スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡路廃帝淳仁天皇と母当麻氏を探してたまねぎ畑へ。

淡路島には、天皇陵があります。


■代数 第47代
■御父 舎人親王
■御母 大夫人山背
■御陵名 淡路陵(あわじのみささぎ)
■所在地 兵庫県南あわじ市賀集
(宮内庁ホームページより)


◇淳仁天皇(733年- 765年11月10日)
在位:758年9月7日 ‐764年11月6日
古文書では廃帝(はいたい)または淡路廃帝(あわじはいたい)。
諱は大炊、践祚前は大炊王。

天武天皇の皇子・舎人親王の七男(3歳で父と死別)。

仲麻呂の推挙により立太子。実は大炊王は藤原仲麻呂の子(真従)の未亡人粟田諸姉を妻とし、仲麻呂の私邸に住んでいた。

758年に孝謙天皇から譲位を受け践祚(桓武天皇以前は即位と同義)。同時に孝謙天皇は、太上天皇(孝謙上皇)となった。


◇藤原仲麻呂(恵美押勝に改姓改名)
祖父は藤原不比等。父は不比等の長男武智麻呂(藤原四兄弟は、武智麻呂、房前、宇合、麻呂)。



淳仁天皇は即位後、小治田宮や保良宮に行幸して事実上の仮の宮殿としていた(平城宮の改築、仲麻呂の政策による)。

天皇の保良宮滞在中に孝謙上皇が弓削道鏡を重用し始める。危機感を抱いた仲麻呂は淳仁天皇を通じて、孝謙上皇と道鏡との関係について諫言。これを契機にして両者の関係は対立。


孝謙上皇・道鏡 VS 淳仁天皇・仲麻呂


762年6月28日、孝謙上皇は「今の帝は常の祀りと小事を行え、国家の大事と賞罰は朕が行う」と宣告。

764年9月11日、藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱。
仲麻呂は劣勢になり息子が国司をしている越前を目指し、宇治から近江へ。上皇側の責任者・吉備真備(70歳…)が勢多橋を落としていたので、湖東の陸路を断念。湖西から琵琶湖上を航路で東を目指すも難破寸前で、湖北の塩津に上陸。



上皇側と戦うが、湖東の三尾(近江国高島郡)まで追い詰められ、湖上へ逃れようとしたところを捕らえられ、湖畔で斬首された。

淳仁天皇は、仲麻呂の乱には同行していないものの、「仲良し」を理由に上皇に廃位を宣告され、淡路国へ流される。皇位は孝謙上皇が重祚、称徳天皇となる。一方、淳仁天皇は、廃位のため太上天皇号(上皇)にはなれないどころか、天皇の数にも入れられず。


「天平神護元年十月庚辰、淡路公、幽慎ニタエズ垣ヲコエテ逃グ。守佐伯宿禰助、接高屋連 並木等、兵ヲ率イテコレヲサエギル。公、還リテ明日院中に於テ甍ズ」(続日本紀)

765年10月、「幽憤に勝(た)えず、垣根を越えて逃げたが、明日、院中に薨(みまか)りぬ」。死因不明。薨年33歳。

逃亡をはかった翌日、お亡くなりに。怪しい。

暗殺の疑いが濃い淳仁天皇は、怨霊として皇室を悩ます故に、772年、光仁天皇が僧侶60人を派遣し、斎を設けて、その魂を鎮めた。だが「廃帝」のまま。

明治3年7月24日(1870年8月20日)に、ようやく、弘文天皇(大友皇子)・仲恭天皇と共に明治天皇から「淳仁天皇」と諡号を賜られた。



明治6年(1873年)には、同様に配流先で歿した崇徳天皇を祀る白峯神宮に合祀された。

そんな背景を思いつつ、拝見。

あれ?


淡路島のたまねぎは、水にさらさなくても生で美味しくいただけます。


確かに畝ですねぇ。

そして、淳仁天皇陵から数百メートルのところには

母上の「大夫人・当麻山背」も共に淡路島へ流されてきたのです。




お邪魔申し上げます。


のどかです。


ここからは、息子のお姿が見えます。


息子がお呼びです。


もちろん、息子からも母上のお姿が見えます。

なんだか、ほっ…。


さて、淳仁天皇に纏わる場所がもうひとつあります。





次回はこちらをご紹介致します。


いつも応援いただきありがとうございます。淡路島の名産品たまねぎは、辛味が少なくて使いやすいです。今回も箱買いしてきました。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぼっち、ありがとうございます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

いえいえ、こちらこそ。読んでいただき御礼申し上げます。
鍵コメ様も熱中症にならぬよう、お気をつけあそばして。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。