たたら角炉伝承館。たたらの炎、消える

こんにちは。

中世たたら製鉄操業(ケラ押し法の場合)おさらい。


内緒の土でブロックを積み上げて炉を作り


内部は下へ行くほど分厚くします。


炉の下部に吹子から空気を送る送風管を設置。


炭と砂鉄を交互に入れて、を繰り返し


炉の下の穴から流れ出てくる、ノロ(不要物)。


砂鉄と炭と炉の土が反応。

砂鉄(酸化鉄)の還元作用(酸化の反対)が起こり、炉の内部で鋼が育ちます。


炉を壊すと


分厚かった炉の土は食べられて薄くなってまして。


底には育った鉄のかたまり、ケラ(かねへんに母)が出来ていて


池に入れて一気に冷やして


立派なケラの出来上がり。

これをお肉のように部位ごとに仕分けして(大鍜治屋)、出荷。


「たたら製鉄」操業により出来上がる銑鉄(せんてつ)はリンなどの不純物が少なく、粘り強くさびにくい高品質なもの。

しかし、毎回、炉を壊すため非効率。(→お値段がお高くなる)

明治に始まった「近代洋式製鉄法」(高炉製鉄)にはコストで適わず。

これを改善しつつ、しかし、あくまで「砂鉄」と「石炭」による優良な鋼を作ろうと鉄師達が生み出したものが、


「角炉」※目をこらすとガラスケースの中に大きな煙突。これが角炉。

炉が粘土から耐火煉瓦の炉となり、壊すことなく連続操業が可能に。

角炉の初めは、明治26年官営広島鉄山落合作業所(布野村)。



角炉の理屈はこの中世たたら炉と同じ。


角炉上部より炭と砂鉄を投入。(画像は2階部分)


右の黒い人は、村下(むらげ・たたら操業の総監督)装束。


水車を動力として送られる空気は、送風管を通り炉の下部へ。


最下部から、熱々の銑鉄が流れ出てきます。


さぞかし熱かろうと。


西洋式の製鉄は、鉄鉱石を原料に溶鉱炉でいったん銑鉄(せんてつ)を作り、転炉に移して2次製錬し鋼に変える「間接製鋼」

これに対し、たたらは炉の中で1度で鋼ができる「直接製鋼」


「炉の上段と中段が溶鉱炉、下段が転炉に当たる高度な技術が『たたら』」(村下さん談)


この角炉導入により、生産量は大幅に増大。


ここは、たたら角炉伝承館。

かつて松江藩鉄師頭取役をつとめた櫻井家の槇原たたら高殿があった敷地に建ちます。


裏山には、金屋子神社。


槇原たたら高殿は、文久元年から大正11年まで操業。

昭和10年。櫻井家は奥出雲で最初に角炉を導入。


地下構造は高殿のものをそのまま利用。

終戦まで操業。

「もう軍需産業の鉄は必要ない」と、角炉の送風を止めた櫻井家当主。

これにより約3百年に及ぶ櫻井家の製鉄の火は消えました。



唯一残ったのは、奥出雲の鳥上木炭銑(せん)工場(現日立金属安来製作所鳥上木炭銑工場)の角炉でしたが、昭和40年、閉鎖。

これをもって、一度、たたら製鉄の炎は途絶え、

昭和47年。

「日本刀の原料となる玉鋼の供給」を目的として、日本美術刀剣保存協会(日刀保)により、たたらは復元。

現在も、「日刀保たたら」として操業中です。



たたら角炉伝承館
《住所》島根県仁田郡奥出雲町上阿井1325-6


櫻井家住宅からほど近くの国道432号線沿いです


いつも応援いただきありがとうございます。
あくまでも炭と砂鉄から作ることにこだわりを持ち、何とか近代化しようと苦心惨憺する鉄師達。炉を壊さず連続操業が可能になる点で非常に大きな変革です。しかしそれでも洋式高炉や輸入品にかなわず、角炉での操業も終焉。今は復元された角炉と水車小屋だけが残ります。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

コスト削減するのって大変なんですね
技術では負けてないと思うのに・・・

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

ふむふむ・・・なるほど(^^)
日本の製鉄の歴史は、砂鉄みたいですね。
関東の九十九里浜や銚子外川も、戦前まで盛んだったと聞いています。
海岸鉄山の様な!?

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

安価なものに対抗する伝統産業。

たたら製鉄操業で銑鉄がどういう理屈で出来上がるのか、なぜそれが素晴らしいものになるのかは、完全にはわかっていないそうです。

先人達が工夫して作り上げたたたら製鉄ですから、理屈はどうでもよくて、結果としていいものが出来ればそれでよし、だと思いますのよ。

堺市の刀鍛冶さんとこで包丁を見ましたが、ヤスギハガネのブランドは高級品。でも、研いで使えば長持ちするし、よく切れるからかえって危なくないです。

hmd様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

例えば、滋賀県に多数存在する製鉄遺跡は、鉄鉱石を用いた製鉄が多いそうで、ではその鉄鉱石はどこから来たのか?と。

これはもう、鉄はどこから来た?的な古代ロマンになって手に負えないです。

日本では砂鉄を用いるたたら製鉄が主流となるので、砂鉄を含む岩が風化し堆積する地域では、たたら製鉄操業が行われます。

房総半島地域では、おっしゃる通り、海砂鉄を用いているようですね。

たたら製鉄は大量の炭を必要とするので、遺構は山の中になります。
房総地域でも内陸部に遺構があったと思います。

海砂鉄があるということは、その上流にも砂鉄があるわけで、この遺構で行われていた当時は、もしかしたら山で山砂鉄を採取できたかもしれませんね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼