富田八幡宮(1)砲丸投げ狛犬。あるいは招きこま

こんにちは。


富田八幡宮へ。

富田八幡宮のはじめは、月山富田城のある月山に鎮座していた式内社・勝日神社を、保元年間に平家の将悪七兵衛景清が富田の城郭を築くにあたり現在地に遷座と伝わります。

月山富田城の築城経緯が不明のため景清云々も伝承かもしれませんが、勝日神社が月山に鎮座していたのは、延喜式に名前があることから、確かなのでしょうね。

その後、八幡信仰の隆盛と共に八幡宮が本社となり、勝日神社は境内社へ。


神門。


さりげなく手の込んだ門。


まさかこんなに奥が深いとは。


楼門です。


狛犬さーん@逆光


おおおっ。狛犬界では有名な砲丸投げ狛ちゃーん♪


きゃー♪ちび狛、いたー!!

うはうは。


私も私も♪


投げてごらーん。


ちび狛もとても丁寧に彫られています。


真っ赤な舌。なかなかの迫力ですな。

犬歯なども細かく彫られ、石工さんの愛情がみっちり。


砲丸投げというより、まねきこま。


宿題は先に済ませましょう。


ちび狛、さめてるよ・・・。


どうしたー。


さりげなくちび足 on かーちゃん。


いばりんぼーのお顔。


そりゃそうだ。


宿題するのね?


え。


こら。


とーちゃんの孤独な背中。

毛の流れがとても細かく、きれいなきれいな狛犬さんですね。


うふふふ。


いつも応援いただきありがとうございます。
砲丸投げ狛犬さんは、大阪府堺市の開口神社で初めて会いましたが、島根県安来市でも出会えて嬉しいです。我が家も父と二人でこそこそっと抜け出して、遊んでました。真っ赤な顔して怒る母の前で二人で正座。生き生きとした狛犬さんを見ると、こちらもわくわくして元気になります。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

≪真っ赤な舌。なかなかの迫力ですな。犬歯なども細かく彫られ、石工さんの愛情がみっちり≫
本当ねぇ~
私、全然気付かなかった。
さすが、つねまるさんだわ。
お母ちゃんの足の上にさり気なく足を乗せてるのもカワイイ。
ここで質問です。
尼子氏は「アマコ」 でしょうか 「アマゴ」でしょうか?
私、ずっとアマコだと思ってたんだけど、アマゴの写真になってたでしょ?
自信が無くなって来た。

No title

こんばんは~

いまさらだけど「とみた」じゃなくて「とだ」って読むんですね^^

玉乗りは見るけど、玉投げ狛は初めて^^
子狛可愛い~~~~~~~~
ママンの足にアンヨを乗せてるのがラブリー
あぁ癒される~~

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

おはようございます。

砲丸投げ狛犬さんは私も開口神社で見て、個性的な子だなぁと印象に残っています。

でも何故、球を手のひらではなく、手の甲にのせているんでしょうね?

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

富田八幡宮にこんなかわいい狛犬さんがいるとは知らず、とっても嬉しかったです。

牙が彫られた子は多いですが、わんこのような歯並びできちんと彫られているのは珍しいなぁと思いまして。毛並みのくるくるも深くて、とってもいい子達です。

尼子の読み方ですが、いわゆる尼子氏の場合はあまご、となるようです。
人の名字の場合は、あまこ、の方もおいでの様子。

浅井があさい、あざい、等々力がとどろき、とどりき、のようにいろいろあるのかなと思います。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

がっさんとだじょう、ですね。
ふりがなつけとかないとわからないですね、すみません。

この子、どうやって投げても足元に落ちそうな。
確かにわんこの骨格はこうだけど、でも、もにゃもにゃ。

ママンの上に足をのせて、ちょっと甘えてる感じですね。
ほんと、癒されるこまーずです。

たっつん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

開口神社の砲丸投げ狛犬くん、大きかったですね!
お向かいの子狛は私もエクソシスト~を思い出しましたが、今は通じないのかしら?

わんこの骨格はこの通りなのでしょうけど、出来れば蕎麦屋のおかもちみたいな手つきにしてほしいですね。

あーらよっと~♪
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼