生野銀山(11)銀山と山師と山神宮


金香瀬坑(観光坑道)入口は明治にフランス式で積まれた石積。上に山の神様。


こんな高さのあるところに


きっちりと管理されお祀りしてあるのが強烈な印象でした。


観光坑道出口は、江戸時代の滝間歩坑坑口を再現。

木組みが鳥居になっています。


江戸時代後期の手掘り洞窟に、金山彦命を祀る山神宮の分祠。


ろうそくの灯りだけを頼りに狭い狭い坑道を掘り進み、落盤の危険と隣り合わせ。

山の神様を祀り、みんなの安全と山の繁栄を願う。

それが、


山神宮(山神社)。

銀山へ向かう途中の町から、川を渡ります。


ブロッコリーに埋もれそうです。

山神宮は、生野銀山に鎮座していた二社を合祀。

奥山神+口山神=現・山神宮(山神社)in 明治24年(1891)

産土神の姫宮神社に対し、こちらは山の神様。


おしゃれ石灯籠。

背後の瑞垣に「大蔵山」の文字。


文政5年(1822)「太盛山(たせいやま)」

太盛山は、


手掘り洞窟の金山彦命を祀る山神宮の分祠に、御見石を奉納。

御見石とは、その年に産出された中で一番極上の鉱石。

質のいい石を産出した証し。

太盛山は、特に、明治の初めに金銀山として開発。


記念の石碑。

生野鉱山が宮内省から民間(三菱)へ払い下げられる時、生野町に6万9千円が下賜されました。

今のお金で、27億6千万円。


はて?


ひまそうですねぇ。


あははははは。


気を取り直して、山神宮(山神社)。


狛ちゃーん♪の手前に、「工作係職工中」奉納の文字。


狛ちゃーん♪の奥に、


「大亀山/漆垣太郎兵衛康信」

大亀山は、これ↓


大亀坑道入口と大亀ひ。

山師の漆垣太郎兵衛が登尾大亀山で、大亀が背中に銀石を乗せて這い出した夢を見た。

そこを掘り進むと、良質の鉱石が見つかりましたとさ。

文政10年(1827)に「御所務山」の認可。

※ごしょむやま:品質の高い鉱石がたくさん出る鉱山の中の最高位の山。役人が常時詰め監視監督にあたる。

天保元年(1830)に御見石を産出。


年に一度の山神祭に「御見石」を豪勢な飾幕で飾った山車に乗せ引き回しました。

この山神祭は、奥山神の祭礼。


こちらも、文政5年(1822)奉納。


太田治郎左衛門と足立太右衛門。

奥山神御宝前に飾る戸張(とばり=垂れ幕)の奉納者名にも名前が残るこのふたりは、「三大山師」に数えられる人。

当時の生野銀山三大山師は、

千珠山師 大野友右衛門
太盛山師 足立太右衛門
若林山師 太田治郎左衛門


千珠山は、近代まで優良な鉱石を産出した観光「金香瀬坑道」を有する山。


それが、この露天掘り跡(ひ:かねへんに通。樋のイメージで)。

「永禄10年(1567)堀切の山出来す。銀出ること夥し」(『銀山旧記』)

と記される生野銀山最大の鉱脈である千珠ひの一部で、非常に高品位の銀(自然銀)を産出。

江戸末期までの300年間で深さ200mまで掘られました。


このように、生野銀山に関わる人々の崇敬をいかに集めていたか、よくわかる境内。

とても興味深い山神宮(山神社)です。


ちび狛ちゃん、落ち着いて。



参考文献
『生野史(復刻版)/仏閣編』(原著:太田虎一/1996年)


いつも応援いただきありがとうございます。
先週のブラタモリは佐渡金山、今週の歴史ヒストリアは秀吉と 金儲け 多田銀山。エヌなHKは、鉱山押し押しなのかしら?銀の製錬法とか山師とか、面白かったです。しかしいずれも生野銀山を華麗にスルー。佐渡のブラタモリは、まぁ、いい。しかし、ヒストリアの、ばかー。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

山師
一攫千金を夢見て、諸国を放浪してる。
ある意味で、当てにならない良い加減な奴っていうイメージだけど、一山当てたらすごかったんでしょうね。
あの人たちは、どうやって金脈を見極めたんだろう。
絶対に人にはバラさなかったんでしょうね。
香具師とは関係ないんだろうか。

No title

こんばんは~

>27億6千万円

すごい太っ腹ですね。
昔、バラまいた総理大臣より凄い。

今回のシリーズは、当方のトラブル続きでちゃんと読んでなくてすいませんm(__)m

ぽちぽちぽちーーー☆彡

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

一山当てたら、ほんとに一攫千金だったんでしょうね。

生野銀山を見ると、探し当てるだけでなく定住し、屋号を持っていたようですね。
山神宮の奉納灯籠など、名前があります。

生野の場合は鉱山がぎゅぎゅっとあり、露出しているものがたくさんなのが幸いしたのかなぁ?

見つけ方、気になりますね。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ちょっと悲しかっただけですので、お気になさらず。

まー、巨額ですよね。

私鉄播但鉄道は、現在のJR播但線で、大阪から向かうと姫路でスイッチバックして北上するんです。

何故だか不思議だったんですが、生野銀山から延ばした事を思うと、なるほど、でした。

生野銀山で働いた人たちから取り上げる形なのですから、御下賜金もそりゃ必要でしょう、と思います。

今はもう、観光しかないかもしれない生野銀山。
過疎化しないことを祈るばかりです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼