スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松江藩のたたら製鉄と鉄師。不昧公本陣・櫻井家住宅

こんにちは。


塙団右衛門、参上。

大河「真田丸」記事はこちら⇒⇒⇒真田丸第46話「砲弾」塙団右衛門参上!
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-1107.html

大坂の陣で討死した塙団右衛門を祖とする松江藩の鉄師・櫻井家のお話。


【松江藩とたたら】


たたら製鉄を行うには、大量の炭を砂鉄と共に投入。

大量の炭、つまり、広大な森林が必要。

たたら1カ所、大鍛冶場2軒で年間130町歩(約1.28平方km)、30年伐期で3900町歩(約38.67平方km)の森林が必要。(明治期の絲原家の見積による)

一発屋ならば伐採しまくって山をおはげちゃんにしてしまいますが、産業として持続するには、森林資源の永続的な確保が必須。


そこで松江藩がとった政策が「出雲鉄方法式(てつかたほうしき)」

享保11年(1726)松江藩は、領内の鉄師9人、たたら10カ所、大鍛冶場3軒半に限定して独占的な経営を保証

合わせて鉄師が持つ山に加え他人の山や、村人達が所有する山で焼かれる炭を買う特権も付与。場所と範囲を細かく取り決めます。


この時定めた鉄師9人は、炭焼きのための広大な森林を所有する大地主でもあり、面々は

櫻井家(奥出雲)、田部家(雲南市吉田町)、絲原(いとはら)家(奥出雲)、卜蔵(ぼくら)家(奥出雲)、杠(ゆずりは)家(奥出雲)等

このうち、櫻井・卜蔵・田部・絲原は「4鉄師」として維新後も残り、大正の「一斉廃業」まで続きます。


《鉄師・田部家》


永代たたら製鉄操業を行う高殿。高殿として現存唯一の建物。


炉は操業の都度壊しますが、地下構造は永続して使用可能なので「永代」たたら。


何度もこうして操業されたのでしょうね。(新見市中世たたら再現)


菅谷の高殿を中心とする吉田地区は、田部家のたたら。


《鉄師・櫻井家》


櫻井家といえば、ダンえもん。

わたくし、かなりお気に入り♪


《団右衛門長男、第2代直胤(なおたね)(1592-1652)》

父・団右衛門が大坂の陣で討死後、母方の旧姓「櫻井」を名乗り、可部郷(現・広島市可部付近)、高野(現・広島県庄原市/たたら製鉄の地)で製鉄業を開始。

《第3代櫻井三郎左衛門直重(1619-1679)》

正保元年(1644)島根県奥出雲町上阿井呑谷へ。

屋号を「可部屋」(第2代直胤が移り住んだ「可部郷」より命名)とし、
「菊一印」の銘鉄を生み出します。

この「菊一」。

琵琶湖東側、長浜在住の鉄砲鍛冶集団である「国友」。
幕末まで製作されたいわゆる「国友鉄砲」の、特にネジの部分に用いられたのが櫻井家で鍛えた「菊一」。

「国友」の年寄脇国友一貫斎藤兵衛より「最も良い鉄砲地鉄」として認められ、櫻井家は松江藩から「御鉄砲地鉄鍛方」も命ぜられます。


《第5代櫻井源兵衛利吉(1699-1773)》

1726年、松江藩「出雲鉄方法式」制定。
たたら製鉄操業は9人の鉄師に限定。

利吉は、「鉄師頭取役」に。

また、現在の櫻井家所在地(奥出雲町上阿井内谷)に居を構え。


山奥ですけど・・・(T▽T)


元文3年(1738)築の母屋は、第5代利吉当時のものが現存。


太線が重文。


櫻井家住宅前には、川。

斐伊川は、上流で山砂鉄を採取したことにより下流に砂鉄が堆積。


《第6代櫻井勘左衛門苗清(1749-1819)》

藩主は、松平治郷(不昧公)。お菓子 お茶好きな藩主。


塙団右衛門の四女は、伊達政宗の側室。

不昧公の正室は伊達宗村の娘。何となく親近感。


櫻井家を本陣宿とし、以降藩主が訪れること6度。

住宅内部は、廊下が殿様用と家臣用に段差がつけられ、殿様部屋は高くなるなど、お迎えする櫻井家はとても気配り。

さらに。


享保3年(1803)不昧公の初訪問に際し作られた庭園。

ご機嫌な不昧公、庭園内の滝を「岩浪の滝」と命名。


江戸時代後期の南画家・田能村直入が逗留した掬掃亭(きくそうてい)


・・・謎である。


池の水は下の川へ放流。途中に水車。


後に賓客用に作られた新座敷。


さすが鉄師の家。


一番高い所に金屋子神をお祀りしています。


櫻井家住宅・可部屋集成館

島根県仁多郡奥出雲町上阿井1655




参考文献
可部屋集成館展示資料
可部屋集成館図録


いつも応援いただきありがとうございます。
大河「真田丸」で塙団右衛門が登場しなかったら悲しいなーと思っていたので、しっかり名札を配り夜襲もかけていたのでとても嬉しかったです。櫻井家住宅には資料館が併設され、代々の当主が集めた美術工芸品や、たたら製鉄の道具類や歴史の展示が充実しており、とても見ごたえがありました。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~

意外な繋がりってあるんですね^^

本陣になるなんて凄いな~
6度も来るなんて名誉だけど大変そう^^;

ぽちぽちぽちーーー☆彡

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

車でも松江から小一時間。なかなかの山奥です。
鉄師頭取役は櫻井家だけでなく、絲原家も任じられており本陣にもなっておりますが、どちらも藩主お迎えにふさわしい風情と造りでしたよ。

奥出雲のたたら製鉄は、刀剣の原材料である玉鋼や、鉄砲の材料をとる「ケラ押し法」が主ですが、大きなケラの中にはお茶で用いる鉄釜などのお道具の原材料もあります。

どちらも不昧公の好物だもんなー、そりゃ、うきうきしながら来るよなーっとほほえましかったです。

No title

こんばんは、kotodayoriです。

真田丸、見ました。大将だけで夜襲をかけている不自然さはありましたが、勇ましい「塙団右衛門」の話は面白かったです。
そんな武士の子孫が「たたら製鉄」を興していたのですね、歴史の面白さをまた知りました。

また、いろいろと教えてください。よろしくお願いいたします。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おっ。

真田丸、ご覧になりまして?うふふ。
大河を見ていると、もしかしてこのまま大坂城側が勝つのじゃないかと錯覚するほど元気でしたが、そうはいかないところが辛いです。

勇ましい塙団右衛門、いいキャラですね。

名を売り、実を得るためにせっせと営業。
まずは名刺交換、よろしくね、の場面が企業人にはよくわかるお話でした。

団右衛門討死後、長男が仕えた福島正則が治めたのは、安芸広島。
北部の山間部は奥出雲と接しており、共にたたら製鉄を行ってきた地域です。
これが身を隠した後に生業として製鉄業を行うことになる要因かと思われます。

あっちこっちへ旅すると、思わぬ収穫があるものですね。
今年の島根旅はそれを実感致しました。

冬の間はおとなしくしていようと思いつつ、きっとまたどこかで「こんなのありましたー!」とご報告するような気がします。

あ、今朝、始発で京都へ参りました。
カメラを持たず、ゆっくり楽しむぞー!と決めて、ぶらぶらと。
きれいな紅葉はどこだー!?っとあたふたするのも楽しいですが、撮影しなくていいお散歩は、とても贅沢なひとときを過ごすことができました。

あぶり餅食べて、贅沢な金平糖をお土産にしました。

kotodayori様は今年の紅葉をどちらでご覧になったのかしら。
また、記事を楽しみにしております。いつもありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。