名古屋で見かける「透垣」「蕃塀(ばんぺい)」

こんにちは。

名古屋で見慣れていたもの。他で見かけないもの。

それがこれ。


・・・間違えました。


御器所(ごきそ)八幡宮(名古屋市昭和区)

「透垣」「蕃塀(ばんぺい)」とか呼ばれるもの。

「不浄除け」だとか。


んまっ。


鳥居と社殿を結ぶ参道のど真ん中に立ちはだかっております。


ここは、一の鳥居と二の鳥居の間にあります。


もうほんと、ど真ん中に。


鳥居から社殿が見えないです。

御器所八幡宮は、熱田神宮鬼門方位の守護として鎮座と伝わります。


他の地域にもあるとは思いますが、「見慣れたもの」と思えるほどにはなかったです。


姫路市の亀山本徳寺で似たものを見かけました。


山門から入ると真正面にあり、境内が見えません。


ほんとに塀だけ。

関西の神社で最初に「あれ?すっかすかーっ」と違和感を持ってからずっと気を付けてるけど見かけないので、やはり少ないのかなと思います。


式内社・高牟(たかむ)神社(名古屋市千種区)


小さい頃からこれを見てたので、当たり前にあるもんだと思ってました。

主に愛知県西部、尾張地域に多いそうです。


ほんとに、ただ「塀」だけが立ってます。


邪魔なもんがあるなぁと思ってました。


いつも応援いただきありがとうございます。
お祭りの時には、集合場所にしたり水風船をくくったりとたいへん失礼なことをしておりましたこの塀。不浄なものを塞ぐ役目をしているようですが、そこにあって当たり前と思ってたものが実はそうじゃないと知ったとき、「ふーん」なのか「おっしゃ、探したろー!」なのか。行った先にあればいいや、と、のーんびりなので、まだ見つけてないです。実はずーっとないなぁないなぁとは思っていたんですのよ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼