スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅谷たたら山内。たたら製鉄と村下(むらげ)さん

こんにちは。


村下(むらげ)さんのお話。


村下とは、たたら製鉄操業の総技術監督。
つまり、操業の全責任を負います。

たたら製鉄操業の際の、炉の粘土の採取場所、炭と砂鉄の投入のタイミング、砂鉄の配合等は全て門外不出&一子相伝。

かつては各鉄師の所有するたたらの数だけいた村下さんも、現在は、国内で1人だけ。

文化財保護法による選定保存技術保持者。



日本で唯一残る菅谷高殿。

この菅谷高殿の建物でたたら製鉄操業が行われたのは、
宝暦元年(1751)から大正10年(1921)。

※この地域で製鉄が始まったのは鎌倉時代


炭と砂鉄の反応を助ける炉は、村下さんの内緒の土製。


たたらでどんな鋼を作るかにより、異なる砂鉄のブレンド。

そして、大量の炭。
備長炭のようにカンカンに締めてはならず、不要物と共にノロとして排出するため小さく砕かねばならず、調整が必要。

これらを用意して始まるたたら製鉄操業。


操業は、三昼夜。これを一代(ひとよ)と呼びます。

この間、約30分毎に炭と砂鉄を投入。つまり、寝ずの番。


炉の下をのぞいて具合を見たり


炉の縁にこぼれた炭などをお掃除したり炉のひびを埋めたり。

お仕事は多岐に渡ります。


単純に燃え盛っているように思える、炎ですが

「初日の籠もり期には朝日の昇る色に吹き、二日目(中日)は太陽の日中の色に吹き、最後の日の下り期には日が西山に没する色に吹けと父の村下から教わった」(堀江村下(故人)談)


操業開始直後の「朝日の昇る色」の炎。


中日期にあたる「太陽の日中」の炎。

共に同じ操業の際の炎です。


近代角炉操業でも引き継がれた黒い村下装束。

たたら製鉄操業の時、お向かいにいる村下さんの黒装束を背景に炎の色を見たといいます。


炉の内部の砂鉄と炭の反応は、

送風管上の「ほど穴」から見る炎の具合で確認。


炉の中を直視して確認する村下さん


「片目ずつ見なければ両目をやられる」


遠くから見てもこの強さです。

長年に渡って高温の炉内を直視するため、村下の眼は強い光によって衰えを早め、ついには全く視力を失うに至る、と。(鉄の歴史博物館)

時には水蒸気爆発も起きたというたたら製鉄操業。

過酷なお仕事です。


操業を始める時には、高殿前の川で身を清め

たたら製鉄を人に教えた神様である金屋子神様へお参りしま


どこ行ったー!?


菅谷たたら山内の金屋子神様の祠にお参りし、高殿へ。

金屋子神様のタブーについては別の回にしますが、村下さん関連では


☆金屋子神様は女の神様なので、女嫌い

つまり、月の穢れ、産の穢れを忌む、と。

村下さんは、奥さんがそれの時には操業をお休み。


☆金屋子神様は、血の忌を嫌うが、死の忌は嫌わない

腕の立つ村下さんが死に、どうしても鉄が沸かなくて困ったとき。
村下さんの骨を掘り起こし、たたら場の押立て柱に括りつけたらよく沸くようになった、とか。


金屋子神様、恐るべしっ。


金屋子神様へお参りした後は高殿へ向かいますが、奥に見える坂は


村下さんだけが通ることを許される「村下坂」


高殿内部には、村下さん専用お休み処

三昼夜続く操業の間は約30分毎に炭と砂鉄を投入するため、仮眠しかとれません。


草履の着用は、村下さんだけ


「菅谷たたら山内(さんない)」。

山内(さんない)とは、たたら製鉄操業を行う建物(高殿)を中心とする関連施設と、たたら製鉄従事者が暮らす集落一帯のこと。

高殿に近い長屋は、


一番、二番、三番、と格付けされたそれぞれの村下さんち。


10月に見学した中世たたら操業再現では、村下さんと二人のお弟子さんが携わっていましたが、村下さんは全体を眺め適宜指示し、二人のお弟子さんが実際の作業を担っていました。


炉の上部にあるでっぱりが、前と後ろの境目。


砂鉄投入を行うのは、二人の村下さんのお弟子さんのみ。

他にもいる村下見習いさんは、手を出せず。


二人の持ち場は境目で各々決まっていました。


炉の製作から炉を壊し鋼を取り出すまで実に細やかな作業です。

たたら製鉄において、その存在がなければ成り立たない村下さんのお話でした。


※操業の画像は新見市の中世たたら操業再現


いつも応援いただきありがとうございます。
現在の村下さんは、とても気さくなおじいちゃま。一緒に焼き芋食べたり、炉のそばで細かく説明して下さったり。古代、中世たたら操業の復元において大勢の方々が文化祭のように楽しく集まるのは、村下さんのお人柄によるところが大きいかと思います。たたらの炎が途絶えることのないように後継者育成に尽力された村下さんは、御歳80越え。絶対に長生きしていただきたい方です。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!

今日は、京都も寒かったです。
高野山では使わなかったカイロを使ったぐらいですから。
嵐山の渡月橋に吹きわたる風が冷たく感じました。
京都の紅葉は、ほぼ終わっていましたi-238

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

寒かったでしょー!?

山の方は雪かしら?なお空でしたものー!

四条河原町の駅を上に出ると、どすんっと寒いのが、京都のイメージ。

ここ数年なら今でも紅葉は残ってますが、今年は紅葉が例年通りだったそうです。

先日、カメラを持たずに紅葉狩りをしましたが、たまにはいいですね。
あそこがきれいかな?あ、日差しが足りない、とか、なくて。
とってもお気楽単純に、きれいねー、すごいねー、っと楽しめました。

でもしずか様なら紅葉の盛りの京都もご存知ですね(*^^*)

No title

つねまるさん、こんにちは。

まさしく「ファイアー!」ですね。
このおっちゃんたち、何か造っているのですか。
伝統技術を伝承している団体なのでしょうかね。

島根県には、たたら製鉄のミユージアムもあった気がしますが、そことは違いますし・・・。

この時期、焼き芋を炉にイッパイほり込んで、見物人に振舞ってくれると嬉しいですねー♪

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おっちゃん達は、中世たたら製鉄操業を復元して、鋼を作っています。

村下さん、お弟子さん達は、日本刀に用いる玉鋼を作るために作られた団体「日刀保」でたたらによる製鉄操業を行うプロ集団です。

島根県に点在する各たたら製鉄の博物館では、安来市の和鋼博物館が年に一度、古代たたら製鉄操業の復元を行っています。
(弊ブログの「たたら製鉄操業見学」カテゴリに記載)

たたらの炉の温度は1500度まで上げるので、おいもさんは一瞬にして炭になってしまうかと。

新見市の中世たたら製鉄操業の復元時には、別の焚き火で焼き芋を作ってくれました。
あまーくて、とっても美味しかったです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。