おんな城主直虎・第5回。苦しみと悲しみの般若と笛の音

こんにちは。

今年の大河。今川ファミリーの芸能が楽しみです。


【高砂やぁ~】


瀬名の謎ダンス。

これは無論「仕舞」ではなく創作ダンスですが、

この背後に聞こえてきたものは、謡「高砂」。

高砂や。この浦舟に帆をかけて
この浦舟に帆をかけて
月もろともに出汐(いでしお)の
波の淡路の島影や
遠く鳴尾の沖過ぎて
はや住ノ江に着きにけり
はや住ノ江に着きにけり



祝言の席で仲人さんが謡う曲です。

友人が謡う時は、同じ「高砂」の「四海波(しかいなみ)しずかにて」の部分を謡います。


【能の面(おもて)・般若】

間違い探しです。


どこが違うでしょーか?

ヒント。


これは正解。

ち、ち、ち・・・


野村萬斎先生。


どうでしょう?

はい、そうです。瀬名の持っているものがもし能面なら、


べちょんっと持つのは、とんでもないこと。

で、この面(おもて)「般若」。

顔の上部分は苦しみと悲しみを、下は怒りを表しているとされます。


この面(おもて)を用いる代表曲は「葵上」。

シテは六条御息所。

思い知らずや 思い知れ

と、嫉妬に狂い鬼となりながらも、あさましい我が姿を恥じる複雑なおとめごころ。


ひとつの面(おもて)で相反するふたつの感情を表す点が、この般若の面以前に存在した「鬼女」と「般若」の大きな違い。

これは動くと一層鮮明に。

僧や山伏に立ち向かう時は顔を上げて「怒り」、祈り伏せられる時には顔を伏せ「悲しみ苦しむ」のです。

さらに。

能には男女の鬼が出てきますが


角が生えるのは、女の鬼のみ。


こうさせたのは、誰だ。


【笛の音は「唱歌」】


お囃子。向かって左から、大鼓(おおかわ)、小鼓、笛(能管)。

地謡があるときは言葉を聞いて動けばいいですが、時にはお囃子だけで、舞うことがあります。

ぴーひょろぴーひょろ、と聞こえる笛の音。

これは、楽譜になっています。

おひゃあらー、おひゃいひょーいひゃーりうひー

と、文字化された笛の音。「唱歌」です。


覚えないと舞えないよ。

この唱歌。

オーケストラの「楽章」に相当するのが、「段(だん)」。

第一楽章=一段目、第二楽章=二段目、な感じ。

中之舞は三段、神楽や楽(がく)は五段、というように基本的には長さが決まっています。

時には、三段+五段+五段=十三段、にする特殊演出(小書/こがき)なんてのもあり。



んでは、再放送前に。

「私はいき遅れましたが(むかー)」の台詞の直後。

はっ!

のあと。

笛の音、文字にしてみました。

おひゃらーり、ひういやらぁーり、
ひうーるーいひゃーりうひ、
おひゃーらーいほうほうひー、
おひゃいひょいひゃりうひ、
おひゃらりひういやらーり、ひうるーい・・・
ひー!

と、聞こえてくるのですわ。

すんごい早口で。


そう言わずに、れっつとらい。



いつも応援いただきありがとうございます。
ドラマ音痴なもので、瀬名を演じてるのが誰かも知らず。不思議な創作ダンスと地団駄でしたが、彼女の感情を表したんでしょね。唱歌は能に限りませんし、どの曲かもわかりませんが、一度聞いてみていただけたらと思います。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


いつもありがとうございます。励みになります。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ村さんに参加中
最新トラックバック
分析中
記事の内容から私を解剖。
blogramによるブログ分析
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼