FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能「小塩」紹介小咄

こんにちは。

日々、つなわたり。一寸先は闇、なお仕事ぶりです。へへ。

でも、ちょっとだけ頑張ってみたので、見てくださいなー。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

能「小塩」紹介記事を数回に分けて連載しておりました。その一部です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


【むかし男ありけり】


舞台は藤原氏の氏神である春日大社より祭神を勧請した、大原野神社。


春日大社と同じく、神使の鹿さんがいます。



この大原野神社での藤原高子と在原業平の邂逅が、『伊勢物語』第76段であり、今回の公演の主題となる和歌へとつながります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

むかし、二条のきさきの、まだ御息所とまうしける頃、うぢがみにまうでたまひけるに、つかうまつりける近衛のつかさにさぶらひける翁を、人々の禄賜はるついでに、御車から賜はりてたてまつりける。

    「大原や 小塩の山も今日こそは
       神代のことも おもひいづらめ」

とて、こゝろにもかなしと思ひけん、しらずかし。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「二条のきさき」とは藤原高子、「翁」は業平、「うぢがみ」とは大原野神社を指しています。

『伊勢物語』第6段にて業平が高子を連れ出し、高子の兄達に連れ戻された事件より17年後のお話でございます。

このとき、業平52才、高子35才だとか。



現代ではまだまだ壮年の働き盛りですが、平安の世では業平の年齢では「翁」であったのでしょう。

忘れることのできない「叶わなかった恋」を回想して業平が詠んだ歌。


   「大原や 小塩の山も今日こそは
       神代のことも おもひいづらめ」


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

この和歌は、表面上、二条の后の行啓を祝賀する歌のようですが、その裏に業平のどんな想いが秘められているのでしょう。

弊記事にて大原野神社の由緒、『伊勢物語』における在原業平と藤原高子の逢瀬&逃避行のお話を述べて参りました。

二人の重ねてきた月日を想いつつ、この和歌を今一度読み返していただけますでしょうか。

・・・。

いかがでしょう?

古文の授業で「和歌には二重の意味がある」と教えられた記憶がある方もおいでかと存じます。

この和歌は、まさにそれ。

能「小塩」ってどんな能なのかなぁ?と興味を持っていただき、弊公演までお運びいただけますれば幸甚に存じます。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆


という紹介話を書いてみました。

結論を述べていないのは、当日配布資料や講演があるので、そっちへ誘導。


これを見て、ちょっとでも興味を持ってくれたらいいなーと思ったのですが、身近なとこでの反応が、



大原野神社へ行ってみたい



あらまぁどうもありがとーーっ!

・・・(T▽T)





おかしいな、こんなはずじゃないのにな。


お仕事記事では、無論、鹿さんはしゃべってません。

しゃべらないからもう、進まなくて進まなくて。えへへ。




・・・ほんとにね。
スポンサーサイト

難波宮の雪景色

こんにちは。


月曜日の朝、出勤途中の道

大阪市内も雪、積もりましてん。

奥さん!積もったんですのよ、大阪市内に!!

これは子々孫々まで語り継げるほどの、ニュースぅ~!

司馬遼太郎言うところの、なまこ(南北にのびる大阪の上町台地)の頭の辺り。

阪神高速を下りかけたら、道路が白くて。んぎゃー!?


大阪城の南向かいになります。

ちなみに、なまこの頭ってのは、大阪城付近。


雪景色やねん。すごいねん。びっくしやねん。


国の史跡です。


古い古い都でしたの。

大阪城のお向かいさんってことは、ですな。

秀吉の大阪城、そして、大阪夏やら冬やらの陣の折、みんなが踏んづけてたとこは、宮跡。

しかし、


難波宮を、なんばの宮ではなく、なにわのみや、と読める人は実は少ない。

※これは5月の風景



他の地域の方からすれば、雪じゃなくて霜じゃない?と思われるかもしれませんが、しゃくしゃくと雪を踏みしめられる積雪ってほんとに珍しくて。


犬好きにはたまらん、にくきゅー跡。


雪景色だじぇ~!

博物館の、「物」辺りに大阪城天守閣。


なちゅらる・ハイ。

な、通勤途中でした。うふふふふふ。

そして勤務先。


艱難辛苦四苦八苦七転八倒阿鼻叫喚抱腹絶倒、な日々です…(T_T)

でも、ほんとに、好きなことがお仕事になりました。がんばるっ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。