金屋子神社(2)狛犬ズ。怪我した子のお手当とキレキレおちり

こんにちは。

ちょっとその前に


おほほほほ。


金屋子神社。


神社周辺から出土したケラ(かねへんに母)を満喫して、


お待たせっ。


私の名前は「お賽銭」ではありません。

あれ?狛犬さんの胸像とは、めずら・・・


落下したのかな。痛かったね、きっとね。


そうかそうか、私も好きだ。


それはもはやアテではない。

痛々しくないよう上手にお手当てされてます。


ぼんじゅ~♪


よーしよしよしよし♪


ほんとね。阿ちゃん吽ちゃんがお揃いなのがいいね。


体が斜めになる不思議な手水。


石段の奉納は、文政13年。

たたら製鉄操業が盛んだった頃です。


狛犬さんのお顔の辺りが私の目線。2m超えの大きな子達です。


うん、って言いたかったのね。


お仕事は?


鉄とかケラで出来てるのかと思うような色合いです。


狛犬、お客を呼び込み中。


後ろ足が、ぱつんぱつん。


金屋子神様のお社ですね。


大きな垂れ耳がかわいい子です。


尻尾で身長をかせぐ狛ちゃん。


きれっきれのおちりです。いたたたた。


では、遠慮なく。


いつも応援いただきありがとうございます。
忘年会一発目は贅沢なタグ付きカニカニのコース。お財布が破綻しましたが、美味しかったです。忘年会なのに、食べ始めたら無言。学生時代からの集団なので、それでいいんです。さて、金屋子神社の狛犬ズ。お怪我しても大切にされている子に会うのは、気持ちがほっこりします。大きな子達も痛みが激しく、近い将来、骨折するのではないかと心配です。が、きっとここの宮司さんはそれでも大切にしてくれると思います。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼