石見銀山と温泉津、沖泊。そして美保神社へ

こんにちは。


昨夜は鉄分の多い温泉でした。


三瓶山に沸く三瓶温泉。

ぶわーっと走って


温泉津(ゆのつ)へ。

ここは、石見銀山の銀を運び出した沖泊等の港があった地域。


凛々しいっすね。


奥の院(元は本殿)は、あんなとこ。


温泉津温泉はなかなかパンチ力のある湯でして。


元湯温泉は、代々石見代官などが好んで使った温泉。


毛利氏などが築いた城跡もある沖泊の港。


お船を係留する時に使った石。

現存するものが少ないです。


出雲大社などは華麗にスルーして、美保神社。


母がすごく感激していた思い出の場所なので。


温泉津の湯にいささか湯あたりして、ちょっとへろへろ。

夜はお宿で撃沈しました。


いつも応援いただきありがとうございます。
温泉津温泉は、あっちっちーのお湯がかけ流されていますが、とても成分が強い感じがします。薬師湯さんの二階で少しぐったりしてました。あちぃー。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

温泉で湯あたりしたのかな?
宿で撃沈・・・逆を言うと熟睡^^

注連縄に島根を感じますね^^
ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

美保関神社
たしか「ふるさとの伝承」に出てきませんでしたっけ?
美保神社と美保関神社は同じ神社でしょうか。
自信が無くなってきました。
うーん、何かで関取が関係した行事があった気がしたんですが、頭がゴチャゴチャで良く分かりません。
温泉津温泉は成分が強いんですか。
どんな感じなんだろう。

万見仙千代様

美保神社でしたー。ありがとうございます。
すみません、訂正しました。
とりあえず御礼まで。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

温泉津温泉の湯は、成分が濃い濃い濃いままかけ流される素晴らしいものなんですが、あちーあちーで。

でも、やみつきになる温泉ですの。これが楽しみだったので、うきうきして出たり入ったりしてたから、すっかり湯あたり、どーん。

お宿は皆生温泉、てとこに泊まったんですが、夕御飯食べた後の記憶がないほど朝まで、ちーん。

いやー、よく寝ました。

注連縄、すごいですよね。ザ・出雲。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼