FC2ブログ

日本武尊と白い鳥。白鳥神社の狛犬と神使

こんにちは。 



 香川県東かがわ市松原の白鳥神社。



あら、どうも。



はい、なんでしょう。



昔なつかしの、何でも屋さんみたいなお店。

狛犬さんの尻尾、とても豪華に巻いてます。



あら、かわいい。



かゆいの我慢してたの?こちょこちょこちょ。



とってもふっさふっさの尻尾です。うふふ。



広いひろーい境内。


一の門。

な、な、な、なんかおるけど、先へ進みましょ。


表門(中門)。

ん?酒樽の横に、白い影が。



おばけ?



鳥さんだー。



律儀に、阿吽のおくちをしています。



【祭神】

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)
両道入姫命(フタジイリヒメノミコト)
橘姫命(タチバナヒメノミコト)

【由緒】

「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は勅命に依りて九州中国を、その後東国を征定し、帰途の途次、近江国の伊吹山にて病に触れさせ給ひ尾張国を経て伊勢国能褒野(のぼの)に至り病篤く、終に亡くなる。

実に、景行天皇四十一年なり、天皇その功をたたえ、武部を定め群臣に命じその地に山陵を造り厚く葬る。

群臣入棺し奉まつりしに、神霊白鶴に化し西方に飛び去る、棺内にはただ衣冠のみ空く在す、その白鶴は大和国琴弾原に、また飛て河内国旧市の邑に至りまた更に飛て讃岐国大内郡鶴内の里に止りる。
よってこの所に神陵を建てさせる。」
(白鳥神社解説より引用)


大和への帰りに伊吹山の神の退治に出かけ、病に冒され、能煩野(のぼの)で息を引き取った日本武尊(ヤマトタケルノミコト)。

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は白い鳥となり、飛び去りました。

それが、ここのお社の伝承では「鶴」で、この地へ飛来してきたと。




従って、この白鳥神社では、神使は鶴さん。白い鳥。



鶴がいるので、表門(中門)は、鶴門と称されます。


さて。ここ、東さぬき市は讃岐高松藩になります。

生駒騒動で藩主生駒氏が改易となり天領となった讃岐高松。

そこへ寛永19年(1642)、12万石で入ったのは、松平頼重(水戸藩主徳川光圀《水戸黄門》の同母兄。)。



讃岐高松藩松平家初代の松平頼重。

寛文4年(1664)。

白鳥神社の社殿を修築します。


このとき奉納された狛犬さんが、



一の門前にいた、でかわんこ。



ぶーちゃん~(*^^*)

鳥居前と一の門前の狛犬さん、讃岐国名勝図絵にも描かれています。



ね。



鳥居前のこの子達は、青銅製の台座におすわりしており、白鳥神社の説明では触れていないため、年代不詳。

ざんねん。



次回、狛犬さんからスタート。


白鳥神社

《住所》 香川県東かがわ市松原69




参考文献

白鳥神社ホームページ

http://www.shirotori-jinja.jp/index.html


いつも応援いただきありがとうございます。
白鳥神社、宝探しのように色々な子達が隠れていました。「日本武尊は白鳥になった」ってのが、はくちょーではないんだなーっと。なるほど、鶴も白い鳥。神使が鶴さんで、しかも門の中で構えているのは初めて見ましたが、ちゃんと阿吽になっているのがほほえましかったです。かわいいなー。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼