中世たたら製鉄操業見学(4)炉の解体と操業の終了

こんにちは。


あちあちあっち。


きれいですねぇ。


熱いけどっ。


最後のズクを出した後、炭と砂鉄の投入を止め


13時より、送風管等を外しまして。


炉だけが、ぽつーん。


いよいよ、炉の解体が始まります。


かぎ先のついた棒で引っ張って


少しずつ炉の壁を落とします。


壊すのが容易なのは、


作る時に粘土ブロックを積み上げる構造だから。


炉の内部ではまだ火が残っているので、炉壁は高熱です。


熱いやら砂ぼこりやらで、たいへん。


切り込みを入れて、


引っ張って落とす作業を繰り返し。


ちびちゃんになったところで、炉の解体は終わりです。


ケラ押し法の場合(安来市和鋼博物館)


砂鉄は、炭と炉の内側の土の作用による還元反応で炉の中で成長。


炉を壊して、ケラを取り出し


冷やしました。


今回は、ズク押し法なので、


炉の下からノロ(不要物)と共に流しだし


必要なズクは、冷えたらパッカリとノロと分離します。


なのでちょっと平ぺったい形。


あとは炉が冷えるのを待って、底に残ったズクを取り出します。

ポイントは、炉壁の厚さ。


操業前はこれだけの厚みがあり、


底の方が分厚い「Vの字形」になっていたものが


壁が薄くなり(特に手前)、Vは拡がって凹形になっています。

砂鉄の還元(鉄にくっついた酸素を取る・酸化の反対)に、炭と炉の内側の土が反応を助けるため、炉が食われた感じです。

さて。

これで一昼夜続いた中世たたら製鉄操業再現は、おしまい。


そうね、そろそろ。


ばいばーい。

名残惜しいけれど、炉とさよならして、大阪へ戻りました。


いつも応援いただきありがとうございます。
砂鉄と炭を入れて、の繰り返しですが、操業を行う村下(むらげ)さん達の動きや炎の色、下から流れ出る真っ赤な鉄、どれもが初めて見るものばかりで、とても面白く拝見しました。はるばる新見市まで走ってよかったです。これにて中世たたら製鉄操業見学は、おしまい。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

炉は壊しちゃうんですね^^

重さが・・・私より軽かったような・・・ゴホン

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

ふーーーん
ズク押し法とケラ押し法。
今読ませていただいても、私なんてちゃんと理解できないのに、昔の人はどうしてこんな方法を考え出したんでしょう。
ノロちゃんとズクちゃんが押し出されて、ノロちゃんは捨てられちゃうんですね。
本当に感心してしまう。
ズク、長野では「根性、頑張り」のことを「ズク」というけど、関係は無いですよね(笑)
何となく「ズク押し法」に目がいってしまうのよね。

こんばんは!

まあまあ、こんなところまで見学されたのですか!
これはまた貴重な画像をありがとうございます(#^.^#)
にしても熱そう・・・(・_・;)
作業される方のご苦労、お察しします。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そう、炉は壊してしまうんです。

ただ、操業設備で大がかりなのは地下構造で。
水蒸気爆発を回避するための湿気除去構造が石や炭を用いて何メートルも掘り下げて作られています。

その上に、操業前に炭を焼いて灰にして、叩いて固めて、炉を作ります。

いかに壊しやすくするかを求めたらレンガ積のように粘土のかたまりを重ねる形になる、と。

売買可能な大きさにするには、ほんとに大量の砂鉄と炭が必要になるんだなー、こりゃ大変だなーっと思いました。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

砂鉄を用いた製鉄自体は、6世紀頃から行われていたようです。
その前は輸入したであろう鉄鉱石を材料にしていますが、まだまだ真相は不明らしく。

刀剣を作る玉鋼は、ケラ押し法で作ります。

戦後、武器製造を禁じられた中で、刀剣は美術工芸品としての製作のみ認められますが、その材料となるたたらが不足し、各関係団体の協力により「日刀保たたら」を設立。たたら製鉄操業が可能になりました。

よって、お仕事として営業しているのは、ケラ押し法になります。

製鉄の需要は武器だけでなく、農具や生活に使う釜とか、様々。
用途別に砂鉄を使い分けたというよりは、「採取する土地ごとに砂鉄にあった製法をした」方が近いかもしれません。

赤目砂鉄のとれる土地ではズク押し、真砂砂鉄のとれる土地ではケラ押し、後にブレンド。

おっ。そちらでは、根性押し!とりゃー!になってしまいますね。
ものすごく頑張らないといけない感じがすごくいいですねー。
操業、まさにそんな感じでしたよ。

あ、製鉄のズク、は、かねへんに先、「銑」と書きます。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

えへへへ。岡山県まで遠征して何をしてるやらです。

作業されている皆様は平気なお顔をされてましたが、絶対に熱いと思いますのよ。

防炎の装具を付けておいでですが、襟元や背中には焼き焦げが。あち。

たたら製鉄操業を実際に見たかったので、とてもいい経験が出来ました。鉄子と呼んでください。おほほ。

火遊び大好き?

きんさんぎんさん・・・?金山銀山の鉱物シリーズがとうとう究極の中世の製鉄までのめりこみましたか。素晴らしい。小生は八幡製鉄しか知りませんもの・・(汗)

ハワイのマウイ島の溶岩流を思い出します。(が、ハワイは行きましたが火山は見ていません)
日本刀の美しさはこの製鉄技術ならでは。しかしその効率の悪さから明治時代には忘れ去られたんでしょうね。

たき火とかキャンプファイヤーとかBBQとか熱いの好きです。でもこの熱さはヤバイです。
古来より培った日本人の伝統技術、是非後世に残して欲しいものです。

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いよいよ山城シーズンに突入しましたね。忙しくなりますねー♪

本を読んでもわからないことは現地へ行くのが一番。

鉄を使うことはあっても作るなんて考えたこともなく。
製鉄を知らずに遺構を追っかけてもわかるわけないので、んじゃ、行っちゃおーっと走り回った次第でございます。おほほ。

銀山探検から、ギューっと方向転換しましたが、まだまだ興味津々になる遺構が多数。なまじ行ける距離だけに、たちが悪いですね。

奥出雲のたたら製鉄は、鉄師達が一斉に操業を止めました。

昭和まで近代化した製鉄炉を作り操業しておりますが、輸入品に敗北。
また、山砂鉄を採取するためには山を崩しますが、川へ土砂が流入し、下流域の川底が上がって洪水が発生するなど環境面からも継続が困難になりました。

たたら製鉄の炉内での反応の理論はまだ解明されていないそうです。

村下さんの経験に頼る操業ですが、砂鉄から鋼を得る技術はずっと引き継がれるべきものだと思います。

日本刀はたたら製鉄がなければ成り立ちませんもの。

暗い中でパチパチと燃える炎を見つめるのは、大好物です。
松ぼっくりを拾い集めてちまちまと燃やして、ぼーっと見つめながら飲む酒は美味しくて止まりません。

BBQとは、大っぴらに真っ昼間から酒が飲める実によろしいレジャーでございますわ。おほほほほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼