FC2ブログ

邇々藝志神社。六角柱のお地蔵様と十禅寺権現

こんにちは。


しっがぁーの、滋賀県。

近江八幡市。


八幡堀の風景や水郷巡りなどが有名ですが、

やって来たのはこちら。


・・・ふと立ち寄ったお社。

邇々藝志神社。

これを、「ににぎしじんじゃ」と読むまで右往左往。


きゅっとコンパクト。


【祭神】天津彦火瓊瓊杵尊(あまつひこねほのににぎのみこと)

天照大神の孫。天忍穂耳尊(あまのおしほみみのみこと)の子。

いわゆる「天孫降臨」の方ですね。



狛ちゃん、おはよー♪


ころんころんちゃん。


そんなこと言ってないよー。


なんでしょう。


んまっ、失礼なっ。



【由緒】

建長2年(1250)建立と伝う。古へは十禅師権現と称した。
享禄3年(1530)社殿修造、嘉永4年(1851)改築、昭和17年社殿の位置を現状に変更。

昭和36年の台風(第2室戸台風)により社殿倒壊。仮殿を建立。
昭和53年本殿を新築した。
滋賀県神社庁「邇々藝志神社」より引用)

http://www.shiga-jinjacho.jp/ycBBS/Board.cgi/02_jinja_db/db/ycDB_02jinja-pc-detail.html?mode:view=1&view:oid=288


第2室戸台風。

滋賀県県西部を北東に進む「風台風」で、台風が阪神間に上陸する13時すぎには県下全域で20m/sの暴風になり、14時から15時にかけて最大に達し彦根での最大風速は25.7m/sを記録した。このため死者3名全壊家屋は600戸に及んだ。(滋賀県流域治水政策室「水害情報発信」より)

台風、怖いなぁ。今年も気をつけないと。



はて?

真ん中にもう数段あったような感じねー。


どちら様かしら。


ひーとり、ふーたり、さんにん、よにん♪


ごーにん、ろくにん、たくさんのお地蔵さまぁ~♪

六角柱形の石のそれぞれの面に、お地蔵様。

六地蔵なのかしら?面白い形です。



《私見》

由緒では、古くは「十禅寺権現」と称した、とあるので。

恐らく、延暦寺の地主神&天台宗の鎮守神、である山王権現を祀る神仏習合の名残かと。

十禅寺権現の本地仏は地蔵菩薩。

明治の神仏分離の際に祭神が変わったのかしら?



狛犬さんに聞いてみよう。

ねーねー。


「聞こえません」のお耳はやめて。


邇々藝志神社

《住所》滋賀県近江八幡市大房町588




いつも応援いただきありがとうございます。
琵琶湖湖岸から内陸部へ入る途中で立ち寄った邇々藝志神社。難しい名前の神社でした。ころんころんの狛犬さん、琵琶湖周囲で見かける子達ですが、後ろ足が子犬のおすわりみたいでかわいいです。訪問時には境内で氏子さん方が何かの作業をされていたので、お邪魔にならないよにこそこそ。愛想だけはふりまいて参りました。おほほほ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼