FC2ブログ

平賀源内の墓所と志度寺

こんにちは。


屋根のお魚。ぴーんちっ。


お魚の逆襲。


四国八十八箇所霊場の第八十六番札所、志度寺。

お遍路さんが大勢お参りされていました。


讃岐国名勝図絵(嘉永7 《1854》年刊)の志度寺。


名勝図絵には、細かい描写があって、生き生きとしています。

この、お掃除なう、の人がいるお寺は自性院(じしょういん)。

志度寺の元・御影堂(大師堂)跡地で、天正年間に志度寺の塔頭として開基されたお寺。

ここには、


「平賀源内の墓」があります。

平賀源内は、ここ、志度が生まれ故郷。

志度にある平賀源内記念館では、源内の遺品や杉田玄白との書簡等が展示されています。

讃岐国寒川郡志度浦の白石家の三男として生まれた平賀源内。

「白石家は讃岐高松藩の足軽身分の家で、元々は信濃国佐久郡の豪族(信濃源氏大井氏流平賀氏)。

『甲陽軍鑑』によれば戦国時代の天文5年(1536)11月に平賀玄信の代に甲斐の武田信虎による侵攻を受け、佐久郡海ノ口城において滅ぼされ、奥州の白石に移り伊達氏に仕え白石姓に改め、さらに伊予宇和島藩に従い四国へ下り、讃岐で帰農したという。

源内の代で姓を白石から先祖の姓の平賀に改めている。」(wikipediaより)

エレキテルを修理してみせたり、鉱山開発したり、浄瑠璃を作ったり、多方面で活躍した平賀源内。

東京の総泉寺の移転前の台東区橋場の敷地に墓所がありますが、こちら讃岐の志度の自性院はもともと平賀家の菩提寺。


源内の義弟が建てたと伝わります。


向かって右側が自性院。

さて、そろそろ帰ろうかなーっと駐車場へ向かう途中。


片隅に、鳥居。


ぼく、鳥居。ひゃくすうじゅっちゃい。


名勝図絵にも描かれている弁天社でした。


今は拝殿とおぼしき建物はなく、お社とそれを囲む池が残ります。


だいじょーぶ。お正月のお飾り、ちゃんとあるよー。

あ、もう一度お参りしとこー。


海士の墓。


帰りに見たら、顔出ししたくなりました。ほほほ。


志度寺に憧れ続けること四半世紀。

やっとお参りすることができました。

嬉しいなー。


志度寺の横には、海。

満足満足。おしまい。


志度寺
《住所》香川県さぬき市志度1102



ふたつ西側の駅は、「房前」なりぃ~★


いつも応援いただきありがとうございます。
能楽「海士」の玉之段に憧れたことから舞台となった志度寺にも憧れ。まんぞくぅ~(*^_^*)な心地で海を眺めて、しばらく放心。海はいいなぁ。あ、おへそが出てるような山は五剣山です。第八十五番札所の五剣山八栗寺があるところで、その向こうは屋島。
海を眺めて腑抜けになって、体が冷えきったところで、次の神社へ向かいました。ぶるるる。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼