伊弉諾神宮の社殿を観察。すると、ながーい友達が。

こんにちは。あまりに暑いので、会社からの帰りにところてんを買いました。わくわくわく。

三杯酢のさわやかーな味をお迎えするべく用意された舌と胃なのに。

黒蜜のところてん

を、買ってきてしまった。

私が求めたのは、もっちゃりまったり極甘な世界へようこそー!な、ところてんではない。

仕方がないので、ポン酢をかけた。

「お鍋には、ま、ろにー、ちゃん♪」…になってしまった。ううう…(T_T)関西のところてんには、注意しなくては。


さて。伊弉諾神宮。

昨日はうっかり正門を出てしまったので、もう一度入ります。




お参りお参り!


文政〇年四月吉日の銘。
「あ」には見えないお口が素敵…。


からかってはいかん。


二人とも、大人の事情ですか?ほう。


お賽銭箱にも光る神紋。


拝殿背後に控える幣殿の中門。


古来、ここが神域でした。


本殿のこの形を「流造」といいます。正面の屋根が長く(非対称)、曲線を描いているのが特徴。


平安後期から見られる神社の建築様式。


ね。


花粉症はスギだけではない…。


本殿横に、このようなものが。


鉄砲玉かと思った。


わかったから。もう、亀はいいから。




いつも応援いただきありがとうございます。また亀さんに戻ってしまいました。次回はお社いろいろをお届け…したい。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


すみません…ぽちぽちぼっち、ありがとうございます。



おまけ

文蔵先生のこの手が好きです!!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ところてんのお味ってなかなか興味深いのですよね。
実家は酢醤油にお砂糖でした(両親東北出身)。
甘くない酸っぱいの食べた時の衝撃は異常でした。
私は寒天が苦手でアレなんですが←既にお話になりません
あゝまた食べ物に食いついてしまいました。すみません。

頭髪感謝祭というものを行ってるそうですね(おもしろいから調べました)。
某育毛会社も奉賛してるらしく。
…奥が深すぎて理解し辛いですw

さかした様

こんばんは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ところてん。

愛知県西部育ちの私は三杯酢に青のりとゴマ少々、お箸は一本で、です。関西に来て、黒蜜にはぶったまげました。葛きりやーん!?な。

神と髪。目が点々になりましたよー。お手水の亀さんに登場してもらって何とかオブラートに包んだつもりですが、もう、ねえ…。面白いですよねー。

髪は

長い友達^^
危機一髪の方々がお見えになるんでしょうか^^

こちらのエース狛犬(拝殿前)は何かのプレイちゅぅ?川* ̄д ̄*川イヤン
個人的に、こういう骨太っぽい体格のワンコ(←おぃ)が好き^^

時乃★栞様

おはようございます。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ここの狛犬氏、後ろ足のもものむっちり感がたまりません。うふふ。
骨太わんこ、いいですよねー。

No title

こんばんは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
ところてんは、ところ変われば品変わるですね~
ところてんの故郷はどこなんでしょう(笑)
今やコンビニでも売られてますよσ(゚ー^*)
ただし三杯酢使用のものですが^^

まり姫様

こんばんは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

もうねー、あむぁいところてん、本当にびっくりしましたの。
まり姫様ならお分かりになりますよね?スガキヤ。

私にはスガキヤのところてん、が、一番古い記憶なのです。
さかした様のコメントから察するに、東北のところてんは、甘酸っぱいようです。青春かー!?

そうか、コンビニに行けばいいのですな。

いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

No title

ちょっとおもしろいところてんサイト見つけたのでよければ覗いてみてくださいまし。
ttp://www.rakuten.ne.jp/gold/i-kappa/tokomap%20folder/tokomap/
(直リンしておりませんのでお手数ですが最初にhを入れてください)

うちの両親は宮城なんですけど、東北でも全然食べ方違ってびっくりです!

と、なんかまたところてんですみませんー( ;谷)

さかした様

こんばんは。
見ましたー!面白いです。からし…は、入れたかもしれないなあ。
赤味噌の酢味噌は、そうめんにかけて食べましたが、ところてんにかける愛知県民もいらして、ほっとしました。

東北のところてん。甘いのかしら。

あー、暑い。ところてん、食べよう。ポン酢でもいいや。

情報ありがとうございました。楽しかったー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼