スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たたらの風景、棚田。砂鉄の鉄穴流しと刀鍛冶とんとん

こんにちは。

今日も、たたらでたらったら~♪



たたら製鉄の鉄原料である砂鉄は、どこからきたのかな。

元は小さな粒となって花崗岩などの岩石の中に含まれています。


砂鉄の採集場に残ってました。

砂鉄は採集する場所によって、山砂鉄、川砂鉄、海砂鉄があり。


①山砂鉄


風化した花崗岩系の山を崩して


【大原新田の棚田】水路(走りまたは井出)に流し込んで。

奥出雲等で見られる棚田は、砂鉄を採掘した跡に出来た平地を収入を得るため田んぼにしたため、形成されました。


大切な所は削らず島のように残るのが奥出雲の棚田の特徴。

既存の山の斜面に農地確保のために作られた棚田との相違点。


水路を流れる間に土砂が粉砕され、次第に土砂と砂鉄が分離。

砂鉄側を、いったん砂溜まりにためて、また流す。


【昭和47年まで現役の鉄穴(かんな)流しの遺構】

軽い土砂と重い砂鉄が分離し、最終的に、80%以上の砂鉄純度。

たたら製鉄で用いられる砂鉄は圧倒的にこれが主流。
山砂鉄があるから、奥出雲や中国山地にたたら製鉄が続いたわけです。


②川砂鉄

土砂と共に河川に流れ込んだ砂鉄は、延々と流れるうちに自然に土砂と分離。(山砂鉄と同じ理屈)

下流域になると川底に砂鉄が滞留。


浅い浅い川で砂鉄を採集したお船。


③海砂鉄は、川からさらに海へ出た砂鉄が、海浜に打ち上げられて砂浜のように堆積したもの。



たたら製鉄で出来たケラ(かねへんに母)は、どうなるのかなー?


業務用は大きいです。

この中から取り出したものが、刀剣の材料になる「たまはがね」。

ということで。

本日は、刀鍛冶を見学。


電動の送風機+ふいごで適宜送風。


真っ赤なたまはがねを、トントン。

刀鍛冶というと、昔風の装束を着た人がとんてんかーんっとするイメージですが、それはもっと先。

今日の作業は地味に、もっと前の


伸ばしては折り、伸ばしては折り。

刀剣はミルフィーユのように、伸ばした「たまはがね」が重ねられて出来ているんですね。面白いなー。すごいなー。


今日のシメには、お狐様。

こんなにしゅっとした狐面みたいな子、はじめましてです。

いい子に出会えて、ほくほくでした。



いつも応援いただきありがとうございます。
月に二度行われる刀鍛冶さん実演は、テレビで見るような三人がとんてんかんじゃないとこが、面白かったです。真っ赤っかなたまはがねの塊ですが、打つと「かーん」っときれいな金属の音がしました。むにゅっと埋まってしまわないのが不思議。そこまでどろどろじゃないんですね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、おじゃまします

島根県シリーズ、ここ行った!ここも行ったぁ!と楽しく拝見しております。
和鋼博物館は行ってみたい所ですが、未訪問、なおさら興味深く拝見しております。
毎回楽しい記事をありがとうございます!

No title

こんばんは~

刀剣ってミルフィーユみたいに何層も重なってできてるんですね。
叩いて伸ばしてのかとばかり^^

たたらって凄い沢山の工程を経て作られてるのが判りました^^
やっぱり、つねまる様の話は分かり易いなぁ^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

ご無沙汰しています

私も8日に刀鍛冶を見てきたところですよ☆
岐阜県ですけど・・・。

岐阜県関市の刀鍛冶は、文字通り「とんてんかん」でした。^^

No title

こんばんは。お邪魔します。
刀釼治、息つめて観てしまいそうです。
実際に間近でだと迫力も相当なものかと。。
お狐様、、切れ長のお目目が眉目麗しい美形さんでいらっしゃいますねー♡

真田丸、、先週ようやく(今頃かッ、、ですが)
パパ最期の回拝見し😢~~、、
で、直江様のひざ元のみ拝見でおお~~ッ(一瞬の期待から😢💦)
でございましたが、、
来週の予告編で雪村様改名の信繁様も御髪真っ白になられているようで、、 
いよいよ年末近し~と寂しい思いでございます。。

オトーサン様

こんにちは。いつもお世話になっております。
コメントいただき、ありがとうございます。

島根県へ来たのにろくすっぽ神社へ行くこともなく、私は何をしてるのかしら?と思いつつ、とても楽しかったです。

自分が行った所を他の方の記事で見ると、わくわくしますね。
オトーサン様にお楽しみいただけてとても嬉しいです。

和鋼博物館の展示物は、記事に書いた村下さんがプロデュースされたものが多く、たたら製鉄の事がとてもわかりやすくて楽しかったです。

館内のカフェ、美味しかったです。
中からは、安来港を遠目に眺めることが出来ました。

旅に出るのもブログを書くのも、楽しいのが一番ですねー。
あたたかい励ましのお言葉、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

日本刀の断面を見ると、色の違う芯と周りを包む鋼がありまして。
ミルフィーユのように重ねて重ねていくことで、丈夫な日本刀になるそうです。

西洋は、むにょっと形を作って研ぐだけなので、日本刀の強さには及ばない、と。

日本では鉄鉱石の塊は出ないんですって。

だから、風化した砂鉄を集めて鋼を作るようになりました。

奥出雲の地形まで作ってしまうほど大規模だったんですねぇ。

うふふ。分かりやすいと言っていただくのが、最高のごちそうです。
ありがとうございます。

みすず。様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

こちらこそ、ご無沙汰ばかりで失礼してます。

刀剣の鍛練、岐阜県のお客様も来てらして、「関があるのにわざわざとは、どうもどうも」と刀鍛冶さんが笑ってました。
「関市さんはお金持ちだから、大勢で実演してくれるんですねー」と愚痴ったり。

こちらでは、刀鍛冶さんが面白おかしく解説してくれて、爆笑です。
とんてんかーんの前の、どすんどすん、の工程ですが、「今はこうやってプレスも使いまーす♪」と、見せてくれました。ふっ。

関市の日本刀鍛練でも、こちらのたたらで作ったたまはがねを使っているそうです。というより、ここしか作れない、と。

私も関の刀剣の鍛練、見たくなりました。今も路面を電車が走ってるのかなー。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

刀鍛冶実演、それがですな、テレビで見るようなとんてんかーんっではなく、その前のとんとん、とんとん、の工程なので、地味。

でも迫力ありましたよ。あっちっちーのたまはがねを叩くと火花が飛びますし。

お狐様、しゅっとした美形さんですよね。
こちらじつは、バス停横の小さな小さな神社がおうちなんです。

パパ最期の回、ご覧になりましたのね。
くぅー、年月が早く過ぎたのねー!巻き戻したーいっと思いましたわ。

そう、お膝元だけのチラりずむ。
飢餓感がましましになりました。

予告編を見ると、おお、いよいよ師走が近いと。
ほんと、寂しいですね。

No title

一人でトントンするんですか。
トンテンカンじゃないんですね。
おまけにミルフィーユ!
折っては打ちを繰り返すんですね。
しかし、トントンやって刀を作るまで、どれだけの労力なんだろう。

↑ の記事、大山は夫の母の故郷です。
母は大山の麓から、北海道の滝川に行ったんです。
良く大山の話をしていました。
今思えば、一度だけでも連れて行ってあげれば良かったと思ってるのよ。
朝食から焼き立てパンが4種類って、凄いですよね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

とんてんかーんっとする工程の前に、地道な作業があるようで。
昔の装束で刀を鍛えるのは観光用で、普段は作業服で適宜機械を使ってのばすそうです。

鍛えるだけでなく、納める鞘や様々な付属品の職人さんも加わるので、新人が鍛えたものでもひとつ百万円するそうで。

まことに、美術工芸品だなぁ、と。

おや。義理のお母様のふるさとでしたか。

鳥取から北海道というと、鳥取藩士達の集団入植で釧路、を連想しますが、滝川に入られたのですね。

そこでお父様と出会われたのかしら。

反対に大山は戦後、引き揚げて来られた方々が入植してます。
香川の方が拓いた土地は、香川+鳥取で、香取村というそうです。

戦車で開拓とか、ものすごいです。

ペンション村はよその土地から来た人が多く、元からの地元の方のお話をいつかうかがいたいなぁと思ってます。

普段の朝食はパンとコーヒー程度なのに旅先だとこんなにいただけるものなんですねー。

焼き立てパン、ほんとに美味しかったです。
何にもつけなくても、そのままの味で満足。幸せでした♪
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。