「鉄穴流し」と棚田の風景。たたら製鉄が生み出す景観

こんにちは。


たたら製鉄操業によって作られるのは、


ケラ。

これを部位毎に分けて(大鍛冶)、日本刀や鉄器にトンテンカン(小鍛冶)。

ケラは、「かねへんに母」と書きます。

鉄のお母さん。まさにこれ。


たたら製鉄の材料は、砂鉄。

滋賀県に数十箇所分布する古代製鉄遺跡では「鉄鉱石」を用いていますが、時代が下り中国山地で盛んに行われたたたら製鉄操業では、砂鉄を原料とします。


この砂鉄、どこから来たのかな?


【砂鉄の種類】

砂鉄は、主に花崗岩などの岩石の中に含まれます。


砂鉄の採集場に残ってました。

砂鉄は採集する場所によって、山砂鉄、川砂鉄、海砂鉄があり。


①山砂鉄

風化した花崗岩系の山を崩して採取するのが、山砂鉄。
たたら製鉄操業では主に山砂鉄を用います。

②川砂鉄

山砂鉄が河川に流入し、下流域に堆積したものを採取するのが川砂鉄。


浅い下流域で作業するので、船底が平ら。

③海砂鉄

川からさらに海へ出た砂鉄は海浜に打ち上げられて砂浜のように堆積。
これを採取するのが海砂鉄。


【砂鉄をとりましょ、お山から~♪】


奥出雲をドライブすると、棚田が連続。


これは熊野古道の近くの、丸山千枚田(三重県)。

平地の少ない山間部で見られる棚田は、一枚ずつが細かいですが、


ごく最近に整地されたように大きな田んぼが丘陵一帯に広がります。

この奥出雲の風景を作り出したのが、たたら。


《山砂鉄の採取方法》


風化した軟質花崗岩などが露出する山。


風化してるので、サクサクと切り崩す事が出来ます。


山砂鉄の山土に対する含有量は、0.5~10%程度。

山の上に貯水池を作り、


切り崩した山土を、水路(走りまたは井出)に流し込むと


押し流される間に土砂は破砕されて土砂と砂鉄が分離


分離された砂鉄は下場(洗場、本場)の砂溜まりに堆積。


さらに選鉱場で土砂と砂鉄を分離。

この山砂鉄の「採取」と「選鉱(洗鉱)」を「鉄穴(かんな)流し」といいます。


慶長年間に出雲に入った堀尾吉晴が慶長15年(1610)斐伊川上流での鉄穴流しを禁止しており(日立金属『たたらの歴史』)、これ以前から行われていたことがわかります。

最盛期は18世紀中頃。

幕末期の記録『芸藩通志』『日本山海名物図会』『鉄山秘書』等に残っており(和鋼博物館『鉄穴流し』)、これは同時に奥出雲でのたたら製鉄の発展時期と重なります。


しかし、下流域では。

膨大な土砂が下流に沈殿し、川床が上がり天井川となり洪水発生。

また、鉄穴流しに用いる水は農業でも灌漑に必要。
河水の汚濁により潅漑ができなくなる。

このため、鉄山師と農民との間で争いが起こり、藩命による鉄穴流し禁止令がしばしば出されることに。

よって、砂鉄の採集は普通秋の彼岸から春の彼岸までの「冬場の農閑期」に限って行われました。


「奥出雲のたたらと棚田の文化的景観」

鉄穴流しの跡地や、土砂流出によって膨大な土砂が下流に堆積して生じた平地は田畑として耕作され、山内(さんない:たたら集団の集落)の食糧の一部を補いました。今日、中国山地で棚田として残っているものはこのようにして形成されたものが多いのです。
(和鋼博物館)



大切な所は削らず島のように残るのが奥出雲の棚田の特徴。


砂鉄と山土を流すための貯水池と水路は、農業でも活躍。

奥出雲町の横田地区では3分の1以上の水田に当たる535ヘクタールが鉄穴流しで造られたとか。


《たたら製鉄と森林保護》


たたら製鉄には砂鉄と共に大量の炭、つまり、広大な森林が必要。

たたら1カ所、大鍛冶場2軒で年間130町歩(約1.28平方km)、30年伐期で3900町歩(約38.67平方km)の森林が必要。(明治期の絲原家の見積による)

産業として持続するには、森林資源の永続的な確保が必須。


そこで松江藩がとった政策が「出雲鉄方法式(てつかたほうしき)」

享保11年(1726)松江藩は、領内の鉄師9人、たたら10カ所、大鍛冶場3軒半に限定して独占的な経営を保証し、鉄師が持つ山、他人の山、村人達が所有する山で焼かれる炭を買う特権を付与。

伐採する場所と範囲を細かく取り決め、森林保護に努めました。


山をおハゲちゃんにすることなく森林保護をしながら炭を作り、山砂鉄採取後には農地を広げた結果が、この地域の景観。

「奥出雲のたたらと棚田の文化的景観」として売り出し中です。



いつも応援いただきありがとうございます。
たたら製鉄により生み出された農地は、奥出雲特産の「仁多米」を育てます。美味しいお米と豊かな水のあるところには、無論、美味しいお酒がありまして。うっはうっはな地域なのですわ。稲刈りの終わった間抜けな時期に訪れたので、春の田植え時や黄金に輝く秋にまた行きたいです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
なるほど・・・鉄と棚田の関係は、面白いですね。
意外に感じました。この分野も、奥が深いですね。
流して鉄を分離も、アメリカの金鉱みたいで、
面白いですね。アイアン・ラッシュ!?(笑)
ps 大阪・温泉>有馬が近くに(笑)

執念深い・・・

昭和の女は情念深き女だと教わりました。

ここまで「たたら」に執念を燃やす方は何と表現したらよろしいのでしょうか?「しつこい?」「粘着気質?」(笑)

「日立金属のたたらの歴史」は分かり易いのですが、何気に身近な「鉄」の知識は、小生も含めてあまりにお粗末かと・・・(汗)

知らなくとも人生が勤まるのは確かですが、貴殿のような「鉄の宣教師」も必要だと思いますw

「村下(むらげ)さん」がどうしても「村下孝蔵」に重なる小生は昭和でございます。
砂鉄と炭と炉が融合する世界は、村下孝蔵ワールドのようだと勝手に思っております・・(笑)

hmd様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

山地にありがちな単なる棚田だと思っておりましたが、どうも違和感がありまして。
記事にありますように、棚田の中に島があるんです。
小さな棚田にも、斜めにまっすぐな水路か道がついていて。

とても不思議な景観です。

それがたたら製鉄の産物だと知り、何と豊かな産業があったものだと感動しました。

今回は奥出雲ですが、中国山地で見られる棚田等の景観の多くは同じたたら製鉄によるもので。

あまりに広範囲なので、どれ程の砂鉄を採取し、鋼を生み出したのか、まったくもってびっくりです。

あ、金鉱。

そうです、それを取り入れたもののようですのよ。

アイアンラッシュです。

温泉。

そういえば有馬温泉はお隣の兵庫県ですが、あんまり行かないですねぇ。お高いですし、混んでますしねぇ。
大阪府だと、犬鳴山温泉とか、能勢温泉かしら。

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうよ、わったしはぁ~昭和の女ぁ~♪

すみずみまでお読みいただいた上でのコメント、ありがたいです。
とても嬉しいです。

身近な「鉄」ですが、そもそもその鉄はどないして作ったん?とは、私も菅谷高殿へ参りますまでついぞ考えたことなどなく。

幸いなことに、直近で古代と中世の操業を見学したことが拍車をかけましたね。えへへ。

たたら製鉄そのものの魅力もありますが、何よりもいろいろな方に出会い、実地でお話をお伺い出来たことが大きいです。

「あれは何だ」「それは何だ」「何をしてるのだ」と阿呆丸出しで質問しても、丁寧に答えてくださる村下さんや複数の大学教授、日刀保の皆様がいらしたので、知る楽しみを満喫出来ました。

ほんとに、楽しかったです。

また、これはどうやったのかなぁ?という疑問に対する答えが、遺構としてそのまま残っており、目で確かめる事が出来るのも、大変素晴らしいことだと思います。

山城も、「知りたい」人がいて、らんまるせんせのような先達の方々がそれに答えて、さらに遺構がででんっと残っているのですから、同じですね。

お目目キラキラの初心者さんが、私のようにどっぷりとはまるように頑張って魅力を伝えてくださいまし。らんまるせんせのお役目ですよ。

好きだよっと言えずに初恋はぁ~♪

遠くで好きな君を探すなんて奥ゆかしいことなく、「好きだー!!」と突進できるとは幸せなことでございます。

No title

なーるほど。
たたらと棚田、こういう関係になってるんですか!!
≪山をおハゲちゃんにすることなく森林保護をしながら炭を作り、山砂鉄採取後には農地を広げた結果が、この地域の景観。≫
現代よりずっと良く考えられてるじゃありませんか。
昔のほうが、資源を大切にしたのねぇ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そーおなんです。

たたらと棚田、こんな素敵な関係になってました。

資源が枯渇しては産業そのものが立ち行かなくなることを、よく知っていたんでしょうね。

松江藩はたたら製鉄のおかげでウハウハでしたから、永続するよう上からの保護を行ったのだと思います。

この棚田の風景、とっても美しかったです。

鉄穴流しの水路と確定しており、地域の方々が作った展望台があるので、峠越えして大原新田という場所まで参りましたが、わざわざ行かなくても国道の両側に棚田がずーっと続いていました。

数百年続いたたたら製鉄操業のもたらした風景、とってもよかったです。

また、休耕田が見当たらないのも、なんとなくホッとしました。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼