FC2ブログ

生野銀山(9)銀の馬車道とトロッコ軌道と、お金

こんにちは。

明治2年(1869)5月
政府は生野銀山を官営鉱山とするため、没収を決定(『生野鉱山景況書』)

「坑夫の立ち入る事を禁止。生野銀山町民は異議を唱え人心激昴する」(『工部省報告』)


徳川が耕し、明治が収穫。


今日は、輸送とお金。


明治5年~9年(1872-1876)
明治政府は生野に日本の「模範工場」として「世界一の製鉱所(精錬所)」を構築。

建設従事者 20万9千113人。
投資金額 20万1千640円58銭6厘5毛(当時の日当23銭)。

このうち、4万500人と8万8千384円を投じて作られたのが、馬車道。

生野銀山と飾磨津(現姫路港)、約49Kmを南北に結ぶ馬車専用道路です。

「生野銀山道」「生野鉱山寮馬車道」いわゆる、「銀の馬車道」


徳川時代、代官所がヘルプを頼んだ姫路藩は、ご近所さん。

ルートは、こちら↓


「銀の馬車道」より引用(http://www.gin-basha.jp/ginbasha/)


担当は政府が招聘したフランス人鉱山師フランソワ・コワニエと、技師長レオン・シスレー。


こら。

方法は「マカダム式」
道路を水田より60cm高くし、あら石、小石、玉砂利の順に敷きつめるヨーロッパの土木技術。排水性がよいそうな。

既存の街道を改修するので、市川を利用する船運や鉄道敷設より工事費は安価。

馬車による輸送は従来の8分の1となる計算。


口銀谷の鍜治屋町付近。鉱山で使うノミ等を作る職人さんの町。

「銀の馬車道」は、改修等を繰り返しながら現役の国道・県道。


行きなさい。

8万8千384円の内訳

工期は3年間。

建設費=5万2千500円(1円50銭/1m)
立ち退き費用=2万5千884円
シスレーのお給料及び経費=1万円

総額8万8千384円は、今の価値で35億円。(銀の馬車道ネットワーク協議会)

ちなみにシスレーの月給300円は、今のお金で、せんにひゃくまんえん


やってらんねぇ。


明治28年(1895)
姫路~生野間に「私鉄の播但鉄道」(現JR播但線)が開通。

大正9年(1920)
馬車道廃止。

生野鉱山本部(金香瀬坑道)から播但鉄道生野駅区間に、トロッコ開通。


市川沿いに軌道が残ります。


アメリカ製の6トン電気機関車、500ミリ軌道。


今は送水管が通っていますが、よく見ると樋の形。



昭和30年(1955)に飾磨港までのトラック輸送が始まり、トロッコ軌道のレールは撤去。

「連続するアーチによって壁面にリズム感が生まれ、石積み擁壁が持つ圧迫感を和らげています。近年、日本の近代化における土木建造物として評価が高まっています。」(現地説明板)


あの上には、姫宮神社。


この子達がいるとこ。


この辺りは


レールを復元。

ここまで遊歩道として整備されています。


この上は、口銀谷の町並みがいい感じでした。


参考文献
『生野史(復刻版)/鉱業編』『生野史(復刻版)/政治編』
(原著:太田虎一/1996年)


いつも応援いただきありがとうございます。
「銀の馬車道」の通る地域が、観光に繋げようと頑張っておいでのようです。馬車道で生野鉱山から姫路港へ運ばれた銀は、大阪の造幣局へ。この絶妙な位置が近代化を促進することにも繋がります。地図を眺めて、ふむふむ、です。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内緒様

ほんとにカオスですね。お鍋とヤカン、足りてますか?

早くもとの生活に戻りますように。

No title

おはようございます、kotodayoriです。

明治維新の魁 生野義挙について初めて詳しく知りました。1863(文久3)年の年表を見ると、新選組が結成された年でもありますね、良くも悪くも時代のエネルギーがあふれ出ていたころの出来事ですね。銀の馬車道に行ってみたくなりました。

また、よろしくお願いいたします。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

生野義挙は、私も但馬へ行くまでよく知らなかったのですが、現地へ行ってとても興味を持ちました。

あら。新撰組結成の年でしたか。

おっしゃる通り、よくも悪くもエネルギッシュな時代ですね。

銀の馬車道、何とも言えないろまんちっくな響きです。
実際は苦労の連続だったかと思いますが。

生野の南、福崎は銀の馬車道が通っておりますが、柳田国男の生まれ育った土地で、定時になると、ゆるキャラのカッパさんが水中から現れます。シュールです。

こちらこそ、今後ともよろしくお願い申し上げます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼