スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生野銀山(1)まずは全体をダイジェスト

こんにちは。


こっ、こまちゃんっ。


昭和48年3月22日の閉山まで1200年もの間、採掘が行われた場所です。


往時の繁栄は町並からも伝わります。

(間違えました。口銀谷:くちがなや、です)


橋の造りも頑丈です。

この先のお社には、


ちび狛ちゃん。


交差点マニアではありません。生野代官所跡です。


近年の発掘調査で明らかになった内堀跡。

跡形もないのは


トロッコの軌道の石積に石垣が転用されたので。


大正年間に敷設されたトロッコの軌道が残ります。


鉱山には、


鉱山守護の金山彦命を祀るお社があります。

生野銀山の坑道入口には、


ぎゃー。


山神宮から分祀したこちら。


です。

銀山といえば坑道が連想されますが、地上に露出しているものも大きいので、「銀山」の名の通り、山、があります。


地上に露出した鉱脈を採掘した場所への入口。


金、銀、亜鉛等の鉱物は岩盤の間の鉱脈にあるので


岩山全部をほっくり返すのではなく、鉱脈だけを目掛けて掘ります。


こうやって。

すると、


徳川時代の金香瀬旧坑露頭群。

堀切のような形になるわけですね。

これの下が、


ここから入る生野銀山坑道巡りのルートです。


温度は13度ほど。夏に行く価値、特大です。


うふふふ。


いつも応援いただきありがとうございます。
酷暑の最中、避暑に訪れた生野銀山。観光坑道は、同じ事を考えた人達で駐車場がいっぱいになるほど賑わっていました。写真に人影がありませんが、賑わってるんです。手堀り跡すげーっ、坑道せまーっ、うおーこわーいっとのたのたしてたので、みんなが私を追い越して姿を消しました。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

現役時代に関係した石灰石鉱業協会では、瀬戸内の大山祇神社での安全祈願が年初め行事でした。

No title

こんばんは~

生野銀山、名前だけ聞いたことがあるけど他は何も知らないんです^^

つねまる様のガイド、楽しみにしてます^^
小さい狛が可愛いな^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

おおおお
生野銀山!!
こんな感じなんですか。
今も昔の儘に、町があるんですね。
そうか、昭和48年まで採掘されていたんですね。
それも1200年もですか。
いやあ、感慨深いですねぇ。
こういう所には付き物の、遊郭跡なんかも残っているのでしょうか。
つねまるさんの、痒い所に手が届くような記事が本当に楽しみです♪

chorusan様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おおお。お仕事でご関係がおありでしたか。これはいろいろと教えていただけそうですねー!

大山祇神社、そうですね、鉱山の神様でしたね。
なるほど、安全祈願は大切ですものね。

・・・羨ましいなぁ、毎年おまいりされて。
また行きたいなぁ。ゆっくり拝見したいなぁ。

記事にするのは後々のことになりますが、この生野の地でもやはり明治の神仏分離が行われており、祭神が山の神から、金山彦命に改められております。

お気の毒なお話です。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

らったるったり~ん♪っとお気軽に避暑に訪れた生野銀山。

ゆるゆると見学するうちに、ツボってしまいました。

石見銀山の領有のような取ったり取られたりが少なく、助かりましたわ。

ちび狛ちゃん、かわいいですよね。
どうしたのー!?誰がいじわるしてるのー!?っと、ぎゅーっとしたくなる愛らしさでした。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

生野銀山、こんな感じなんですよー。

最近まで稼働していた所なので、近代的な設備が多く、帰宅して画像を見たら、私が見たいのはこれじゃない的な気分だったようで、おおざっぱな写真ばかりでした。

あちこち見学していると、お声をかけて下さる方がとても多くて、明るいイメージになりました。

事前に全く調べもせず気軽に避暑に訪れただけなので、痒いところがありましたら、ムヒをご用意くださいましね。

今も生活されている町なので写真が撮れず、交差点マニアみたいな画像とか、ほぼ全てモザイク、なものが連続するかもです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。