FC2ブログ

《随願寺》黒田休夢様と同じ景色を見ようではないか!




梅林を抜けて…




ここを左折…


ねじねじの横の道を上る。





かつての僧坊跡なのか、ふいに平地が現れます。

















ベンチと大きさを比較下さい。




有明山城の有明の文字を見ただけで、てんしょんまっくす。










たぶん。



なちゅらる・ハイ。



ここは東側の眺望が開けてます。

市川を下ると、妻鹿。


南から北へ視線を移していきます。
きゅーむ様の見た景色をお楽しみください♪ヽ(´▽`)/









増井山・有明山の東には因幡街道。ここは東側の交通の見張り台。


帰りは速い。







別所長治により随願寺が焼き討ちされた後、僧兵達は播磨国印南郡佐土(御着の近く)に逃れました。

佐土から、官兵衛の妻の出身地である志方辺り(加古川市)まで広がった僧兵達は、糧を得るため尺八を手に、虚無僧となります。

秀吉による天下平定後、増井山に帰った僧兵達は尺八を奉納したそうです。

当時を偲んで、増井山尺八保存会さんが記念碑が建立。












こんなとこを、お散歩してきました。

はー、楽しかった♪


ブログランキングというものに参加してみました。
ポチ、して下さったらきゅーむ様ラブを一晩中語ります

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
ありがとうございます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼