FC2ブログ

滋賀県立安土城考古博物館「表現された神と仏」と狛ちゃん

こんにちは。

さて、やって来ましたのは


滋賀県です。

4月10日まで開催されていた


こちら。

今さら言うなー!な感じですが、

滋賀県の神仏習合文化の特集で、神像や神道曼荼羅等が面白そうだったので、久しぶりに安土へ。

滋賀県立安土城考古博物館は、信長関連の催しも多いですが、湖底遺跡など幅広い特集が組まれるので、スケジュールチェックが欠かせません。

安土城のご近所です。

ここへ来たらいつもこれ。


おにぎりも食べたいけど、やせがまん。


先に図録を買って、お外のベンチで予習。

神様を仏教の曼荼羅図のように並べて描いた「山王垂迹曼荼羅図」等、てんこ盛りです。


ところで。

神様の像、「神像」。

「日本固有の神々は、本来偶像化されないものだったが、平安時代以降は仏教の影響を受け、神像の形で表現され始めた」(展示解説より)もの。

ご神体ですから、非公開が基本で人目に触れる機会は極端に少ないです。

今回の展示物ではありませんが、画像ふたつ。


熊野三社の神像は、国宝。

平安時代の作。仏像とよく似てますね。


熊野那智大社の資料館で展示されていた古神像。

これ、極端に言うと、同じようなものがずらーっと並んでましたの。

神像、不思議だなーっというのが頭に残りました。


博物館で展示されていた、大津市の地主神社所有の「男神坐像(国重文)」などは、これよりもっと素朴ですが、様々な表情と姿でとても興味深かったです。


・・・狛犬ちゃん目当てなのはないしょ。

数組の狛ちゃんがいましたが、もー、かわいくてかわいくて。

おほほ。


博物館だけなのも味気ないので、展示品を所蔵している神社等を訪れました。
「えーっ。ここにあんなすごいものが!?」とびっくりです。

まこと、滋賀の底力は素晴らしい。


ちょっと。変な人じゃないよー。


近年確認された、麗しの


丹波佐吉晩年の狛犬さんです。


子狛ちゃんにも、会えました。


ああ、幸せ。


いつも応援いただきありがとうございます。
ちびっこの頃から祖母に引きずられて仏像巡りをしておりますが、神像は熊野で出会うまで気にしたことがなく。素朴な彫刻がいい味を醸し出していました。博物館がメインだったので、見たいものだけさっさと見て、おやつの時間には帰宅。神社への訪問は少ないですが、いい狛、揃ってました。ふふふふふ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼