺めるのが目的なので、ぼっけーーーーっとしてます。えへへ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

まぐろを買うときって、やはりお刺身目当てですよねー。
なので、フライになってるのを見ると、有無を言わず言わせず、注文してしまいます。

この「周参見(すさみ)」は猪と豚を掛け合わせたイノブーが名産なんですけど、それよりやはり、まぐろ。

フライでもまぐろは味が濃いので、とっても美味しかったです。

疲れた時は、海がいちばん。

No title

つねまるさん、こんにちは。

また、また、まぐろドンの旅ですか。
きっと、まぐろドン以外にも、つねまるさんを引き寄せる何かがあるのでしょうね、

興味深く、楽しみにしています♪

No title

こんばんは^^

真田ロスでヒマな日曜夜です^^

和のクリスマス~自分へのご褒美は大事ですね^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

維盛さん

平維盛さん、補陀落渡海していたんですか!!

静岡県富士宮市内房というところに、この方のお墓があるんですよ。
富士川での源平合戦で落ち延びたとかいうことで、ここは平家落人伝説の地なんですけど。
よくある話と言っちゃあそうなんですけど。

神出鬼没の維盛さん、まさか補陀落渡海していたとは。
歴史っておもしろいですね!
ああ、私も旅に出たい。マグロ丼も食べたい。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
お返事がたいへん遅れまして、申し訳ございません。

そー。生まぐろ丼どどんです。
大きな海が見たくなったら、そこらをちょろちょろするより、さっさと先っぽへ行くのが一番です。

大きな岩も、崖も、きれいな砂浜も、たーくさん。

熊野というと熊野古道や熊野三山ですが、後付けというか、最近特に変にいじくられていて、テーマパーク化。

八百万の神も含めた熊野信仰と、キリスト巡礼道を重ねるなど、とんでもねー方向へ行きつつあり、好きではないです。

私が引き寄せられるのは、自然ですねぇ。

今回は無社殿の神社をめぐりました。
これでいいんだ、これで、と納得。

神社巡りをする自身を全否定してしまいますが、いい旅でした。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
お返事がたいへん遅れまして、申し訳ございません。

そー。暇。そして、3日で700kmを走り抜けたので、へとへと。

ほんとはねぇ、学生時代からの友人どもとおうちパーティーの予定。
それがインフル&ノロで友人がドタキャン。

やけくそです。ほほほほほ。

生まぐろ丼でメリクリでした。

雨宮清子(ちから姫)様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
お返事がたいへん遅れまして、申し訳ございません。

そー。維盛は、平家物語上では、補陀落渡海してます。

実は弊ブログでは昨年の夏は平家物語フィーバーでして。
維盛についてもあっちこっちで追っかけてます。

補陀落渡海。
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-486.html

都落ち
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-497.html

高野山で出家
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-506.html

ちょっとまとめ
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-510.html

野迫川の維盛
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-514.html

那智勝浦の色川に残る維盛伝説
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-598.html

色川の清水氏館跡と維盛
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-600.html

維盛、神になりました。
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-602.html

太地町の飛鳥神社。維盛、太刀落としました。
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-601.html


和歌山県の南端には維盛伝説がたくさんでした。

え。富士川で落ちたとは、また気が早いような。
でも、それだけひどく負けたのですね。

私は補陀落渡海を先に存じておりましたので、え、渡ってないの?とびっくりしました。

静岡県富士宮市にお墓があるとは、ほんとにびっくりです。

興味深いお話をありがとうございました。
調べてみまーす♪

冬は伊勢海老がシーズンです。
マグロも2月までが美味しい季節。もちもちで、うまうまでした。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼