美保神社(3)案山子な神様・久延毘古命とちび狛犬

こんにちは。


美保神社。


社殿に向かって右奥へ行くと


境内社にちび狛ちゃん。やほー。


ほぉー。


聞こえません。

で、どちら様がおいでなのかしら?


・・・頑張れ。

美保神社HP(2016.10.20閲覧)によると、

①《若宮社》
天日方奇日方命(あめひがたくしひがたのみこと)


美保神社祭神の「事代主神」の御子神ですって。

②《今宮社》
太田政清霊(おおたまさきよのみたま)←誰

《秘社》神号不詳

ひ、ひ、秘社ってなんなのー!?


すごいなっすごいなっ!

いや実は、


コピー&ラミネートの名札で「糺(ただす)社御同座中」

境外末社「糺社」が最近合祀されたようです。


祭神は、久延毘古命(くえびこのみこと)



ある日、大国主 in 美保。

海の彼方から天の羅摩船(あめのかがみのふね)に乗って現れたのは


鵝(ひむし/蛾)の皮をまとった親指ぐらいの小さな神。

誰だ誰だとあたふたしていると、多邇具久@ヒキガエルが言った。


(画像はトノサマガエルだそうです。10.21追記)


そこで久延毘古に尋ねると「その神は神産巣日神の御子の少名毘古那神(すくなひこな)だよ」と答えた。


「久延毘古者、於今者山田之曾富騰者也、此神者、足雖不行、盡知天下之事神也」(『古事記』)

久延毘古は、今は山田の曾富騰(そほど/雨に濡れる案山子)。
この神は歩くことが出来ないが、天下の事を知り尽くした神である。


これは、少名毘古那神(少彦名命)と大巳貴命(大国主命)が兄弟の縁を結び、国造りをするお話へと続きます。



阿ちゃん、お手伝いありがと。


この子ちょっと男の子。


付け焼き歯?


すみません。


ほんとにちっちゃな狛犬さんです。


彫りも浅く素朴な子ですが、一生懸命作られたんだろうなと思います。


周りをへこませて大きく見せる工夫がされた、かわいい角。


そんなことないよ。体に散りばめられた模様も、かわいいよー。


私は筋肉痛で、しゃがむのが辛いです。くぅー。


参考文献
『出雲国風土記 全訳注 』(講談社学術文庫 / 荻原千鶴 )
『美保神社の研究』(弘文堂/和歌森 太郎 )
島根県立古代出雲歴史博物館「音曲の神さま-美保神社奉納鳴物(2014)」展示時のパネル・図録


いつも応援いただきありがとうございます。
壮大な社殿の奥に、さらっと立つ境内社。年代不詳の狛犬さんですが、とても個性的でかわいい子達。こんな出会いがあるから、お社へ行くと隅々まで歩き回ってしまうのですよね。「秘社/神号不詳」なんて初めて見ました。美保神社の周辺の十社以上ある境外社を何かの事情で合祀する時に備えて、予備スペースを作っておいたのかしら。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

大昔に子供向けの絵本的な古事記(有名な部分のみ抜粋)を読んだのを思い出しました^^
でも、こんなに一杯神様登場してなかった(笑

難しい話も大事ですが、こうして狛ちゃを愛でるのが至福の時間ですね^^
あぁ萌える(*´m`)

ぽちぽちぽちーーー☆彡

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

国譲りとか、のお話はとおーーーいんです、私。
なんというか、出雲神話が遠い。

せいぜいが、天の岩戸かしらねぇ。
何度読んでも頭に入らず、アナタハダレデスカ?な状態。

神社を訪れるきっかけが、狛犬さんを愛でることでもいいですよね。

この子達、名工の狛犬さんとは全く趣が異なる味わいがあって、夢中になって眺めてしまいました。

こんばんは!

今日も季節外れの暑さに参りました。
この時期にまだ半袖です(^_^;)
秋らしい秋はないまま、冬に行きそうですね。

いつもながら、つねまるさんの神社、狛犬さんの観察力に脱帽です!

No title

お初にお目もじ致します。
初コメで何ですが・・・・
写真の多邇具久氏は、ヒキガエルではなくトノサマガエルです。

・・・・すみません。カエル好きなもので・・・・・(^^;)
 

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

暑かったですねー。車の中は灼熱で、エアコンがんがん。
とても10月とは思えません。
でも、木々は少し色付いてきましたね。どうなるのかしら。

いやぁ。ただの狛犬好きなだけです。

あちこちの神社の狛犬さんを訪れるつもりでしたが、美保神社だけでもいい子がたくさんいたのでよそへは行かず、ゆっくりゆっくり愛でてしまいました。

きと様

こんにちは。はじめましてのコメントありがとうございます。

おおお、これがトノサマガエル!ほぉぉぉ。

ありがとうございます。ヒキガエルもトノサマガエルもわからないので、失礼しております。

カエルがお好きなのですね。
こんな小さな画像から名前がおわかりになるとはすごいなぁ。

またカエルの画像をのせたときにはご教授いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼