真田丸第47回「反撃」大坂城外堀を埋めた鉱山の職人

こんにちは。

慶長19年(1614)大坂冬の陣。

大坂冬の陣で徳川軍は佐渡・石見・但馬・甲斐・伊豆から金堀職人を集めて天王寺口の三ヶ所から掘って城に入ろうとした。しかし土が悪くてうまくいかなかった。(『難波戦記』要旨)


銀山のような岩盤ならいざ知らず(画像/生野銀山坑道)

堀底トンネル案、失敗。

そこへ登場するのが、間宮新左衛門直元



生野銀山は豊臣直轄でしたが、関ヶ原後の慶長5年(1600)、徳川家康が直轄地とし、「但馬金銀山奉行」を配置。

初代「但馬金銀山奉行」が、間宮新左衛門直元

間宮一族の後裔には、樺太探検で有名な間宮林蔵、『解体新書』の杉田玄白(杉田間宮氏)等がいます。(『武家家伝/間宮氏』より)


慶長19年(1614)。
間宮は、生野銀山より町役人・下財(坑夫)100人余を引連れ大坂冬の陣に参加。


大阪城を攻めるのに「外堀の水抜き」を提案。



間宮は、生野銀山に加え多田銀山や近くの鉱山から集めた坑夫達によって大阪城の堀の水を抜き、川を堰き止め、塹壕を堀り。

が、12月15日。

間宮新左衛門直元、大阪冬の陣で、没。享年39。


間宮の推挙で家老の山川庄兵衛が二代奉行に就任。


12月18日。徳川の阿茶局&豊臣の常高院、和睦交渉。

19日講和条件合意、20日誓書が交換され和平が成立。


大蔵のおばはん(大蔵卿局)がやらかした「埋めてしまいましょー」「埋めてしまいましょー」。


真田丸も外堀も、埋めまーす。

普請奉行:松平忠明、本多忠政、本多康紀

家康の名代である本多正純、成瀬正成、安藤直次の下、攻囲軍や地元の住民を動員して突貫工事で外堀を全て埋めた後、1月より二の丸も埋め立て。


冬の陣後の「外堀埋めちゃえ作戦」に貢献したのは、

初代「但馬金銀山奉行」間宮新左衛門直元率いる生野銀山の面々や、石見銀山等の職人達。


埋める時に立ちはだかる堀の水。

まずは、これを抜かねば。

生野銀山の面々は、大阪城の堀の水を抜き、川を堰き止め。


生野銀山では、手作りポンプで排水。


地下を掘れば湧水は常につきもの。


大がかりな排水も行っていますので、得意分野(画像/石見銀山)


かくして、大坂城ははだかんぼー。


この水抜きには、

石見銀山からも、竹村丹後守(竹村九郎右衛門嘉理(嘉政)/石見銀山の奉行)が堀子達3百人を連れて出陣し、外堀の水抜き作戦の功で感状を与えられています。(『島根県歴史人物事典』)

生野銀山では?


そう、かぶをもらいま

・・・「加奉」です。


大阪城の外堀の水抜き工事は、落城に大きく貢献。


生野の坑夫の親方(地親)達(特に奥地域)は馬に乗り、奉行に従い、時には奉行の代わりに指揮をとりました。

地親は元々、奉行の下で町方支配や銀掘りの指図をしていましたが、
この大阪城での功により彼等を「奉行に加わる」を意味する「加奉行(かぶぎょう)」と呼ぶようにと沙汰が下ります。

ご本人達は、加奉行とは畏れ多いと謙遜し、「加奉」と唱えるように。(『銀山旧記』)


以降、生野銀山での地役人は独自の役職名として庄屋・名主ではなく、年寄、加奉、年行事等と称し、殆どが世襲。

これは明治維新まで継続します。


※間宮は生野だけでなく統治範囲の他の但馬の鉱山からも集めており、地親から「加奉」となった記録は中瀬(養父市関宮町)、明延(養父市大屋町)にもあります。




また、翌年5月の大阪城落城後。

生野の「加奉」達は戦場での働きを賞され、次の事を許されます。(『難波戦記』『藤垣家文書』)

①孫の代まで名字帯刀

②各自・先祖の名を町名として付ける事



特に、大坂城の外堀の「西横堀」「道頓堀」「長堀」の三か所の町名に水抜き御用に手柄のあった奥地区代表の名前を付けることを許されます。

大坂の町名に残った奥地区代表の名

小 野  藤右衛門、平右衛門、権右衛門、助右衛門
新 町  次(治)郎兵衛、九郎右衛門、久左衛門、茂左衛門
奥銀屋  吉左衛門、七郎右衛門、宗右衛門
相 沢  孫左衛門


(「生野史談会・一里塚12号『大阪のど真中に町名を残した銀山の加奉たち』」/ 佐藤文夫著/平成19年)


「長堀次郎兵衛町」「長堀平右衛門町」は長堀川界隈に明治5年まで存在。
「助右衛門」は西横堀川にかつて助右衛門橋が架かっていた。
「宗右衛門町」「久左衛門町」「吉左衛門町」「久郎右衛門町」は道頓堀に。


知らなかったねぇ。

※宗右衛門町の由来は17世紀中頃に「町年寄」を務めた“山ノ口屋宗右衛門”の名に因んだものとの説もあるなど諸説あります。


☆☆☆本日の団右衛門☆☆☆


名刺整理中。

このあと、

「うるちゃーーーいっ」 by 毛利勝永(岡本健一@男闘呼組)

・・・ぷ。


いつも応援いただきありがとうございます。
兄上のお気の毒な膝枕の話、面白かったですねー♪今回の大河、大坂の陣の結末を知っていても、何とかあれこれひっくり返して幸村(信繁)に勝たせたくなります。あ、大坂城の画像は無論現在のもの。つまり、大坂の陣で埋めて壊れた後に徳川が威信を示すために再築した姿です。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

へええー、そうなんですか。
確かに、簡単に「堀を埋める」といっても、水を抜かないことには仕事が進まないものねぇ。
真田丸、本当に常高院さん達を行かせたのは、幸村だったのかしら。
もっと知恵を授けてやらなかったんだろう、と思ってイライラ。
「狼の中に羊を送り出す」ようなものでしょう?
何であんなことをしたんだろう。ブツブツブツ
やっぱり、家康と豊臣、最初から太刀打ちできるわけが無かったんじゃないかな。

はじめまして

ヨリックと申しております」

いつもながら、写真につけてあるコメントがとても面白いです。

No title

男闘呼組にじわるwww
おっさんになっても岡本はカッコいいけど。
お通さんの扱いってあれでいいのかと思った回でした。

No title

こんばんは~

そうですよね。
堀だもん水抜きが必要なんだ。
土で埋めただけだと思ってた^^;

ここで間宮家が出るとは恐るべし^^
壮大な工事だったんだろうなぁ^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。お邪魔します。
ついに外堀埋め~の話まで来ちゃいましたね~
水抜きでの銀山の方々のご活躍をつねまるさまから伺い、
この後の結末、、史実でわかっていても
やっぱり大逆転目指して信繁さん頑張れーー!!になっちゃいます。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そぉーなんです。大坂の陣で頑張ったのは、武将だけではなかったということで。

実際の現場は、船頭さんではなく、技術者が担ってたのですね。

真田丸、ちょいと主役押し押しな面は致し方ないと思います。
常高院さんを選び行かせる権限が幸村にあったかどうか、ねぇ。

タイガースな有楽斎殿にすればよかったのになーっとか、歌のお姉さんには酷だわよ、っとか、悶々としました。

この当時、老獪な家康に太刀打ちできる人って誰がいたのかなー?っと考えてしまいました。

ヨリック様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おほめのお言葉、ありがとうございます。
とても嬉しいです。

現場へ行くのがモットーですが、うぎゃー、肝心のアレがなーい!とあたふたすることも多く。

一ヶ所で百枚は撮影してもこの有り様。
何とかお伝えしたくて、誠心誠意書き込んでおりまする。

ヨリック様には物足りない内容かもしれませんが、あははははーっと笑っていただけたら幸いです。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

宇喜多君も男闘呼組でしたが、いやぁ、おっさんになってさらに味わい深くなったええ男に会うのはいいもんですねぇ。

一緒に歳をとるのも悪くないです。

お通さん、あれはどうなんでしょう?

私にはむりくり取り繕ってるようにも見えましたが。
ツンデレしてる奥の気持ちをくみ取れよーっと。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

生野銀山を調べるまで、堀の水は盲点でした。

戦うぞー!うおー!な武将だけでは戦はならず、手に職の技術者集団も配置したのは、家康の経験値かな?

外堀外堀と簡単に言いますが、大坂の陣の前後の地図や現在の大坂市内地図を見ると、これはもう都市計画区域全部の土木工事に等しく。

水を抜いては埋め、抜いては埋め。抜けなければよそへ流し。
家康、江戸でやってましたなぁ。

江戸と違うのは、建ち並んでいた建物も一緒に埋めたところぐらいじゃなかろうかと。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ついに来ましたねぇ。一年、早かったですねぇ。

水抜き話、覚えていてくださりありがとうございます。

坑道をじゃーじゃーと流れる水の勢いはなかなか怖くて、真っ暗の中で作業していた当時の人々の水に対する悪戦苦闘はさぞかし大変なものだったろうと思います。

まさに手に職。

一発逆転して、やったー!っと叫んで欲しくなる大河ですね。
そして、勝利宣言は、あの美声@直江様で、ぜひ。

生野銀山行ってきました

つねまるさん、おはようございます。

生野銀山は先日行ってきましたが、この抗夫たちが大坂冬の陣に駆りだされた話は知りませんでした。
勉強りなりました。ありがとうございます。

しばやん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

しばやん様の生野銀山記事、とても簡潔でわかりやすかったです。

銀山旧記等の資料をパラパラと見ていたら、この大坂の陣での活躍が目についたのと、地元の山神社でお話したおじさまがこの件について、とても誇りをお持ちだったので記事に致しました。

ちょうど、銀山駐車場へ右折せず直進する先の集落になります。

今年は舞台の秋で終始してしまったので、しばやん様の記事で紅葉狩りさせていただきました。

いつもありがとうございます。

No title

これは面白い記事ですね~

冬の陣後の「外堀埋めちゃえ作戦」に貢献したのは、

初代「但馬金銀山奉行」間宮新左衛門直元率いる生野銀山の面々や、石見銀山等の職人達なのですね。


大蔵のおばはんの「埋めてしまいましょー」には参りましたね(^_^;)

それに、キリの足が攣ったには大笑いしました!


しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うわーい、しずか様にほめられた♪

各大名は命令だけですから、実際に現場で誰が何をしていたのかはとても興味深いです。

専門家がいるのといないのとでは、大違いですね。

大蔵のおばちゃん、こういう人、いるいるー!とお仕事現場を思い出しつつ見てました。
横で何度張り倒したくなったことか。

きりさん、孤軍奮闘でしたね。
はじめは鬱陶しかったですが、今はこの人のおかげで楽しいです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼