FC2ブログ

上桜城(4)篠原長房討死。三好家崩壊の始まり

こんにちは。


上桜城

「余湖くんのホームページ」様よりお借りしています。無断転載厳禁。
http://yogokun.my.coocan.jp


道の先に現れた、土のもこもこ。


登り詰めて、余湖図の(1)の郭。


ご子孫が建てた石碑のようです。


ベンチもあるし、おやつ。


小笠原氏が阿波国守護となり、やがて細川氏被官となり、三好氏を名乗り治めた阿波国。

しんみり。

さて、と。

おやつのミニトマトもおミカンも食べたし、帰ろう。


なんか聞こえる。


南側には、別の山。


ずりっといきそうで、こわごわです。


帰りも、てくてく。


一旦入口まで戻って、もうひとつ。

道で分断されましたが、山手には「新城」と言われる急拵えのものがあり、その先っぽがこちらの、


余湖図の郭(5)です。


もしゃっとしてますが、当時はさぞかし眺望出来たんだろうな。


櫓台っぽいとこで、仁王立ち。

さて。

戦況不利を悟った篠原長房。

継室は、蓮如の孫にあたる摂津富田の教行寺兼詮の娘。

妻と次男篠原新次郎、三男篠原義房達を、妻の実家へ逃がします。

教行寺から紀伊国へ落ち延びた篠原新次郎は後に帰国。
父や兄の供養碑を建てました。



この上桜城の戦いをきっかけとして三好家臣団は離反。

長宗我部元親による阿波国侵攻が進むことになり、阿波国は戦場に。



この戦いの後、上桜城は廃城。


こんな時代もあった、篠原長房と三好長治、十河存保。

どこで歯車が狂ったか。

長治・存保が攻める上桜城の戦いの中で、篠原長房は討死。

三好家の行く末を案じたか、もうどうにでもなれと思ったか。
聞いてみたい気がします。


上桜城の桜はまだ、固い固いつぼみでした。

おしまい。


いつも応援いただきありがとうございます。
篠原長房の最期の地、上桜城。三好家を支えた長房の死によって上桜城の戦いは終わりますが、三好家内の死者は双方合わせて3000にも及びます。長宗我部元親、織田信長を相手にするにはまだ長治も存保も経験不足。重清城はじめ各地の戦で負けを重ね家臣の離反も相次ぐ中で、ちょっとだけ、後悔した夜もあったかな。あったとおっしゃい。・・・などと、しみじみした上桜城でした。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼