熱田神宮(3)戦前の本宮と信長塀、暑くない西行と椿

こんにちは。


迷子になったら、ここで待つ。


本宮は大にぎわい。


私が知ってるあったさんでは、ない。あれ?


私が知ってるのはこっち。おおっ後ろの木々はそのまんま♪


社殿は、再建以来50余年を経て、大屋根の葺替えをはじめ授与所・神楽殿の修造時期を迎えたことから、平成19年10月22日「仮殿遷座祭」を齋行。

約2年の歳月をかけて事業は竣功し、平成21年10月10日に「本殿遷座祭」、翌11日に「臨時奉幣祭」を晴れて斎行。

4年後の平成25年、創祀千九百年の慶節を真新しい社殿でお迎えしました。



なるほど、私が知ってる姿は、修造前なのですな。


屋根の色が違うとこんなに違う。ふむ。

ちなみに熱田神宮本宮ですが、

明治26年までは尾張造の社殿でしたが、三種の神器奉斎の社であることから伊勢の神宮とほぼ同様の社殿配置・規模の神明造りに改造されました。

とのこと。


明治の社殿といわれる画像。

・・・尾張造の何がご不満だったのか知りませんが、熱田神宮としてのプライドはどこへ。

ぶつぶつぶつ。


伊勢神宮風に建て替えられた、戦争で焼失する前の本宮。

昭和20年6月9日、熱田空襲。
それまでも2回、3月と5月に爆撃を受けています。


のぶながべぇーも、今は塀だけが残っていますが、


かつては門に付属する築地塀でした。


木立の中に、ひっそりこっそり。


東八百萬神社。祭神・東国坐八百万神


お向かいには、西八百萬神社。祭神・西国坐八百万神

あったさんの東西の全ての神を祀るとか。

ふむ。

他の神社へ行かなくてもここだけでいいかしら、なーんて思ってしまったり。


名古屋最古の石橋と伝わる二十五丁橋です。

板石が25枚なので、二十五丁橋。わかりやすい♪


西行がこの橋に腰かけて「これほど涼しい宮を誰が熱田と名をつけた」といったとか。(名古屋甚句)

名古屋の暑さを知らないな?ふっふっふ。


神宮南門のお隣の、別宮八剣宮(べつぐうはっけんぐう)。


元明天皇和銅元年(708)9月9日。
勅命により神剣をつくり、境内に社を建てて祀ったことが創祀です。

建築様式をはじめ、年間の祭典・神事に至るまで全て本宮に準じて執り行われます。

古来、武家の信仰が殊に篤く、

天正3年、織田信長は長篠に出兵の際社殿の修造を命じ、
慶長4年、家康は拝殿・回廊・築地の修造を、
貞享3年、将軍綱吉は本殿の造替を行った

等の記録が残っています。





ここはね、椿がきれいなのよ。


太郎庵椿です。

樹齢3百年を越える淡紅の花をつけるやぶ椿の一種で、江戸中期古渡に住む高田太郎庵という茶人が愛好したことで、この名があります。

全国的に数少ない銘木で11月末から3月まで咲き、開花の時期が長いことでも知られます。



「ひこばえ」だそうです。


なかなかの大木なんですよー♪


熱田神宮
《住所》名古屋市熱田区神宮1丁目1−1




いつも応援いただきありがとうございます。
懐かしい思い出がいっぱいの熱田神宮。久しぶりのお詣りは人が多かったですが、境内は広大なので本宮以外はストレスなくお散歩できます。熱田神宮の歴史や文化に触れたい方は境内の宝物館を見るのが一番かと。外見は地味ですが、中身は素晴らしいです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

お手数をおかけ致します。ありがとうございます。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼