FC2ブログ

毛利と織田が争奪戦した岩屋。今は生しらす激うまです。淡路島。





岩屋は、古代より瀬戸内海航路の要所であり軍事上の要地でした。

岩屋の名は、「風土記」「続日本書紀」(石屋と記す)、「兵庫北関入舟納帳」(室町時代)に記されています。

源平合戦では、兵火に巻き込まれ辺り一帯を焼失。


1509年、大内義興が足利義植を奉じて京都に入ろうとした際に、絵島の山側、三対山山頂に「岩屋城」を築城。

(No imageです。だってすんげー藪なんです)

その後、天正年間(1573年から1592年)の織田VS毛利の海戦では、織田軍と足利義昭や毛利輝元の間で激しい岩屋の争奪戦が行われ、荒木村重が頻繁に手当て(政治・軍事両面の)をしています。




(古っ)。


関ヶ原後、池田忠興が淡路を領した際には、淡路島南側の由良に成山城を築城。岩屋城は廃城に。
その後。阿波国徳島藩主蜂須賀領となり、1643年に岩屋に藩邸を作り海上警固を厳重にします。

以降は明石と淡路島の航路の港町として栄えますが、明石海峡大橋の開通により現在は静かな港町の風情残る町となっています。


そして、4月下旬より岩屋では…


「生しらす丼」。
岩屋で水揚げした生しらす、激激うまですの。


おつゆ入れをどけなさい。


このあほーめっ!!


季節限定のうまうま食材です。淡路島では今年度は宿泊施設・食べ物屋さんなど48店舗で独自の生しらすをいただけます。

五つのこだわりの下、提供してくださいます。その中でも素敵なこだわり。

「一、水揚げ後『先取り』し、そのままの鮮度で瞬間冷凍する事
★水揚げ直後に地元加工業者へ持ちこみ瞬間冷凍する事でそのままの鮮度を閉じこめます。『先取り』とはセリをとばす画期的な取引方法。常識を覆すスピードを実現しました。」

→詳しくは 淡路島の生しらす さん をご覧下さい。(きゃー、リンクできたー)



道の駅あわじ海鮮館さんの、生しらす丼¥850
旬のお刺身と淡路島特産の玉ねぎのお味噌汁付き。

生臭さは全くなく、生しらすの甘味を味わえるここの素朴な丼が私は一番好きです。屋外のテラスで潮風に吹かれつつ食べると、また食べに来るぜ!っと誓ってしまうのです。


お金持ちにおねだりなさい。


いつも応援いただきありがとうございます。夏は生しらすに加え、沼島の鱧(はも)がうまうまですの。まさに御食國です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ひとつ、増えました。すみません…ぽちぽちぼっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~。つねまるさんはこちらのサイト主さんだったのですね!
実は気になっていてときどきこっそり覗いていたんです。
いつも面白い記事で、サクサク読めて楽しいです。

織田さんとたびたび争った岩屋ってここなのか!と思わずまじまじと見てしまいました。神社が建っているのが気になります。

それと、生しらす丼、おいしそうですね!
今度春に姫路に行った時には淡路まで足をのばしてみようと思います!
それではお邪魔しました。

トロロヅキ様

はじめまして。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます♪

え。こっそり…?きゃー。私もですの。…なんか、トロロヅキ様の記事の前では恥ずかしくて、こそーっと。

トロロヅキ様から見たら、憎き敵の織田と戦った場所ですね。そう、平和に地層を観察したり、生しらす丼を食べているこの界隈が岩屋です。

あ。神社は、見なかったことに。待って待って。さすがトロロヅキ様のお目の鋭さなのです。


でも、ご訪問とコメント本当にありがとうございます。嬉しいです。幸せです。

生しらす丼、お手頃価格なのに美味しいです。ぜひ、わっしゃーっとかきこんで下さいな。お土産は玉ねぎを。水にさらさなくても美味しいですよん。

なんか、ずーっと片想いの人に告白した気分です。こんなお馬鹿でよろしければ、今後ともよろしくお願い申し上げます。

わあ!

私も嬉しいです!
というか神社は今日の記事だったんですね!
長屋門が気になっていたんですがなるほど!と思いました。

織田さんは、憎くはないですよ~。
家康さんに比べれば(笑)
あ、でも地層の観察は私も地学を大学で少しかじっていたので興味深かったです!
地層が分かると山の頂が妙だなあとか人為的に加工されたのが一目でわかりますよね!

あ、あのもしよろしければリンクをさせて頂いてもよろしいですか?

トロロヅキ様

こんばんは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

地層等がお好きでしたら、淡路島はオススメです。今回は行ってないのですが、沼島に面白いものあります。
潮の時間を調べて行かれると、あひゃ、ってものが見れます。

リンクの件、こんなあほーでよいのでしょうか?
しかも愛知県出身ですよー。尾張ですけどっ!←ここ、こだわり。

ありがとうございます。
リンク先の皆様にはいろいろと教えていただきつつ、精進して参りますのでよろしくお願い申し上げます。

嬉しいな。

No title

しらす丼が…しらす丼が…(そこ?
食いしん坊万歳です。

さかした様

こんばんは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。


はい、うまいですよ。旬のお刺身も、新鮮な魚の甘味があって美味しくいただきました。

生しらすだけ大盛り丼、欲しいです。うふふ。

リンクありがとうございます!

こちらもさっそくさせて頂きました。
大丈夫ですよ、尾張出身でも!
秀吉さんなんて小学校の頃は憧れの武将第一位だったので全然OKです!
・・・三河出身でなければ全然かまいません!(笑)

沼島は調べてみるとまた面白そうな場所ですね!
広島の地層は基本花崗岩なのでこういった褶曲とかまず見られないのです。
だから他所にいったら山城跡と岩石の様子をチェックしています。

これからも宜しくお願いします!

トロロヅキ様

こんばんは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

なんというかねえ…尾張の皆様は故郷に錦、ではなく、尾張を踏み台にして出てった感が。

秀吉なんか、もう、大阪の太閤さんですもん。ぶう。

あ、地層。
私は専門外なんですけど、岩の性質が面白くて。鉄平石なんて金づちで割ったらたまりませんよねー。

今後とも末長くよろしくお願いいたします。

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼