生野銀山(10)産土神の姫宮神社、遷座の歴史。狛犬集合

こんにちは。


口銀谷の町から川の対岸に見える姫宮神社。

生野代官所跡から徒歩圏内で、市川が大きく蛇行する内側の山の上に鎮座しています。


橋を渡っておまいりします。


さっさと行けるから、階段。


きれいにお掃除された芝生。


整然とした境内です。


きゃー♪♪

阿ちゃんには、生野銀山の歴史を追いかけた今までの記事で、たくさんお手伝いしてもらいました。


叫んだり


おあいそしたり


叫んだり2。


ごめんよー。


こらこら。


コーギー狛犬。


それを言うなら、スイカかと。




【主祭神】豊玉姫命

【配祀神】素盞鳴命 大己貴命 軻遇突智神                   
【境内社】今宮社・春日社・川濯社・天神社・八万社

【由緒】

歴代の奉行や代官が産土神として崇敬したという姫宮神社。

応永34年(1427)但馬守護・山名時熈(ときひろ)が御立山に築城(生野城)の際に、城中鎮護の神として豊玉姫命を祀る。

天文3年(1534)大己貴命、慶長12年(1607)素盞嗚命を勧請。

永禄年間(1558-1569)社殿を生野峠山の西に遷座

天正12年(1584)銀山奉行・伊藤石見守の時、本町4丁目に遷座。

天正15年(1587)神道管領吉田家より、姫宮神社祀官・吉田左衛門尉盛継は神道裁許状を得て、吉田姓を与えられるも、吉田姓をはばかり三代目より山田姓に。(代々の裁許状あり)



狛ちゃんを探せっ。


慶長12年(1607)初代生野奉行・間宮直元は、生野の3神社に領地を寄進。

姫宮神社に10石、愛宕神社に7石、内山権現宮(熊野神社)に3石(寄進状現存)。

大火や洪水などの影響で口銀谷中心部の本町と宮町、絶峰(現在地)の地で遷座を繰り返します。

元和2年(1616)口銀谷2丁目玉翁院内に遷座。
寛永7年(1630)4月18日の町家の火災時に宝物、古記類を失う。
慶安2年(1649)類焼・煙害を避け、口銀谷字絶峯の麓へ遷座。
元禄11年(1698)口銀谷3丁目に遷座
宝永4年(1707)拝殿を建立。続いて幾度かの造営修理。

生野代官代々の崇敬を受けますが、明治へ。

明治6年(1873)10月、村社。
明治20年(1887)口山神を合祀
昭和2年(1927)1月、郷社
昭和11年(1936)現在地に遷座して社殿を新築。愛宕神社を合祀。


狛ちゃんを探せっ。


社殿の感じから、新しいだろなーっと油断した。


覆屋は後から増築されたのか、追い出されてしまったちびちゃん。


この子もいっぱいお手伝いしてもらいました。


お顔、初公開。


ずいぶん古く感じますが、昭和4年生まれ。


覆屋により通気と日当たりが遮られてしまったのかなぁ。


この子はだんだんお口が悪くなってしまって。


こら。


こらこら。


何でもございません。


参考文献

兵庫県神社庁「姫宮神社」
http://www.hyogo-jinjacho.com/data/6325001.html

参考文献
『生野史(復刻版)/仏閣編』(原著:太田虎一/1996年)


いつも応援いただきありがとうございます。
生野の町は人口の減少が大きく、お散歩中のおじさまは「立派なものを残すと、後の人達の負担になる」とか「ここもあと何年守られるかなぁ」と悲しい事をおっしゃるので、ほろりほろほろ。鉱山を閉鎖するということは、ひとつの町が消える事に繋がるのだなぁと実感しました。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

ようやく落ち着いて記事が読めると思ったら「狛犬祭り」だった^^

銀山に歴史あり、ですね^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。

≪鉱山を閉鎖するということは、ひとつの町が消える事に繋がる≫
そうなんですねぇ。
いっそ鉱山跡を利用して、観光で生きていくとか。
私もそうだけど、そういうのを見たい体験したい人って多いと思うんだけど。
でも、その気はあっても行ける人ばかりとは限らないし、世界遺産になりたがるのも分かるきがします。
「銀の馬車道」
確かに、採るには採っても、それを運ばなければ話が始まらないものね。
前に住んでいた所に「絹の道」っていうのがあったけど、それと同じね。
もっとちゃんと見て歩けば良かったと、つねまるさんの記事を読んで後悔しきりです。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

落ち着かれて何よりです。大変でしたね。

狛犬祭へようこそ。

銀山に歴史あり、の一言で終わられると必死に調べてきたのでとても悲しいものがありますが、暇潰しになれば幸いです。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

三菱も縮小し、外からのお金を稼ぐのは大変かと思います。

三セクのシルバー生野さんが母体となって、生野銀山を売り出しておりまして。
鉱物好きな方にはたまらないらしいコレクションとか、観光坑道をメインに頑張っておいでです。

関西ローカルの「涼しいとこへ行こう!」特集で時々生野銀山が取り上げられるので、結構な混み具合でしたよー。

ただ、全国区ではないかもしれないですね。
こうした自治体には世界遺産のブランドはとても欲しいものかも。

遠くへ観光に行きたい気持ちは溢れておりますが、地元関西にも見たいもの知りたいものがてんこ盛りもりもり。

先立つものが足りないし、なかなかお外へ行けないです。

絹の道、面白そうですね。

No title

つねまるさん、こんにちは。いつもお世話になっています。

生野の散歩中のおじさまの話は、生野に限らずあちこちの地方で、同様な想いでおられる方がおられることと思います。

昔は地方で経済が循環して、若い人も地元で普通の生活が出来たのですが、昭和40年代以降に都会資本が田舎の生産者の収入源を奪っていったことが引き金になって、若い世代が地元で生活できなくなって離れて行きました。
工業製品ならともかく、生産に広い面積を必要とする農産物が自由化の波にもまれ、その加工から販売まで大手企業に委ねられてしまっては、いずれ国土面積の大半が衰退していくことになります。

いまのような地方を軽視した施策は、長い目で見れば、国防観点からいずれ見直さざるを得なくなる日が来ると思うのですが、都会の消費者が田舎の生産者から直接農産物や加工品を買う動きが広まって、地方が再び豊かさを取り戻す日が来てほしいものです。

しばやん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

神社巡りなどで地方へ参りますと、疲弊しているイメージがあります。
棚田の多くは雑草に埋もれ、畑は原野。
企業下の巨大ファームのみ、厳格な管理下で頑張っている感じです。

PBブランドはどこへ行っても同じもの。
地方のスーパーで地のものを探すのが難しくなっていますね。
何で那智勝浦でインド洋の魚やねん、と何度思ったことか。

しかし、道の駅などで土地のお野菜を見て、「どんな農薬使ってるかわからんから地元のスーパーで買うし」の声を聞いたことが何度もあります。

消費者側に責任の多くがあると思います。

ネットで産直のものをいただくと、ほんとに美味しいですね。
これが一番手っ取り早い気がします。

私などがちまちまと買っても何のたしにもなりませんが、旅先では地元資本のお宿に泊まり、ご飯は地元のお店で一献二献十献、帰りは地元の名物をトランクに積載。

そんな旅をするように地味に頑張ってます。

行き先行き先にお友達(のんべ友達)ができて、何度も訪れてしまうのは、困ったわねぇと言いながら実はとっても楽しいです。

生野のおじさまは本当に悲しげでした。
せめて京阪神から継続して観光客が訪れるように、生野のいいところをもっとご紹介してほしいし、しないといけませんね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼