おんな城主直虎・第3回冒頭の能は「巴」

こんにちは。

恋バナな「おんな城主直虎」を見るかどうか迷い中な私。

録画をためておくのも何なので、見ました。

あらやだ。


第3回どしょっぱな、今川さんちのこれで鼻血ぷん。


(敵は)得たりと、切ってかかれば長刀柄長くおっ取り延べてっ♪

これは、これは、

巴じゃないかー!!

うひょー♪

現行曲二百番ほどの中で唯一、女性が長刀をぶんぶんする曲です。

能楽監修は誰かと探しても名前がなくて、あれ?と思ってたら


出演者のとこにお名前が。いや、確かにそうだけども。

(敬称略でごめんなさい)

坂真太郎・角当直隆(観世流シテ方)。藤田貴寛(森田流笛方)、田邊恭資(大倉流小鼓方)、柿原孝則(高安流大鼓方)。

いずれも若手でご活躍の先生方です。


【能「巴」あらすじ】


ところは、近江国粟津ヶ原(滋賀県大津市、琵琶湖のほとり)。

ここで木曽出身の僧達が出会ったのは、めそめそ泣く一人の女。


彼女は「これは木曽義仲を祀ってるの」と言い残し、姿を消します。

そう。

近江国粟津ヶ原は、木曽義仲最期の地。

土地の者からその女は巴だよ、と聞いた僧達が弔いのお経をあげていると


鎧兜を身につけた、巴の幽霊が現れ。

そして僧達に


義仲の自害のこと、そして、

汝は女なり。忍ぶ便りもあるべし。
この小袖を木曽へ届けよ、背かば主従、三世の契りは絶え果てるからな
、っと、義仲に言われて、義仲の最期の供を許されなかったことを、語ります。

それが、自らの執心となっている巴。

そして、同じ木曽の出身の僧達に


義仲の側での最後の戦いとなる「粟津ヶ原での合戦」の様子を再現します。

それが、大河ドラマ「おんな城主直虎」第3回冒頭の場面。

巴ちゃんが、うおりゃー!と長刀をぶんぶんして、敵を追っ払います。


かくて御前を立ち上がり。
見れば敵の大勢。あれは巴か女武者。
余すな漏らすなと。敵手繁くかかれば。
今は引くとものがるまじ。いで一軍嬉しやと。
巴少しも騒がず、わざと敵を近くなさんと。
長刀ひきそばめ。少し恐るる気色なれば。
敵は得たりと切ってかかれば。
長刀柄長くおっ取り延べて。
四方を払ふ八方払い。一所に当たるを木の葉返し。
嵐も落つるや花の滝波。枕をたたんで戦ひければ。
皆一方に切り立てられて。
跡も遥かに見えざりけり、跡も遥かに見えざりけり



この謡の部分は、巴が長刀を使う面白さから、曲の一部を切り取って舞う「仕舞」になっています。

びっくりするとこは、「四方を払ふ八方払い。一所に当たるを木の葉返し」

「飛び返り」直後に立ち上がって四つ拍子、します。

飛び返り、とは、飛び上がって一周(正確には半周)する型。


ふんっと踏み切る時に体をひねっておいて


足を踏み出し


踏み切って


飛んでます。


飛びながら回ってます。


着地。

すぐに立ち上がって構えて


足拍子(地団駄をご想像ください)を、とん、とん、ととんっと四つ。

お稽古し過ぎると、太股の上がぱんぱんになります。


また、長刀は軽そうに見えて、実はとんでもなく重いので


普段は扇しか持たない私には地獄。(鬘扇/女性が持つもの)


さて、この「巴」。

ビジュアル的な面白さもさることながら、ほんとにいいのは、この前後。

涙ほろほろ、悲しい巴の姿が謡われます。

つづく。と思う。


参考文献

観世流大成版『巴』(訂正著作/24世観世左近、檜書店発行)

『能楽全史』(横井春野著/檜書店/昭和5)


いつも応援いただきありがとうございます。
なんで今川ご一行様が「巴」を鑑賞してたのかは不明ですが、能ならなーんでも嬉しいぃぃぃー♪やはりちょろちょろと能の場面が出るなら、見ます。井伊直政を支えながらも、彦根の直孝ではなく直継に付けられた「井伊谷以来の家臣達」も気になります。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


いつもありがとうございます。励みになります。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ村さんに参加中
最新トラックバック
分析中
記事の内容から私を解剖。
blogramによるブログ分析
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼