比内谷鉱山鉄穴流し本場跡。純度80パーセントの砂鉄作り

こんにちは。


風化した軟質花崗岩などが露出する山を崩して、山土を採取。

この山土から砂鉄だけを取り出す方法が、「鉄穴(かんな)流し」

工程は、山砂鉄の「採取」と「選鉱(洗鉱)」。

山砂鉄の山土に対する含有量は、0.5~10%程度。


切り崩した山土を、水路(走りまたは井出)に流し込みます。

土砂は破砕され、土砂と砂鉄は分離され

今日は、この先の「選鉱(洗鉱)」を見学。


山の中です・・・(T_T)


比内谷鉱山から1kmほど下流の、比内谷鉱山鉄穴流し本場跡。

分離された砂鉄の純度をさらに高める鉄穴流しの最終段階である、
「選鉱(洗鉱)」を行う場所で、これを「本場」といいます。

昭和47年の廃止まで1日に2~4トンの砂鉄を産出。


川沿いです。土砂と砂鉄の分離には水が不可欠。


上から、第一出切→第二出切→大池→中池

では、上流から見学。


鉱山で採取され流されてきた土砂を一旦ここに溜めて


流します。


第一・第二出切は、水を流しつつ土砂を緩やかに滞留させ、砂鉄を沈殿させます。


砂鉄は、花崗岩に含まれるほかの鉱物より重い(比重が大きい)。

重い砂鉄が流水の中で沈み、軽い土砂は流れていく。

重さの違いを利用して鉱物を選り分けることを「比重選鉱」といいます。


☆☆☆「比重選鉱」☆☆☆

金銀の採掘場で用いられた手法。

金銀山の採掘が盛んとなる文禄、慶長年間には各地の金銀山を中心に普及。
金山ではこれを「ねこた流し」といいました。



鉄穴流しの上には別の「足水水路」

きれいな水は「足水水路」から取り入れ、土砂混じりの水を川へ流し、砂鉄と土の混じった水はさらに下流へ。


排水部分。下流域の河川が濁るわけです。


今はちょっと埋もれてるのが残念ですが。


出切に残っていた花崗岩っぽい砂。


第二出切の一番下流。

流水の中で沈殿した砂鉄のみをすくいあげ、ここから再び流します。


大池からは、樋に流します。


砂鉄をすくいあげ、次の池へ移しやすいように、木の樋です。


大池全体。


次の中池との境に、少し段差。


中池全体。


中池から乙池の境にも、少し段差。


乙池全体。ここまでくると、かなり細かい砂鉄。


終点の、樋。

この工程を経た砂鉄の純度は、80%以上。


こうして出来た純度の高い砂鉄を用いて


たたら製鉄操業が行われるのでした。


いつも応援いただきありがとうございます。
たたら製鉄の史跡の多くは山の中。近くの県道で工事をしていた皆様が「どこ行くのっ!?」な視線をくださる中で、ぎゅーんっと山道へ。ちょっとドキドキしましたが、それほど走らずに着きました。ほっ。ここで1日に2~4トンの砂鉄を産出ってすごくないですか?もう、たたら製鉄の規模にびっくりです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

映画では、西部劇で砂金を採掘するところが出てきます。
やはり川を利用していたようです。
砂鉄より、比重が重いのか簡単そうでした。

日本の砂鉄・たたらと勉強になりました。
外国などの砂鉄取りは如何だったんでしょうね。

いずれにしても、水が豊富でなければ出来ませんから、
似たような仕組みだったのかもしれませんね。
製鉄の行程も似ていたのかな?



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

one0522様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

西部劇ー!

うわぁ、懐かしいです。
小さい頃はテレビのロードショーで父とわくわくしながら見てました。
渋いおじさま達がすごくかっこよくて、母にバンダナを巻いてもらって、父と西部劇ごっこしました。

ドアを開けるときは、「手をあげろっ」と言うのがお約束。

砂金は粒が大きいのかしら。
ザルでわしわしっと採っていましたね。

日本での製鉄の歴史においては、古代は鉄鉱石を用いていたことは、判明しています。
鉄鉱石と製鉄方法が伝来したのは、ほぼ隣国であるようですが、この点は研究が行われております。

鉄鉱石がじゃんじゃんあるなら、とろけ出す温度が低いこれを製鉄に用いる方が手っ取り早い。

しかし、日本での製鉄は砂鉄を用いるたたら製鉄操業が主流となります。

弥生時代には既にガラス製作技術があり、1400~1500℃の高温度が得られていたことも要注意です。砂鉄による操業の必要温度と一致します。(丹後半島の遠所遺跡では砂鉄による製鉄で、ガラス工房も付近にあり)

日本は地質上、鉄鉱石より風化花崗岩等が多いこと、豊かな森林資源があること、雪解け水等の水資源が豊かであること、等様々な要因により、砂鉄が主流に。

ここで、重要なのは、たたら製鉄操業で不純物を取り除いたケラを部位毎に分け、さらに鍛練により炭素等を除去する、トンテンカンの鍛冶です。

さて、

日本のような自然環境になく、鉄鉱石が豊富に産出する諸外国。

砂鉄を用いている所は少なく、鉄鉱石とコークスを溶かして行うのが主流のようですね。不純物を取り除きますが、ゆるい。

北欧では湖から採取した砂鉄で鉄器を作りますが、同じ砂鉄を用いても、熱して固めるだけで、あとはトンテンカン。

溶かして、固めるのは簡単です。

ドイツ、イギリスでは製鉄の始まりは鉄の武器の使用の始まりと同時期です。

日本刀が世界中から注目されるのは、その固さ。

たたら製鉄操業、大鍛冶の工程で不純物を取り除きまくり、さらに小鍛冶で玉鋼を伸ばしては折り返した日本刀は、芯があります。

細かな工程を繰り返して行う日本の製鉄は、ものづくりの原点。
もっともっと誇っていいと思います。

あれ?長くなってすみません。

それからコメントの件ですが、当方では承認制にしてますので、いただいた後に私が見て、承認するまで内容は公開されず「承認待ちです」と表示されます。

お暇な方が訳のわからんことを言ってるときがあり、お目汚しになります。そんなものは、さくっと削除です。

あたふたさせて申し訳ないです。

ありがとうございます

ご丁寧に、解説を頂き感謝しています。

承認待ち、了承いたしました。
変なコメントなどありますね。
私の場合は、無視していますが、つねまるさん式が良いですね。

お騒がせして申し訳ありませんでした。

これからも、素晴らしい写真と記事を楽しみにしています。

one0522様

こんにちは。

長々とお話して失礼致しました。

悪口や意地悪なものはあまり来ないですが、アフィリ目的のものがあるので鬱陶しくて。

どうせそんな人は再訪問してコメントを見ることなんてないでしょうから、サクサク削除です。

one0522様にいろんなお話を教えていただくと、とても楽しいですし、勉強になります。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼