真田丸。家康の出世と扇の変遷。小道具さんは能好きか?

こんにちは。

大河ドラマ「真田丸」、小道具さんに能好きがいるのではないかとわくわくして1年楽しみました。

きっかけは、


第4話「挑戦」


扇の特徴から、能の観世流の仕舞扇と気付いた時から。


仕舞と謡の時に使用する扇を、仕舞扇、正確には「鎮扇(しずめおうぎ)」と称します。

観世流の仕舞扇の特徴として、


要がまぁるい。


親骨に三つ彫り(3ヶ所、細長く穴が開いてる)。


三段の水巻の文様、いわゆる「観世水」が描かれています。

これは、お稽古や素謡(詞章だけうにゃうにゃと謡う)の時に用いる普段使いの扇で、観世・宝生・金春・金剛・喜多の各流派によって、扇の仕様が異なります。

はじめの頃の家康は、この扇をご愛用。


第5話「窮地」。ばりっばりの紺地観世水の仕舞扇。


ところが、家臣の本多忠勝はお日様きらきらの軍扇。


見えますかしら。

扇を閉じたら、通常は家康の持つ扇のように骨から紙がはみ出ますが、軍扇は骨で紙が隠れています。


また、地紙の金地は邪気を避けるもの。

一般的な軍扇の表はお日様(昼)、裏は三日月(夜)。


「昼間は、太陽側を表とする。骨を六つ開き、残り六つは畳んで使う。
夜間は、三日月側を表にし六つ開いて六つ閉じる。
合戦勝利後は、全部開く。」と作法が決められており、

「悪日に合戦する時、昼間は三日月側を表として使い、夜間は太陽側を表にして使う」(昼夜を扇で逆転させることにより、悪日を吉日とする)(『中原高忠軍陣聞書』主旨)そうです。



「昼間は、太陽側を表とする。骨を六つ開き、残り六つは畳んで使う」

忠勝、お行儀がよろしい。

このあとは伊賀越え。
涙と鼻水でぐちゃぐちゃになる家康です。


さて、この違いをどうとるか?

無論ここは、普段から軍扇を構える忠勝と、よきにはからえばよい家康の立場の違い等を思うわけですが。

お金の話。


金の砂地(金の小粒が散りばめられた地)に観世水なら、1万円ほど。

家康が持っている扇に金砂地が見えないので、白地ならその半額以下。

質素です、家康。

忠勝の軍扇は、金地に日輪程度なら1万5千円前後。


・・・家康ぅ~(T▽T)

能(謡&仕舞)のお稽古を初めてすぐに購入する一番お手頃価格の白地に紺の観世水の扇から、話が進むにつれ、家康の扇は次第にグレードアップしていきます。


第28話「受難」。家康 Jr. 秀忠と正信 Jr. 正純の初対面。


扇の骨の色にご注目。


木肌のままから、黒骨に変化。

観世流の謡や仕舞ではほぼ用いませんので、価額不明。
ちょいと扇が出世したと表しているのかなー。

次記事にしますが、特殊な絵柄(修羅扇)では常に黒骨。
たまーに他のほののんっとした絵柄なのに黒骨だと、「いきってんなー」と思ったり。ごほん。


第37話「信之」。関ヶ原後、信繁親子とご対面。


九度山で死ね死ねと悪魔の家康です。

ここまで黒骨の扇でしたが、


第41話「入城」。扇が、金地に紺の線になりました。

金ですよ、金。

家康、いぶし銀ではなく、いぶし金に変身。

家康は秀吉が贔屓にした金春流ではなく、主に観世流(観世大夫)を重用します。これを踏まえての観世流仕舞扇の使用なら、すごいことです。


第44話「築城」。じーさま、昔とった杵柄。


戦の現場ですから、Jr.秀忠の扇は軍扇。


まぁた真田くんにいぢめられるんかっと怒る家康も、軍扇。

軍扇となるともはや、能の管轄外。

ですが、能や日舞の扇に特化した店等では、趣味の扇として手作り。

価額は、大御所様の格式から骨に彫刻などの細工があるとして、2万円弱。


最終回。伊賀越えの頃は自力で全力疾走してた家康、運ばれる。


潮目が変わった途端、えいえいおー with 軍扇。


信繁(幸村)とのご対面となり、西部劇の開幕。

最終回、ついでに。


べそべそ泣きながらも、狛犬さんのぷりっけつは気になりまして。


自分は動けないから、佐助にSOSな狛犬。

きっとね、このあとね、信繁(幸村)と佐助は、狛犬さんの背中に乗って、どこかへブーンっと駆け落ちしたのよ。


いつも応援いただきありがとうございます。一番はじめに使っていた白地のお稽古扇から、黒骨、金地へと変化していく家康の扇。家康の出世と共にグレードアップしていくのがとても面白かったです。他の面々は地図を指すときに軍扇を用いる程度で、家康の扇の使用頻度は傑出していました。小道具さんってすごいなー、細かいなー、マニアックだなーっと、1年間とても楽しかったです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

細かい所までじっくり見ていらっしゃいますねぇ
私、扇なんて全く気にも留めてませんでしたぁ。
見ていても知識がなきゃ分からんですが・・・
気付いてくれる人がいて、小道具さんも嬉しいでしょうね(^.^)

こんにちは

いつもお世話様になっております

能や日舞で使用する日本の扇は色々意味があって奥深いですね。
いいな~
中国扇はただでかいだけです

No title

こんばんは。

さすが さすが さすがー!!
扇に目を付けられましたか。
私、なーんも気付かなかったわ。
小道具さんもさりながら、時代考証の先生たちの意見もあったのでは。

いま思い返しても、どの人も芸達者で見ごたえがありましたね。
信繁と佐助、≪狛犬さんの背中に乗って、どこかへブーンっと駆け落ちしたのよ≫
そうだと良いわねぇ。
でも、あそこで刀折れ矢尽きて、疲れ切って自害した信繁にも、堪らなく思い入れ深くなってます。

こんばんは

おおお!

素晴らしい説明です。
残念ですが、当初2,3回見たきりでした。

何が如何と言うわけでもないのですが、
三谷ワールドは、こんなに素晴らしかったとは!
前の「新選組!」はご近所という事で見ましたが、
三谷氏は歴史を良く調べている(スタッフが居るでしょうが)

毎週、同じ時間にTVの前という事は、
今の私には出来ないことなのです。

あ、BSの「武則天」は見ていますが^^
ビンビンちゃんが好きなので♪
これを見ていると、チャイナの凄さ(策略・陰謀・残虐など)が、
今の時代にも引き継がれているようです。

扇の奥深さに、感心しました。
さすがにつねまるさんらしい、解説で勉強になりました。
再放送で此の辺をじっくり見たいです。

すばらしい!

そうなんや~♪
よくぞ、細かいところに目を付けて下さりました。勉強になります。そこまで深読みせねばならんのですね。いや・・小道具さん、さぞ嬉しがっておられることでしょう。いや・・・奥が深いわ~♪

No title

おぉ!すごいです!(^^)
小道具にもそんな細かなコダワリがあったとは全然知りませんでした!
「判る人だけ分かれば良い」ということなのでしょうね。
もう一度確認したくなりました(^^)

オトーサン様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ぼーっと見ていたら、家康の手に見慣れた扇があったので、ものすごーく食いついてしまいました。

しばらくしたら、変化していったので、とても面白かったです。

大河ドラマはいいなー、すごいなーっと感激です。

気付くことが出来てよかったです♪うふふ。

熊子様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ほんと、扇を見ていると飽きないですね。
先生が解説してくれるともっと楽しいです。

片隅に描かれた小さなお花が曲の主題であったり、とても奥深いですねー。
奥が深すぎて、お先真っ暗なこともありますが、ないしょ。

中国扇、大きいんですね。
そういえば、映画で扇を使って戦ってたおじさんがいたような?

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

はーい。扇に目が行きましたー!

仕舞扇は骨の本数が多いので、閉じた時の紙の部分の幅が狭く、傷みにくいです。
家康が握りしめても、大丈夫。うふふ。

ほんと、芸達者な方が生き生きとしてましたねー。
せっかくいい役者さんがいるのに、もったいないことになってるドラマが散見される中、ほんと、画面の隅々まで楽しめました。

疲れ果てた信繁、いいお顔してましたね。

来年もしばらくは真田丸に関係したところが注目されそう。
またはじめの頃から見直したくなるドラマでしたもの。

one0522様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

わーい。ありがとうございます。

連続して見ていたら、じわじわと面白くなっていきました。
はじめの頃は馴染みの薄い土地のお話で、うーん、と思ってましたが、ドラマとして「ぼー」っと見ているうちに、どんどん楽しくなりました。

今回は全話録画したので、またゆっくり見たいです。

三谷さん、ほんとに歴史をよく調べてますし、幅広い知識が根底にあるのでしょうね。

中国ドラマ、策略・陰謀・残虐、すごいですよね。
まともに生き延びる人はいるのかしらー!?っと、どきどきします。
そう思うと、日本ってのんびり。

扇の専門店、とっても楽しいです。ぜひどこかで。

乱読F様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよ~♪

いえ、深読みというより、わかるものを見てただけですよー。
宝探しみたいな感じで。うふふ。

たぶん、小道具さんの遊び心かしら。

小さなこだわりを探しながら見るのも、大河ドラマの楽しみかたなのかもしれないですね。

きと様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

小道具って、つい、じーっと見てしまいます。
現代ものなら、収納とかキッチン道具とか。おほほ。

扇は、誰かわかったらいいなー♪と小ネタ的な遊び心なのかなーと思います。

建物の細かな作り物やお部屋の中の小物なども、おうちによってこだわっている気がします。

もっといろいろな知識があったら、ものすごく楽しめる大河なのでしょうねぇ・・・(T▽T)

No title

こんばんは~

凄い面白いですね。
扇が出世するたびにグレードアップ♪
さすが、つねまる様は目のつけどころがチガウ。

私はマニアックに書状に注目してました。
誓詞の紙とか、場面や相手によって切紙になってるとか。
私も時代考証はきめ細かい配慮があったと思います。

軍扇の作法、知らなかったです。
勉強になりました^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そー。家康は扇と共に出世した感じがしたので、書いてみました。

他の方々のように歴史に特化した知識が豊富なわけでもなく、わかるところで自分なりに楽しみました。

あ、そうそう。書状、すごくこだわっていたんですよね。
時代考証の人のTwitterが面白かったです。

きっと時乃★栞様は、わくわくしてるだろうなーって思いましたよー。

軍扇の作法は、お日様の場合は、そんな感じ。
それぞれにこだわった絵柄があるし、おしゃれさんはここでその腕前を発揮してます。

内緒様

あとでそちらへ行きますね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼