生野銀山(8)明治維新。官営、皇室、そして民間へ

こんにちは。


生野義挙はわずか3日で破陣しましたが、

ここから怒濤の幕末明治。


元治元年(1864)第一次長州征伐。

生野代官所支配地の播州は、諸軍進発の道筋に近いので兵站基地の役割を担い、兵糧米、人員の参加等を命じられます。

生野代官所支配高は、13万2石8斗3升5合(『森垣御用留』)

播州支配地は、1万3千2石
内訳:神西郡(5村)870石・多可郡(8村)1343石・加西郡(15村)4522石・宍粟郡(20村)6266石

人夫としての参加は、村高千石につき1人。よって13人参加。


竹田近辺の百姓が打壊し&強訴→追放処分。


慶応2年(1866) 第二次長州征伐

生野代官所支配高8万2千7百46石8斗4合7勺(『森垣御用留』)

軍資金1万5千両を負担、支配地の但馬より3百人が参加。


幕府、長州に敗北。



生野鉱山に休山命令。


慶応4年(1868)生野鉱山を薩摩一番隊と長州整武隊が占拠。

3万7千5百両を、接収。


もっと言ってもっと言って。


徳川幕府の奉行所に始まる生野代官所は、270年間の歴史に幕引き。

 
慶応4年(1868)
生野に、但馬取締役所と裁判所を設置(by西園寺山陰鎮撫軍総督)

(慶応4年9月8日より明治)

明治元年(1868)12月
「鉱山司出張所を生野におき朝倉清吾を鉱山司判事に任じ、コワニーを鉱山師とす。異議奮起、人心汲汲たり。」(『但馬考』)



明治2年(1869)1月
1月。鉱山司仮役所と生野鉱山学校、鉱山機械所を設置。

5月。政府は生野銀山を官営鉱山とするため、没収を決定(『生野鉱山景況書』)

貨幣制度の改革に伴う材料確保の必要から、政府の直轄鉱山に。

「坑夫の立ち入る事を禁止。生野銀山町民は異議を唱え人心激昴する」(『工部省報告』)


狛ちゃんだって豹変。


明治2年(1869)10月。

辻川村の一揆に呼応して屋形村より、生野鉱山を目指した暴動発生。

銀山町民も加わり、新築したばかりの鉱山局生野鉱山機械所(精錬所)を焼き払い。



《経過》
鉱山司判事の朝倉清吾は、竜野・姫路・明石・出石・兵庫県より援兵の力を借り、「一揆に加わり官営鉱山建設に反対する者」約2000名を逮捕。

《結果》
明治6年「元生野県管民暴動附和随行の者罪を論ぜず」の達しで不問。

一揆は収束。


うまいことやられた感じがしますが。



ちなみにこちらが、招聘されたジャン・フランソア・コワニエの設計。


明治22年(1879)
生野鉱山と佐渡鉱山は皇室財産に移され、官内省御料局の所管へ。


じぃー。



御料局技師・大島道太郎が「生野鉱山改良意見書」を出し旧設備を廃棄して新設備に一新。


ふぅーん。


明治25年(1892)日本で初めて健康保険組合を設立


明治29年(1896)
生野鉱山は佐渡鉱山とともに「三菱合資会社」へ払い下げ。

これに伴い、生野町は官内省より多額の御下請金を受けました。




人それぞれ、いろんな感じ方があります。


参考文献
『生野史(復刻版)/鉱業編』『生野史(復刻版)/政治編』
(原著:太田虎一/1996年)


いつも応援いただきありがとうございます。
駆け足で生野銀山の近代を見ましたが、頭がどうあれ、数百年間もの間鉱山で働いてきた人々がいてこそ。石見銀山と同様に現場の人々、特に鉱夫達は短命で40歳になればお祝いするほど。日本初の健保組合の創設はとても大きなことかと思います。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

金山、銀山
ものすごい価値のあるものだからこそ、目の色を変えて奪い取ろうとしたのでしょうか。
「どろぼーー!!」
もっともっともっと言って。

生野と佐渡、両方とも三菱の物になったんですか。
それにしても、40歳でお祝い。
今でも同じだと思うけど、キツイ厳しい仕事ですよね。
明治25年に健康保険組合って、それは素晴らしいことですね。
ここを読まなければ、絶対に知るはずもなかった生野銀山の歴史、本当に有難うございました。

こんばんは

そうだ! そうだ!
「どろぼうー!」って、もっと言って、言って!!

いかにも、明治政府のやりそうな話ですね→三菱ね?

詳しい経緯や当時の世情、勉強になりました♪

内緒様

お大事にね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

現役ばりばりの宝の山ですから、そりゃもう。

明治のお話を調べると、ほんとに「ちっ」な事が多くて、イライラします。

40歳でお祝いするほどの労働条件の下で働いてきた人々、鉱山運営に四苦八苦した徳川幕府、それをパンパカパーンっと現れた者達が奪ったようなものですから、何が下賜だ、何が払い下げだ、と。

健康面については、早い時期に外国人医師がコワニエと共に赴任しますが、どうも指導する外国人を診察するために来たようで。

よく見ると、四半世紀が経過しているんですよね、健保組合が出来るまで。

それでも日本初なら、すごいことだなぁと思います。

生野銀山を観光施設として運営してるのは、三菱が母体の三セクで、佐渡金山の観光施設整備をしている最中のようです。

こちらも楽しみです。

one0522様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

もう、ほんっとにイライラしますね、この時代。

奪っておいて、払い下げですよ。ぶーぶー。

模範鉱山として整備され云々からスタートする生野銀山の説明書きが多いので、違うぞ、っと貼り紙したくなります。

もっとグローバルに見ればどうのこうの、と言われそうですが、主語は生野銀山。

お味方いただき、ありがとうございます♪

狛犬の撮影!

生野銀山は見ていますが、やっぱり「つねまる」さんの独特の眼で見て撮影される狛犬は見事ですね!感嘆!

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

狛犬さんが「撮って撮って♪」と言うので、あらかわいい、いいねぇ、狛ちゃん、と思いながら愛でております。うふふ。

四方様のように全国の神社等をまわるのがなかなか難しいので、せめて出会った子達を思いっきり大切にしたいです。

いつもあたたかい励ましのコメントをありがとうございます。
とても嬉しいです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼